Bone Joint Nerve通巻第32号第9巻第1号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/臨床疫学研究─理論と実践
  • 発行日:2019年01月01日
  • 〈企画趣旨〉
     整形外科領域の臨床研究は増加しており、ランダム化比較試験だけでなく、コホート研究や大規模なデータベースを用いた研究も広がりつつある。しかし、こうした臨床研究の遂行に不可欠である臨床疫学の知識は、多くの臨床医にとって馴染みが薄く難解に感じられるものである。そこで本特集では、整形外科の医師向けに、まず臨床疫学の理論について基礎からやや応用的な内容も含めて解説する。さらに、主に整形外科領域のコホート研究や大規模データベース研究の実例を紹介し、臨床疫学に関する理解を深めていただくことを目標とする。

書籍・雑誌のご購入

3,780円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
1.臨床疫学研究─理論編
臨床疫学の基礎知識(1)─偶然誤差と系統誤差 東京大学 康永 秀生
臨床疫学の基礎知識(2)─ランダム化比較試験の利点と限界 東京大学 康永 秀生
臨床疫学研究デザイン 自治医科大学 笹渕 裕介
観察研究の統計手法(1)─傾向スコア分析 東京大学 山名 隼人
観察研究の統計手法(2)─操作変数法 東京大学 麻生 将太郎
観察研究の統計手法(3)─生存時間分析と競合リスク 東京大学 森田 光治良
観察研究の統計手法(4)─時間依存性交絡と周辺構造モデル 国立病院機構水戸医療センター 土谷 飛鳥
観察研究の統計手法(5)─自己対照研究デザイン 筑波大学 岩上 将夫
2.臨床疫学研究─実践編
デュピュイトラン拘縮患者を対象としたコラゲナーゼ注射治療と腱膜切除術後の上肢機能および費用効果の前向き観察研究 名古屋大学 山本 美知郎ほか
関節リウマチ患者に対する整形外科手術─NinJaコホートを用いた分析─ 帝京大学溝口病院 安井 哲郎
IORRAコホートを用いたRA患者における医療経済学的検討 東京女子医科大学 田中 榮一
SSIサーベイランスを行ううえでの注意点 関東労災病院 山田 浩司ほか
股関節骨折患者に対するリハビリテーションの有効性:日本リハビリテーションデータベースを用いた研究 帝京大学溝口病院 百崎 良
骨軟部腫瘍の予後予測ノモグラム 国立がん研究センター中央病院 小倉 浩一ほか
DPCデータを用いた整形外科臨床研究 日本赤十字社医療センター 大谷 隼一
本邦における半月手術の年次推移:DPCデータベースを用いた解析 東京大学 河田 学ほか
90歳以上超高齢者の脊椎手術における周術期リスク─DPCデータを用いた解析 東京大学 尾市 健
AOSpine頚椎前向き大規模研究 慶應義塾大学 名越 慈人ほか
3.座談会
整形外科領域のデータベース研究 康永 秀生(東京大学)/笹渕 裕介(自治医科大学)/筑田 博隆(群馬大学)/(司会)田中 栄(東京大学)
コラム
革命の受益者 西野 仁樹