肝胆膵第78巻第5号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/膵癌・胆道癌最新動向-変わる!膵癌周術期化学療法と免疫チェックポイント阻害剤-
  • 発行日:2019年05月28日
  • 〈企画趣旨〉
     増加する難治癌である膵癌・胆道癌については、話題の分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤の恩恵に乏しく、他臓器癌と比較して取り残された感がある。しかし膵癌においてはGem-Nab、FOLFIRINOXの治療効果増強により、従来切除不能であった症例の術前化学療法が普及し、Borderline ResectableやConversion Surgeryなど外科的適応が話題になっている。また遺伝子網羅的解析により、一部の癌腫には遺伝子変異の特徴によりある種の薬剤の効果が期待されている。胆道癌においては閉塞性黄疸・胆管炎により化学療法がしばしば中断され、また術後化学療法の効果の評価が定まっていないことが特徴であるが、現在の術前・術後化学療法の現況・展望について整理する。さらに、膵癌・胆道癌診断での注意すべき重要なポイントを最新データを交えて取り上げる。

書籍・雑誌のご購入

3,410円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕膵癌・胆道癌の治療はどこまで進んだか 和歌山県立医科大学 山上 裕機
膵癌治療
進行膵癌化学療法の最新臨床動向-Gem+Nab vs FOLFIRINOX,SIROX,二次治療以降,重粒子・陽子線の適応- がん研究会有明病院 佐々木 隆,他
膵癌放射線化学併用療法の現況 大阪国際がんセンター 井岡 達也,他
『膵癌取扱い規約第7版』の要点および切除可能境界(borderline resectable:BR-PV/BR-A)膵癌のわかりやすい理解 三重大学 早崎 碧泉,他
膵癌に対する術前治療 千葉大学 吉富 秀幸,他
膵癌術後化学療法up to date 静岡県立静岡がんセンター 大木 克久,他
再発膵癌に対する残膵切除 千葉大学 高野 重紹,他
胆道癌治療
進行胆道癌化学療法の最新臨床動向 東京大学 高原 楠昊,他
胆道癌に対する術前・術後化学療法の現況 東海大学 中郡 聡夫,他
胆道癌肝門部閉塞ステント治療-最良の選択は- 東京医科大学 山本 健治郎,他
膵癌・胆道癌の遺伝子的・免疫的特徴
膵癌・胆道癌におけるprecision medicineの現況 東北大学 古川 徹
家族性膵癌における遺伝子変異 国立がん研究センター研究所 大本 晃弘,他
職業性胆管癌における遺伝子変異 大阪市立大学 久保 正二,他
膵癌・胆道癌に対する免疫チェックポイント阻害剤 国立がん研究センター中央病院 谷本 泉,他
抗PD-1抗体ペムブロリズマブのMSI-Highを有する固形癌への適応拡大 神奈川県立がんセンター 上野 誠
膵癌・胆道癌の診断留意事項up to date
膵癌におけるEUS-FNA播種の頻度・特徴 手稲渓仁会病院消化器病センター 潟沼 朗生,他
胆道鏡下生検の診断的意義 富山大学 安田 一朗,他
胆道癌におけるEUS-FNAの適応,成績 愛知県がんセンター中央病院 松本 慎平,他
IgG4関連疾患との鑑別 名古屋市立大学 中沢 貴宏,他
膵癌・胆道癌治療の将来展望
膵癌・胆道癌の新たな臨床試験の現状 国立がん研究センター東病院 池田 公史
座談会
周術期化学療法の大変革と免疫チェックポイント阻害剤導入のために (司会)多田 稔(東京大学)/古瀬 純司(杏林大学)/村上 義昭(広島大学)/元井 冬彦(東北大学)
シリーズ 肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチ
胆管内で発育する腫瘍 福井県済生会病院 中沼 安二