肝胆膵第80巻第4号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/肝細胞性腫瘍の分類・亜分類の最前線
  • 発行日:2020年04月28日
  • 〈企画趣旨〉
     WHO分類の改訂,第5版の出版を機に,肝細胞性腫瘍の分類・亜分類に着目した特集を企画した.癌の分類・亜分類は,病理組織学的特徴,分子生物学的特徴に基づいて提唱されているものが多く,治療法の選択や予後の予測に有用な場合,広く臨床的にも用いられている.今回発刊されたWHO第5版では,肝細胞癌の組織亜型のリストがはじめて表として取り上げられたが,個々の亜分類は,定義、臨床像,病理像,分子異常など不明な点も多く今後議論が行われるものと考えられる.混合型肝癌は,第4版で提唱された亜型がなくなり,従来型に戻った形の分類が示されている.一方,わが国では頻度的には少ないものの,肝細胞腺腫の亜分類はゲノム異常の解析から提唱され,広く普及しつつある.本特集では,肝細胞性腫瘍の分類・亜分類の現状を基礎,病理,画像,臨床の立場から概説していただくとともに,分子標的治療・免疫治療に加えて,がんゲノム医療の時代を迎えるなか,予後予測・治療選択につながるのか,将来を展望したい.

書籍・雑誌のご購入

3,850円(税込)送料無料

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕WHO分類 第4版(2010年)からの進歩 久留米大学 矢野 博久
肝細胞癌
肝細胞癌 病理組織亜型(WHO分類 第5版2019) 慶應義塾大学 上野 彰久,他
遺伝子変異・遺伝子発現からみた肝細胞癌亜型分類 金沢大学 山下 太郎
腫瘍微小環境からみた亜型分類 慶應義塾大学 紅林 泰,他
画像診断による亜型分類 虎の門病院肝臓センター 斎藤 聡,他
生検・血清マーカーによる亜型分類 武蔵野赤十字病院 玉城 信治
肝癌の治療からみた亜型分類 近畿大学 盛田 真弘,他
混合型肝癌
混合型肝癌 病理組織亜型の行方(WHO分類 第5版2019) 帝京大学 近藤 福雄,他
混合型肝癌の成り立ち 旭川医科大学 西川 祐司
細胆管癌の捉え方 St.LUC-UCL University Hospital 小無田 美菜
中間型肝癌の捉え方 久留米大学 草野 弘宣,他
混合型肝癌の画像診断 金沢大学 小坂 一斗,米田 憲秀,他
混合型肝癌の臨床 群馬大学 播本 憲史,他
肝細胞腺腫
肝細胞腺腫 WHO分類 第5版(2019)における病理組織亜型・亜分類 久留米大学 中島 収,他
肝細胞腺腫の分類と分子生物学的成り立ち 徳島大学 常山 幸一,他
肝細胞腺腫の画像診断 福岡大学 吉満 研吾,他
肝細胞腺腫の臨床 東京女子医科大学 有泉 俊一,他
座談会 
肝細胞性腫瘍の分類・亜分類と治療選択 (司会)坂元 亨宇(慶應義塾大学)/田中 真二(東京医科歯科大学)/松井 修(金沢大学)/千葉 哲博(千葉大学)
Column ティータイムセミナー 臨床データを読み解く耳寄りな話-VEGFと腫瘍免疫- 川崎医科大学 日野 啓輔