肝胆膵第82巻第3号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/小児期発症慢性肝疾患における移行期医療の現状と課題―小児と成人のダイアログ―
  • 発行日:2021年03月28日
  • <企画趣旨>
    2018年12月14日付けで成育基本法が成立し,移行期医療の普及が推進されるようになった.移行期医療の目的は,患者が思春期から成人期に移行するにあたり,継続的で良質,かつ発達に即した医療サービスを提供されることを通して,生涯にわたり持てる機能と潜在能力を最大限に発揮することである.移行期医療は,患者中心であり,柔軟性と感受性を有し,継続的かつ包括的,協調的であることを基本とする.この理念に基づいて,小児期発症の慢性肝疾患について小児科医,内科医,移植外科医等の医療現場における現状と問題点を中心に議論していただきたい.各執筆者からカウンターパートへのメッセージを添えていただく.

書籍・雑誌のご購入

3,850円(税込)送料無料

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕小児科医からのメッセージ NPO法人日本小児肝臓研究所 藤澤 知雄
Ⅰ.ウイルス肝炎
 全国オンライン登録データからみた移行期医療 たかのこどもクリニック 髙野 智子,他
 思春期ならびに若年成人においてB型慢性肝炎の治療法は変わるのか 東京大学医科学研究所 四柳 宏
Ⅱ.自己免疫性肝炎
 小児期発症の自己免疫性肝炎 茨城県立こども病院 須磨﨑 亮
 小児期にステロイド導入例のtransitionでの対応 福島県立医科大学 高橋 敦史,他
Ⅲ.胆道閉鎖症
 葛西手術とその後の長期予後 東北大学 佐々木 英之 
 胆道閉鎖症葛西術後の長期観察と肝移植への移行 金沢医科大学 岡島 英明,他
 自立支援に関する取り組み 大阪母子医療センター 惠谷 ゆり
Ⅳ.原発性硬化性胆管炎
 小児期発症の病態 済生会横浜市東部病院 梅津 守一郎,他
 原発性硬化性胆管炎−小児期からのtransitionへの対応を含めて− 慶應義塾大学 中本 伸宏
 肝移植の成績がなぜ悪いのか 国立成育医療研究センター 福田 晃也,他
Ⅴ.ウィルソン病
 患者アンケート調査からみた移行期医療の課題 帝京平成大学 児玉 浩子,他
 小児期からの発症病態と長期的肝胆道合併症 産業医科大学 原田 大,他
Ⅵ.NAFLD
 小児NAFLD診療と成人移行の課題 沖縄県立中部病院 吉年 俊文
 Pediatric fatty liver disease(PeFLD)における概説と成人との比較(肝組織学的検討を含めて)−小児と成人の相違− 新潟大学 上村 博輝,他
Ⅶ.FALD(Fontan – associated liver disease)
 Fontan-associated liver disease(FALD)を中心としたFontan術後消化器合併症における多科連携の重要性 大阪市立大学 徳原 大介,他
 FALDの非侵襲的評価法と適切なサーベイランス 東京大学 中塚 拓馬,他

鼎 談
小児期発症のウイルス肝炎,AIH,PSC,先天性肝線維症/カロリー病をどう診ていくか?
(司会)乾 あやの(済生会横浜市東部病院)/市田 隆文(湘南東部クリニック)/江川 裕人(東京女子医科大学)