臨床精神医学第44巻増刊号

12.記憶 4)作動記憶

電子書籍のみ

  • 徳増 慶子ほか(兵庫県立リハビリテーション西播磨病院)
  • 発行日:2016年01月28日
  • 〈抄録〉
    作動記憶はさまざまな認知機能を円滑に働かせるために必要な機能であるため,特に作動記憶の検査と銘打っていなくても,ある程度複雑な認知検査では,作動記憶を必要とすることが多い。作動記憶を純粋に評価するための標準化された検査としては,日本版WAIS-Ⅲ成人知能検査の算数,数唱,語音配列の3つの課題,標準注意検査法(Clinical Assessment for Attention:CAT)のSymbol Digit Modalities Test,Memory Updating Test(記憶更新課題),Paced Auditory Serial addition Test,Position Stroop Test(上中下検査)の4つの課題がある。また簡便に評価するためにはTrail Making TestのPart BやMini Mental State ExaminationのSerial7が有用である。

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Working memory
徳増 慶子1) 数井 裕光2)
1)兵庫県立リハビリテーション西播磨病院リハビリ療法部
2)大阪大学大学院・医学系研究科・内科系臨床医学専攻・情報統合医学講座・精神医学