今後の特集のご案内

「肝胆膵」(76巻1号・2018年1月号)
特集/肝胆膵とアルコール −serendipityを目指して−

「肝胆膵」(76巻2号・2018年2月号)
特集/C型肝炎の新たな壁を越える次世代DAA治療

バックナンバーはこちら



 75巻5号(2017年11月号) 特集/臓器間ネットワークからみた肝胆膵の恒常性とその破綻
定価(\)本体 3,100+税 送料(\) 150


編集後記

 今回の特集は「臓器間ネットワークからみた肝胆膵の恒常性とその破綻」である.何のことか漠然としてわかりにくいかもしれないが,要は,普段の焦点距離から視点を離して,マクロ的な「生体」全体からみて肝胆膵の臓器がどのように参加して,他の臓器・領域と調整して恒常性を保っているか,そしてその不具合がどのように全身に現れているかということについて,肝胆膵の各臓器だけで起こっていること以外にもしっかりと注視して考える,ということである.
 簡単に述べようとしても,このようにわかりにくい説明になってしまうのは小生の表現力の拙さによるところが大であるが,通常,臓器を中心にそこで起こっている炎症や腫瘍などを思考の中心においている身にとって,この視点をずらすという動作がなかなかスムーズに運べない.
 今回の各項目は,日頃近視眼的な距離をとりがちな自分にとっては,視力を回復することを助けてくれるよいリソースばかりである.例えば,臨床的にしばしば遭遇する脂肪肝でなぜ胆石が生じるかなど,今まで実はメカニズムがよくわかっていなかったが,本号で浅井先生と山田先生がきれいな実験系を使って説明されている.特筆すべきは,これが消化器内科の研究者になされた仕事ではなく,糖尿病代謝を専門とする先生たちによって完遂されたことである.
 仕事でも研究でも共通してヒントとなるかもしれないが,行き詰まったら視点を変えてみるとよいアイデアが出ることがある.古いタイプの人間としては,是非肝胆膵の諸問題はやはりこの領域に打ち込んできた方々に解決してもらいたい.今回の特集が,読者諸兄の今後の診療や研究の自由な発想を想起する一助となればと願っている. (上野 義之)


 

目次

〔巻頭言〕肝胆膵臓器間ネットワークの新展開 東北大学 下瀬川   徹… 895

正常状態での肝胆膵領域の臓器間ネットワーク
 肝と脳の間を関連させるMetabolic Information Highways 東北大学 片 桐 秀 樹… 897
 インスリン抵抗性時に膵β細胞増殖を制御する肝臓由来シグナル 東北大学 今 井 淳 太… 905
 ヘパトカインを介した全身性代謝の制御機構 金沢大学 本多 政夫,他… 911
 腸肝相関からみた肝臓免疫と腸内細菌叢 福島県立医科大学 阿部 和道,他… 917
 肝臓・膵臓内に存在する神経線維の分布と機能 神戸大学 全     陽… 923
 小腸内視鏡拡大観察を用いた機能的膵小腸相関の解明 名古屋大学 酒井 大輔,他… 929

臓器間ネットワークの破綻による疾患
 腸肝防御機構破綻による肝硬変合併症 奈良県立医科大学 瓦谷 英人,他… 939
 代謝,炎症,発癌を制御する因子ナルディライジンの可能性 京都大学 生田 耕三,他… 947
 腸内細菌叢が及ぼす腸管外疾患への影響 横浜市立大学 結束 貴臣,他… 955
 自律神経線維が肝再生に与えるインパクト 新潟大学 上村 顕也,他… 967
 NAFLD/NASH制御におけるPPARαの多面的な役割 九州大学 加藤 正樹,他… 973
 サルコペニアが膵癌の予後に与えるインパクト 京都大学 海道 利実,他… 979
 膵炎における腸管免疫機構破綻と重症化機序 近畿大学 渡邉 智裕,他… 991
 脂肪肝に伴う胆石症発症のメカニズム 東北大学 浅井洋一郎,他… 997

座談会 “「肝臓を全身から俯瞰する」観点への転換点”……………………………………………1005
(司会)上野義之,竹原徹郎,中島 淳,片桐秀樹

シリーズ 肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチ(34)
 羽毛様変性 福井県済生会病院 中 沼 安 二…1023
 

バックナンバーはこちら