肝胆膵第75巻第4号

  • 特集/膵癌研究Cutting Edgeーfrom Carcinogenesis to Metastatic Colonization ー
  • 発行日:2017年10月28日
  • 〈企画趣旨〉
    膵癌治療を行う上で重要なことは、膵癌の発生段階から浸潤・転移に至るプロセスを理解し、それらを臨床的に捉え、より効果的な治療戦略を立案する事にある。2000年代に入り、膵癌の遺伝子改変マウスモデル(genetically engineered mouse model: GEMM)が開発され、それらの登場により、膵癌の癌化、浸潤、転移についての研究が飛躍的に進歩し、詳細なmolecular mechanismが解明されはじめた。本特集では、膵癌のCarcinogenesisからMetastatic colonizationにわたり、膵癌研究の最前線について解説して頂きたい。さらに近年、非常に注目されているExosomeにおける転移形成についての知見をご紹介頂き、転移形成についての理解を深めていきたい。

書籍・雑誌のご購入

3,410円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

電子書籍のご購入

3,410円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕膵癌基礎研究の最新動向 東京大学 多田 稔
Carcinogenesis and Chromatin Remodeling
マウスモデルにおける膵癌Carcinogenesis 東京大学 伊地知 秀明
膵癌前癌病変における遺伝子変化 名古屋大学 神田 光郎
膵管内腫瘍における遺伝子異常 東北大学 古川 徹
クロマチンリモデリング因子Brg1欠失によるIPMNを介しての膵発癌 京都大学 福田 晃久,他
EMT and Tumor Invasion
癌の発生・進展におけるTGF-β の作用と上皮間葉転換 筑波大学 沖田 結花里,他
膵癌の増殖,浸潤と治療不応性をつなぐ治療標的GSK3β 金沢医科大学 島崎 猛夫,他
Stroma
化学療法抵抗性膵癌におけるCXCL12-CXCR4シグナルの重要性 名古屋市立大学 松尾 洋一,他
間質リモデリングを介した膵癌治療戦略 東京大学 山本 恵介,他
膵前癌病変と周囲間質の線維化 山形大学 柿﨑 泰明,他
Nanotechnologyを応用したDrug Delivery System 岡山大学 田中 啓祥,他
Cancer Stem Cells
膵癌進展におけるCancer Stem Cellの役割 東京医科歯科大学 伊藤 浩光,他
Microenvironment
Hyaluronan(ヒアルロン酸)を中心としたMicroenvironmentからみた膵癌進展機構 産業医科大学 佐藤 典宏,他
エクソソーム・マイクロRNAを介した膵星細胞-膵癌細胞間相互作用の制御 東北大学 正宗 淳,他
Metastatic Colonization
転移形成におけるExosomeの役割 Weill Cornell Medicine 星野 歩子
Prrx1によるEpithelial Plasticity制御からみた膵癌の浸潤転移機構 千葉大学 高野 重紹,他
座談会
膵癌研究進歩の最先端を読み解く (司会)宮崎 勝(国際医療福祉大学三田病院)/伊地知 秀明(東京大学)/福田 晃久(京都大学)/高野 重紹(千葉大学)
シリーズ 肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチ
肝類洞の毛細血管化 福井県済生会病院 中沼 安二