Bone Joint Nerve通巻第26号第7巻第3号

  • 特集/骨軟部腫瘍の診断と治療
  • 発行日:2017年07月01日
  • 〈企画趣旨〉
     がん診療全体の進歩とともに骨軟部腫瘍領域の診断,治療技術も大きく変化してきている。また,希少がんに対する社会的な注目も高まり,骨軟部腫瘍の診療体制は,より集約化しかつ診療科横断的な体制にしていくことが求められている。
     本特集では,各領域の専門家に近年の骨軟部腫瘍領域における変化,進歩そして将来像を解説していただく。骨軟部腫瘍診療の基盤となる基礎研究分野の発展,診断法としての遺伝子診断や新しい病理分類,治療法として薬物療法,放射線療法,そして手術療法における新しい切除縁の概念,最先端の組織再建術,カスタムメイド再建人工材料の進歩,ナビゲーション技術の応用,患者立脚型アウトカム評価の各項を設けた。
     診療体制全体のあり方を含めて,骨軟部腫瘍領域の現状と将来像を俯瞰する特集としたい。

書籍・雑誌のご購入

3,780円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

電子書籍のご購入

3,780円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
1.基礎
骨軟部腫瘍ゲノムコンソーシアム 東京大学医科学研究所 平田  真ほか
骨軟部肉腫のマウスモデル 東京医科歯科大学 佐藤 信吾
骨軟部腫瘍におけるクリニカルシークエンス 東京大学 高阪 真路
幹細胞を用いた肉腫の基礎研究 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 戸口田 淳也
患者由来細胞株/ゼノグラフトを用いた肉腫研究の現況 大阪大学 中  紀文
2.臨床〈診断〉
骨軟部腫瘍診療の現状と展望 国立がん研究センター中央病院 川井  章
骨軟部腫瘍の組織学的新分類 九州大学 小田 義直ほか
骨軟部腫瘍の遺伝子診断 国立がん研究センター中央病院 吉田 朗彦
骨軟部腫瘍をめぐる画像診断:最近のトレンド 東京大学医科学研究所 國松  聡
3.臨床〈治療〉
粒子線による骨軟部腫瘍治療の現状と未来 放射線医学総合研究所病院 今井 礼子
骨軟部腫瘍に対する薬物療法 update がん研有明病院 仲野 兼司
新しい切除縁評価とその概念 がん研有明病院 阿江 啓介ほか
骨・軟部腫瘍の再建人工材料の未来 京都府立医科大学 白井 寿治ほか
組織移植術の最先端 広島大学国際リンパ浮腫治療センター 光嶋  勲ほか
骨軟部腫瘍領域のナビゲーションの活用 自治医科大学附属さいたま医療センター 秋山  達
骨軟部腫瘍領域の患者立脚型アウトカム評価 国立がん研究センター中央病院 小倉 浩一
四肢転移性骨腫瘍の治療戦略 慶應義塾大学 齊藤 誠人ほか
脊椎転移性骨腫瘍の治療戦略 都立駒込病院 杉田 守礼
骨軟部腫瘍診療の医療経済学 東京大学 池上 政周ほか
4.座談会
運動器診療における骨軟部腫瘍領域のあり方 帝京大学 河野 博隆/国立がん研究センター中央病院 川井  章/国立病院機構東京医療センター 森岡 秀夫/(司会)東京大学 田中  栄
手術手技シリーズ
骨盤腫瘍の高難易度手術 自治医科大学附属さいたま医療センター 秋山  達
コラム 医学部に入って進路に迷いだした君への手紙 東京大学 西野 仁樹