肝胆膵第79巻第6号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/肝胆膵領域のゲノム医療新時代-遺伝子パネルがやってきた!-
  • 発行日:2019年12月28日
  • 〈企画趣旨〉
     2019年6月,がんの「遺伝子パネル検査」の保険収載がはじまり,本邦のゲノム医療がいよいよ本格化してきた.近年のゲノム解読技術の発展により,各種がんの遺伝子変異の解明を背景に,ドライバー遺伝子変異に対する分子標的治療が臨床展開され,パッセンジャー遺伝子変異が免疫治療効果と関連することも判り,プレシジョン・メディシンへの期待が高まっている.しかしながら,肝胆膵の臨床現場では,今後どのように医療が変わっていくのか,いまだ不明な部分が多い.本特集では当分野の第一人者・専門家の方々に,ゲノム医療の体系と現状について総論として概説していただき,各論では肝胆膵領域における解析と臨床応用を解説していただくことによって,今後の展望と問題点を明らかにしたい.

書籍・雑誌のご購入

3,410円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕がんゲノム医療の時代を迎えて 国立がん研究センター中央病院 西田 俊朗
総論
ゲノム医療のプラットフォーム構築 慶應義塾大学 永妻 晶子,他
ゲノム医療のための病理組織検体の適切な取扱い 慶應義塾大学 金井 弥栄,他
がん遺伝子パネル検査の種類と相違 東北大学 小峰 啓吾
肝癌研究・臨床応用におけるリキッドバイオプシーの位置づけ 近畿大学 西尾 和人
MSIの分子機構とMSI検査の臨床応用 聖マリアンナ医科大学 山本 博幸,他
臨床検体を用いたパネル検査 山梨県立中央病院 弘津 陽介
がんゲノム医療のバイオインフォマティクス 東京大学 石川 俊平
肝臓
肝癌のゲノム解析とdriver 変異 理化学研究所統合生命医科学研究センター 中川 英刀,他
肝癌のゲノム多様性と個別化医療 近畿大学 盛田 真弘,他
肝癌のリキッドバイオプシー 広島大学 小林 剛,他
小児肝腫瘍のゲノム医療 広島大学 檜山 英三,他
肝癌ゲノム診断と臨床応用 千葉大学 太和田 暁之,他
胆道
胆道癌のゲノム異常 東京大学医科学研究所 柴田 龍弘
胆汁を用いたゲノム解析 がん研有明病院 伊藤 寛倫
胆道癌のゲノム診断と臨床試験 国立がん研究センター中央病院 北村 英俊,他
膵臓
膵癌のゲノム解析 東北大学 古川 徹
IPMNのゲノム解析 旭川医科大学 林 明宏,他
膵神経内分泌腫瘍のゲノム異常とプレシジョン・メディシンへの応用 国立がん研究センター研究所 大木 理恵子
EUS-FNA ROSE検体を用いた解析 山形大学 石澤 哲也,他
膵癌ゲノム診断と臨床応用 慶應義塾大学 林 秀幸,他
座談会
ゲノム医療によって変貌する肝胆膵の癌治療 (司会)田中 真二(東京医科歯科大学)/
河野 隆志(国立がん研究センター研究所)/小俣 政男(山梨県立病院機構)/坂元 亨宇(慶應義塾大学)