肝胆膵第78巻第1号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/膵神経内分泌腫瘍ー診断と治療のパラダイムシフトー
  • 発行日:2019年01月28日
  • 〈企画趣旨〉
     膵神経内分泌腫瘍の診断と治療はここ数年で大きく変化した.診断ではWHO分類が改訂され,NET G3という新しいカテゴリーが設けられ,NETとNECは明確に区別されることとなった.治療では,いくつか有効な薬剤が利用可能となり,薬物治療の位置づけが大きく変わることとなった.177Lu-Dotatateなどさらに有効性の高い薬剤が承認される可能性もある.外科切除が重要であることは間違いなく,今後は診療科横断的な集学的治療の重要性が増すと考えられる.本特集では,これらの大きな変化を迎えた膵内分泌腫瘍の診療に関する知識の整理をするとともに,今後数年間に期待される展望についても議論いただきたい.

書籍・雑誌のご購入

3,348円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕神経内分泌腫瘍(NEN)の病態解明と診療の要点 関西電力病院 今村 正之
病理と基礎
WHO2017分類改訂の要点 自治医科大学 池田 恵理子,他
膵臓神経内分泌腫瘍の予後予測や原発巣推定に有用な免疫染色 神戸大学 全 陽
膵神経内分泌腫瘍のEUS-FNAB診断 倉敷中央病院 内野 かおり,他
膵神経内分泌腫瘍の遺伝子異常 愛知県がんセンター中央病院 水野 伸匡,他
膵神経内分泌腫瘍におけるDAXX/ATRX異常とクロマチン修飾変化 東京医科歯科大学 上田 浩樹,他
画像診断
膵神経内分泌腫瘍のCT,MRI所見 がん研究会有明病院 戸島 史仁,他
膵神経内分泌腫瘍の内視鏡診断 和歌山県立医科大学 幡丸 景一,他
外科治療
膵神経内分泌腫瘍の手術適応-再発症例も含め- 京都大学 増井 俊彦,他
Debulking surgeryの位置づけ 東北大学 青木 豪,他
膵神経内分泌腫瘍の外科治療前にわかる予後予測因子 神戸大学 南野 佳英,他
薬物治療
膵神経内分泌腫瘍(NET)の薬剤選択 福岡山王病院 伊藤 鉄英,他
PRRTに対する期待 横浜市立大学 小林 規俊,他
膵神経内分泌癌(NEC)の治療戦略 国立がん研究センター中央病院 肱岡 範,他
機能性神経内分泌腫瘍の内分泌症状の治療 北里大学 髙野 幸路
座談会
膵神経内分泌腫瘍:最近の進歩,今後の展望 (司会)全 陽(神戸大学)/工藤 篤(東京医科歯科大学)/菅野 敦(東北大学)/池田 公史(国立がん研究センター東病院)
シリーズ 肝胆膵と医療安全
院内調査委員会の設置の必要性および望ましい内容 北海道大学 南須原 康行
シリーズ 肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチ
肝炎症性偽腫瘍および類縁疾患 福井県済生会病院 中沼 安二