今後の特集のご案内

「肝胆膵」(74巻6号・2017年6月号)
特集/自己免疫性肝・胆管疾患のupdate

「肝胆膵」(75巻1号・2017年7月号)
特集/ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患

バックナンバーはこちら



 74巻2号(2017年2月号) 特集/今日から役立つ肝胆膵疾患の遺伝子診断学
定価(\)本体 3,100+税 送料(\) 150


編集後記

近年,臨床の現場にさまざまな遺伝子診断法が登場してきている.肝胆膵領域で現在,最も実臨床で活用されている遺伝子診断の一つは,肝炎ウイルスの薬剤耐性変異解析であろう.C型肝炎ウイルス治療の主流が経口抗ウイルス剤となり,ウイルスの薬剤耐性変異の有無を調べることで,治療薬の選択や治療効果予測に役に立つことが広く知られるようになった.また,家族性膵炎や遺伝性の消化器癌が従来の予想以上に頻度の高い疾患であることが推定されるようになり,遺伝子診断の重要性がますます認識されるようになってきている.
 このような背景を踏まえ,本誌では遺伝子解析技術の進歩やさまざまな肝胆膵疾患の遺伝子診断の最新知見ならびに将来像などを,基礎,臨床それぞれの専門家の先生方に解説していただいた.これからの臨床医は,画像診断,病理診断とともに遺伝子診断の基礎知識を習得し,医学的にも倫理的にも遺伝子情報を正しく活用できるようになることが望まれる時代になるものと予想される.
 本誌が,“今日から役立つ”遺伝子診断の解説書として,臨床や研究の現場で活用されることを願っている.
(丸澤 宏之)


 

目次

〔巻頭言〕肝胆膵遺伝子診断の理解に向けて 東京大学 多 田   稔…153


臨床応用中の遺伝子診断
癌組織の遺伝子を調べて抗癌剤を選択する−クリニカルシーケンスの実際−
   京都大学 金井 雅史,他…155

遺伝子診断に基づく肝癌のソラフェニブ感受性予測 近畿大学 西尾 和人,他…163


本邦におけるWilson病のATP7B遺伝子診断の有用性
   東邦大学医療センター大橋病院 清 水 教 一…169


膵腫瘍の遺伝子学的鑑別診断法の展開 名古屋大学 神 田 光 郎…175


リスクがわかる,治療法がかわる−家族性膵癌の遺伝子診断−
   国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院 森 実 千 種…183

膵神経内分泌腫瘍(pNET)の遺伝子診断
   愛知県がんセンター中央病院 松本 慎平,他…191


遺伝性膵炎の遺伝子検査の実際 東北大学 正宗  淳,他…203


ここで役立つ肝炎ウイルスの遺伝子検査

HCV:serotype検査で判定不能!−こんな時にはgenotype−
   名古屋市立大学 小川慎太郎,他…211


HCV:DAAs治療時代のHCV RNA検査ポイントと評価法
   虎の門病院 鈴 木 文 孝…217


HCV:薬剤耐性変異の検出法と治療薬の選択 武蔵野赤十字病院 板倉  潤,他…221


ここで役立つHBV DNA vs HBsAg vs HBcrAg 信州大学 松 本 晶 博…229


E型肝炎診断におけるHEV RNAの有用性 自治医科大学 岡 本 宏 明…241


これからの遺伝子診断を理解するためのOverview

ここまでわかった肝癌・胆道癌の遺伝子異常
   東京大学医科学研究所 柴 田 龍 弘…249

ここまでわかったNAFLD肝癌の遺伝子異常 京都大学 金  秀基,他…257

ここまでわかった膵癌の遺伝子異常
   国立研究開発法人国立がん研究センター 谷内田 真 一…263

ここまでわかったNAFLD/NASHの疾患感受性遺伝子
   大阪府済生会吹田病院 岡 上   武…271

ここまでわかったPBCの疾患感受性遺伝子 長崎大学 中 村   稔…279



鼎 談 “遺伝子診断の進歩と今後の課題”…………………………………………291





シリーズ 肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチ(26)
多核巨大肝細胞   福井県済生会病院 中 沼 安 二…131  

バックナンバーはこちら