肝胆膵第72巻第6号

  • 特集/診療ガイドライン改訂後の膵炎診療
  • 発行日:2016年06月28日
  • 〈企画趣旨〉
     2015年に急性膵炎および慢性膵炎の診療ガイドラインが改訂された。急性膵炎ではAtlanta分類の改訂や内視鏡的ネクロセクトミーの普及、慢性膵炎では早期慢性膵炎の概念や、高力価消化酵素薬、ESWLの保険収載などを反映したものである。診療ガイドラインは日常臨床におけるバイブルとなる一方、論文検索をベースとしているため、残された課題も少なくない。本特集では我が国における急性膵炎、慢性膵炎診療の現状を確認するとともに、ガイドライン改訂後も残されている種々の課題と今後の展望について第一線の先生方に解説していただきたい。

書籍・雑誌のご購入

3,410円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

電子書籍のご購入

3,410円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕診療ガイドライン改訂後の膵炎診療 東北大学 下瀬川 徹
急性膵炎
急性膵炎診療ガイドラインの改訂ポイント 東京医科大学 向井 俊太郎,他
わが国における急性膵炎診療の実際-全国調査から- 東北大学 濱田 晋,他
急性膵炎重症度判定基準 近畿大学 竹山 宜典
急性膵炎診療における地域連携モデルの構築 近畿大学 大本 俊介,他
急性膵炎初期診療における抗菌薬投与-現状と課題- 三重大学 飯澤 祐介,他
急性膵炎後期合併症の内視鏡治療-現状と課題- 東芝病院 山本 夏代,他
急性膵炎に対する外科手術-現状と今後の展望- 自治医科大学 佐田 尚宏
急性膵炎の予後予測マーカー開発の動向 産業医科大学 真弓 俊彦,他
急性膵炎は慢性膵炎に移行するのか? その危険因子は? 関西医科大学 池浦 司,他
慢性膵炎
慢性膵炎診療ガイドライン2015 改訂のポイント 九州大学 伊藤 鉄英,他
早期慢性膵炎診療の現状と課題 福島県立医科大学会津医療センター 五十嵐 亮,他
慢性膵炎の栄養療法と疼痛対策としての経腸栄養 京都府立医科大学 阪上 順一,他
膵外分泌機能不全に対する薬物療法の現状と課題 弘前大学 柳町 幸,他
膵性糖尿病の現状と治療のコツ 近畿大学 廣峰 義久,他
膵石症のESWL治療-実態と長期予後- 藤田保健衛生大学坂文種報德會病院 山本 智支,他
膵管ステントによる慢性膵炎治療のコツ 名古屋市立大学 林 香月,他
慢性膵炎の長期予後(発癌を含めて) 九州大学 仲田 興平,他
慢性膵炎に対するFrey手術 東北大学 元井 冬彦,他
座談会
診療ガイドライン改訂後の膵炎診療 (司会)正宗 淳(東北大学)/五十嵐 久人(五十嵐内科)/杉山 正則(杏林大学)/安田 一朗(帝京大学医学部附属溝口病院)
シリーズ 肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチ
細胆管胆汁うっ滞(遷延性胆管炎) 静岡県立静岡がんセンター 中沼 安二
シリーズ 薬剤を学ぶ−薬をいつもと別の視点からながめると
肝薬物代謝酵素シトクロームP-450 を誘導する医薬品にみられる一部の構造的な特徴 新潟薬科大学 杉原 多公通