今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻6号・2017年12月号)
特集/胆管内腔発育型腫瘍の概念と実態

「肝胆膵」(76巻1号・2018年1月号)
特集/肝胆膵とアルコール −serendipityを目指して−

バックナンバーはこちら



 75巻3号(2017年9月号) 特集/膵・胆道癌の早期診断を目指せ!
定価(\)本体 3,100+税 送料(\) 150


編集後記

 今回,胆膵領域の早期癌を特集として企画した.メディアや各種学会の主題でも取り上げられ,大変関心の高いテーマである.この領域はJA尾道総合病院 消化器内科の花田敬士先生が,尾道市医師会と共同して始められたプロジェクトから発展し始めたといえる.そのプロジェクトの詳細は本特集に執筆された花田先生の論文を参照していただきたいが,地域と連携し早期膵癌症例を診断,治療されている.これまで膵上皮内癌は画像的異常を示さない,それゆえ膵癌の早期診断は難しいと考えられていた常識を覆す画期的な成果である.
 そのプロジェクトが患者に大きな恩恵を与えたことは間違いないが,それと同時にわれわれ医学者にいくつかの疑問を抱かせることとなった.その一つは膵管狭窄で発症する膵上皮内癌は,本当に他の大多数の進行癌の先駆病変なのだろうかという点である.もしかしたら,このような腫瘍は特殊な膵癌で,異なる遺伝子異常を背景に発生しているのかもしれない.早期膵癌症例の蓄積が,今後の膵癌研究の発展に寄与することは間違いないだろう.
 膵癌を上皮内癌やStageT期で診断できるかもしれないという期待があふれているが,膵野型膵癌に関しては,まだまだハードルが高い.おそらく膵野型膵癌の早期診断を可能にするには,さらなるモダリティの進歩だけでなく,花田先生が考えられたように,常識を覆すアイデアが要求されるだろう.本特集号が,膵胆道癌の早期像をイメージし,新たなアイデアがひらめくきっかけになることを期待して編集後記としたい.
(全  陽)


 

目次

〔巻頭言〕膵・胆道癌の新たな診断方法を求めて 国際医療福祉大学三田病院 宮 崎   勝…549
“早期”癌の定義
 長期予後が期待できる胆膵領域の“早期”癌とは 三重大学 草深 智樹,他…553
主膵管発生の上皮内癌
 膵上皮内癌の臨床病理学的特徴 JA尾道総合病院 花田 敬士,他…561
 膵上皮内癌を対象としたスクリーニング戦略 大阪国際がんセンター 蘆田 玲子,他…567
 膵上皮内癌における画像診断 和歌山県立医科大学 田村  崇,他…573
 膵上皮内癌の病理と遺伝子異常 神戸大学 横出 正隆,他…583
 膵上皮内癌をいかに診断するか 東北大学 菅野  敦,他…589
実質内発生の小膵癌
 実質内発生の小膵癌をどのように疑うか 都立駒込病院 菊山 正隆,他…595
 小膵癌診断における造影EUSの有用性 名古屋大学 河合  学,他…603
 IPMNに併存した小膵癌の解析 近畿大学 山雄健太郎,他…611
早期の胆管癌 “早期”胆管癌の画像所見 帝京大学医学部附属溝口病院 馬淵 正敏,他…621
 肝外胆管癌の早期診断−無黄疸症例の解析から− 長野市民病院 長谷部 修,他…629
 胆管癌早期診断における経口胆道鏡(POCS)の有用性 東京医科大学 鎌田健太郎,他…637
 非乳頭型胆管上皮内癌・“早期”胆管癌の解析 北海道大学 岡村 圭祐,他…647
 前癌病変,前浸潤性としてのBilIN 福井県済生会病院 中沼 安二,他…653
 胆管癌の早期診断における経乳頭的生検と細胞診 仙台オープン病院 野田  裕,他…665
早期の胆嚢癌
 “早期”胆嚢癌の特徴−外科切除例の解析から− 新潟大学 坂田  純,他…675
 胆嚢癌の早期診断に役立つ画像所見 手稲渓仁会病院 金  俊文,他…681
 胆嚢癌早期診断における細胞診の適応と有用性 広島大学 芹川 正浩,他…691
座談会
 “膵・胆道癌の早期診断の現状と展望”…697
(司会)全  陽,竹山宜典,真口宏介,蒲田敏文
シリーズ
 肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチ(32)
 異常筋性血管,ジストロフィックな筋性血管 福井県済生会病院 中 沼 安 二…713
 

バックナンバーはこちら