肝胆膵第77巻第1号

  • 特集/胆汁酸―臨床への新たな展開
  • 発行日:2018年07月28日
  • 〈企画趣旨〉
     近年、肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧、癌などの予防・治療は生活習慣病として大きな課題である。胆汁酸レセプターの発見をきっかけに、最近のさまざまな代謝経路を遺伝子レベルで制御する「シグナル分子」としての胆汁酸の役割解明が注目されつつあります。食道癌・大腸癌・肝癌発癌、NASH・NAFLD、胆石形成など生活習慣病と関連の強い各種消化器生活習慣病と脂質・胆汁酸代謝との関連について臨床における病態解析並びに治療戦略を中心とした特集を2016年に「胆汁酸研究の進歩と展望−これからのbreakthroughを目指して−」として企画しました。その後、胆汁酸核内受容体の創薬、治験、便秘薬としての胆汁酸再吸収阻害剤の治療への応用など臨床現場における胆汁酸の臨床展開が急速に進展しました。これらを踏まえ、この2年間の胆汁酸研究の進歩を再度見直し、最新の胆汁酸の臨床への新たな展開について特集を企画することとなりました。基礎・臨床の両面より、さらに今後の研究展開も含め広く、積極的な内容を目指したいと思います。

書籍・雑誌のご購入

3,348円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

電子書籍のご購入

3,348円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕胆汁酸研究を展開させる具体的な方策はどこに? 山形大学 上野 義之
胆汁酸に着目した新たな病態解析
核内受容体クロストークと脂質胆汁酸代謝の関連 日本大学 槇島 誠
胆汁酸とエネルギー代謝 慶應義塾大学 中村 杏菜,他
胆汁うっ滞時の脂質胆汁酸代謝異常 東海大学 加川 建弘
NASH・NAFLDにおける脂質胆汁酸代謝異常 国立病院機構九州医療センター 中牟田 誠
腸肝循環を介した胆汁酸による肝癌の進展機構 大阪市立大学 大谷 直子
脂質・胆汁酸,腸内細菌の変化と肝病変 慶應義塾大学 齋藤 英胤,他
腸内フローラによる胆汁酸の代謝 東京医科大学茨城医療センター 池上 正,他
胆汁酸の消化管運動への作用 川崎医科大学 眞部 紀明,他
胆汁酸の臨床応用
先天性胆汁酸代謝異常症の診断と治療 順伸クリニック胆汁酸研究所 成高 中之,他
UDCAによる総胆管結石・肝内結石再発予防と発癌抑制効果 杏林大学 鈴木 裕,他
脂質胆汁酸代謝制御による新たな胆汁うっ滞治療 東京医科大学茨城医療センター 本多 彰,他
胆汁酸再吸収阻害剤の治療への応用 横浜市立大学 中島 淳
胆汁酸・腸内細菌叢を標的とした大腸癌予防 京都府立医科大学 内藤 裕二,他
FXRアゴニストによる大腸炎,大腸発癌抑制への展開 広島大学 大東 敏和,他
胆汁酸代謝調節機構を標的としたB型肝炎ウイルス抑制 愛知医科大学 伊藤 清顕,他
造血再構築における新規標的分子としての胆汁酸 東邦大学医療センター大森病院 羽賀 洋一,他
脂質胆汁酸関連の核内受容体を標的とした新たな治療戦略の展開 信州大学 田中 直樹,他
胆汁酸研究の歴史とこれからの展開
世界とわが国の胆汁酸臨床応用の軌跡と今後の展開 帝京大学 滝川 一
座談会
胆汁酸研究の新展開―回腸胆汁酸トランスポーター阻害剤投与に伴う大腸運動と胆汁酸代謝の変化― (司会)牧野 勲(旭川医科大学名誉教授)/松﨑 靖司(東京医科大学茨城医療センター)/中島 淳(横浜市立大学)/田妻 進(広島大学)
シリーズ 肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチ
肝の過誤腫 福井県済生会病院 中沼 安二