Bone Joint Nerve通巻第35号第9巻第4号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/脊椎低侵襲手術の最近の話題
  • 発行日:2019年10月01日
  • 〈企画趣旨〉
     高齢化社会を迎えた日本では、最小侵襲手技が診療科を問わず大きなトレンドになっています。特に脊椎疾患においては、内視鏡や顕微鏡に加えて経皮的な手技によるさまざまな術式が考案されています。そこで、今回、現在行われている脊椎最小侵襲手術を第一線でご活躍されている先生方にお願いして特集を組ませていただきました。

書籍・雑誌のご購入

3,850円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
Selective Laminectomyの実際 東京歯科大学市川総合病院 青山 龍馬ほか
腰椎椎間板ヘルニアに対するFull-endoscopic spine surgeryの手術成績 慶友整形外科病院 中道 清広ほか
Mini-ALIFの現状 岡山大学 三澤 治夫ほか
低侵襲腰椎椎体間固定術であるPETLIF(ペトリフ:経皮的内視鏡下経椎間孔腰椎椎体間固定術) 我汝会さっぽろ病院 長濱 賢ほか
脊柱変形手術の低侵襲化における腰椎側方進入椎体間固定(LIF)の位置づけ 大阪大学 海渡 貴司
側臥位低侵襲前側方椎体固定術(OLIF) 千葉大学 折田 純久ほか
Cortical Bone Trajectoryの最前線と今後の展望 大阪大学 武中 章太
骨粗鬆症性椎体圧潰に対する手術治療 近畿大学奈良病院 戸川 大輔
骨粗鬆症性椎体骨折に対する経皮的椎体形成術(PVP) 広島大学 中前 稔生ほか
胸椎経皮的椎弓根スクリュー─Groove Entry Technique─ 東京都済生会中央病院 塩野 雄太ほか
胸腰椎損傷に対する長方形型拡張ケージを併用した低侵襲脊椎前後方固定術 東京慈恵会医科大学 篠原 光ほか
脊柱変形に対する矯正固定術─低侵襲手術の適応と限界─ 洛和会丸太町病院 原田 智久ほか
DISH脊椎損傷に対する経皮的椎弓根スクリュー固定 慶應義塾大学 岡田 英次朗ほか
転移性脊椎腫瘍へのMIStの適応 日本大学 上井 浩ほか
感染性脊椎炎に対するMISt 国際医療福祉大学 船尾 陽生ほか
経仙骨的脊柱管形成術(Trans-sacral Canal Plasty:TSCP)─硬膜外腔癒着剥離術による疼痛治療─ 久留米大学 横須賀 公章ほか
FBSSへのSpinal cord stimulation 慶應義塾大学 小杉 志都子
Hybrid手術室でのautomatic registrationを使用した脊椎ナビゲーション手術 大阪警察病院 山崎 良二ほか
鼎談
脊椎低侵襲手術の現状と今後の展望 徳島大学 西良 浩一/国際医療福祉大学 石井 賢/慶應義塾大学 中村 雅也(司会)
コラム
RA外来は年寄り外来だ─Outlierとしての高齢患者─ 東和病院 西野 仁樹