臨床精神医学第47巻第5号

  • 特集/ADHDとその周辺─児童から青年期まで─
  • 発行日:2018年05月28日
  • 〈企画趣旨〉
     今日の精神科臨床現場では,ADHDを主訴とした受診が増えてきている印象を受けます。ADHD症状は時には,他の診断単位にみられる症状や,ASD症状とも混じりあったりもし,また,生活上のさまざまな問題を二次的に生じているようにもみえます。
     新たな治療薬も出現し,使いこなす技量が求められています。しかし薬物だけに頼るわけにはいきません。臨床経験の深い諸先生に,臨床現場で役立つ知識,診療技法やその背景に関する学識などをご披露願いたいと期待しております。

書籍・雑誌のご購入

3,240円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

電子書籍のご購入

3,240円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
ADHDの精神病理─試論─ (こころとそだちのクリニックむすびめ)田中 康雄
ADHDの疫学 (東海大学)木本 啓太郎
小児期のADHDはどう成長しうるか (川崎医科大学)村上 伸治・他
ADHD/ASDとパーソナリティ特性 (愛育クリニック)小平 雅基・他
ADHDのための評価尺度と心理テスト (立正大学)中田 洋二郎
ADHDと不眠・生活リズム (国立国際医療研究センター国府台病院)岩垂 喜貴
ADHDに絡んで起きがちな生活上の問題・トラブルと対処法─素行の問題,留年や中退,ネット依存─ (ときわ病院・ときわこども発達センター)館農 勝
ADHD患者の家族支援・学校教育支援をめぐって (埼玉医科大学)横山 富士男
ADHDの心理社会的治療─小児期から青年期まで─ (信貴山病院子どもと大人の発達センター)岩坂 英巳
注意欠如・多動症への薬物療法 (国立国際医療研究センター国府台病院)宇佐美 政英
ADHD診療実践における前提と留意点─診断・治療の誤りを避けるために─ (北里大学)井上 勝夫
これから児童・青年期のADHD診療を始める一般精神科医のために (埼玉医科大学)松岡 孝裕・他
研究報告
初診時に不登校を呈した小中学生の登校再開までの時間的経過 (上野病院)岸本 光一・他