肝胆膵第80巻第3号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/EUSの現状と将来
  • 発行日:2020年03月28日
  • 〈企画趣旨〉
     超音波内視鏡検査(EUS)は1980年代に開発がはじまったが,当初は膵精査,特に小膵癌を見つけることを主な目的としていた.その後,膵胆道疾患・消化管腫瘍の精査法としての確固たる地位を築いたが,1990年代に入りEUS下の生検手技(EUS-FNA)の登場により,更なるブレークスルーが訪れた.この手技は単にそれまで病理検体採取が困難であった膵病変の術前病理診断を可能にしたのみならず,数々の治療手技を生み出した.さらに最近では,付加的な画像診断技術や生検検体を最大限に利用し治療方針に生かす試みも数多くなされており,特に発展がめざましい診断・治療モダリティとなっている.本特集では,こうしたEUSを応用した診断・治療法の現状,今後の発展性について取り上げる.

書籍・雑誌のご購入

3,850円(税込)送料無料

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕胆膵EUSの現状と将来(Pancreaticobiliary EUS:Force of nature) 東京医科大学 糸井 隆夫
診 断
 造影ハーモニック超音波内視鏡の実際と将来展望 近畿大学 鎌田 研,他
 EUS elastographyの現状 和歌山県立医科大学 山下 泰伸,他
 膵嚢胞性病変に対するNeedle-based confocal laser endomicroscopy(nCLE)を用いた診断 埼玉医科大学 谷坂 優樹,他
 人工知能(Deep learning)を用いたIPMN良悪性診断の現状 愛知県がんセンター 桑原 崇通,他
 膵嚢胞性病変における嚢胞内容液分析 北野病院 栗田 亮,他
 EUS-FNA検体における液状化検体細胞診 (liquid-based cytology:LBC) 奈良県立医科大学 美登路 昭,他
 組織検体採取(穿刺針の進化,EUS-FNB) 鳥取大学 松本 和也,他
 プレシジョンメディスンを目指した遺伝子パネルとEUS-FNAの役割 国立がん研究センター東病院 橋本 裕輔
治 療
 EUSガイド下胆管ドレナージ(EUS-CDS,EUS-HGS)の現状と将来展望 愛知県がんセンター 原 和生,他
 胆管挿管困難例に対するRendezvous法 北海道大学 桒谷 将城,他
 EUSガイド下順行性治療(結石治療・ステンティング)  岐阜大学 上村 真也,他
 膵仮性嚢胞・WONドレナージ 東北大学 粂 潔,他
 超音波内視鏡下胆嚢ドレナージの現状と将来展望 埼玉医科大学 松原 三郎,他
 EUSガイド下膵管ドレナージの現状と今後の展望 北里大学 岩井 知久,他
 超音波内視鏡下腹腔神経叢融解術/ブロック 帝京大学医学部附属溝口病院 土井 晋平,他
 EUS下腫瘍焼灼術の現況−潮流と最新情報− 仙台オープン病院 菅野 良秀,他
 Fiducial marker and brachytherapy 大阪国際がんセンター 蘆田 玲子
 超音波内視鏡下胃空腸吻合術の現況と展望 東京医科大学 土屋 貴愛,他
 門脈圧亢進症に対するInterventional EUS 獨協医科大学 入澤 篤志,他
座談会 EUSの現状と今後 (司会)安田 一朗(富山大学)/中井 陽介(東京大学)/小倉 健(大阪医科大学)/岩下拓司(岐阜大学)