今後の特集のご案内

「肝胆膵」(74巻6号・2017年6月号)
特集/自己免疫性肝・胆管疾患のupdate

「肝胆膵」(75巻1号・2017年7月号)
特集/ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患

バックナンバーはこちら



 72巻6号(2016年6月号) 特集/診療ガイドライン改訂後の膵炎診療
定価(\)本体 3,100+税 送料(\) 150


編集後記

膵炎診療に関する書籍や雑誌は数多くあるが,現在最も利用されているものは診療ガイドラインであろう.本号では昨年改訂された診療ガイドラインを中心とし,第一線で活躍されている先生方に膵炎診療の現状と課題について解説をしていただいた.ここ数年の膵炎診療が,内視鏡治療をはじめとする低侵襲治療の普及を土台として,大きな転換期にあることを再認識いただけたかと思う.今回の改訂ガイドラインでは,エビデンスレベルのみならず,利益と害,患者の価値観や好み,コスト評価をもとに推奨グレードを決定しているため,より実臨床に即した使いやすいものとなっている印象を多くの読者の方はお持ちかと思う.本来,診療ガイドラインの目的は医療者のみならず患者の意思決定を支援することである.重症急性膵炎が指定難病からはずれたこともあり,膵炎診療もコスト意識と無縁ではいられない.入院期間の短縮や医療費の軽減は患者の意思決定においても重要な因子となる.膵炎の患者団体で全国的に活発な活動をしているものは少ないようであるが,膵炎診療においても患者サイドの関わりが今後,増加していく可能性がある.

実は一番大きな問題は,疫学調査や内視鏡治療に関する多施設研究などを除き,日本発のエビデンスが少ない点ではないだろうか.日本において膵炎に関する基礎研究が決して活発とはいえない昨今,臨床研究においても今後,日本の存在感が低下していくのではというのは杞憂であろうか.今回指摘された今後の課題についても,日本からのエビデンスにより解決されることが期待される.オールジャパン体制での研究組織体制が不可欠であるとともに,是非,若い先生方には,自らがエビデンスを世界に発信する心意気で頑張っていただきたい.(正宗 淳)


 

目次

〔巻頭言〕診療ガイドライン改訂後の膵炎診療 東北大学 下瀬川   徹… 977

急性膵炎

 急性膵炎診療ガイドラインの改訂ポイント 東京医科大学 向井俊太郎,他…981

 わが国における急性膵炎診療の実際−全国調査から−

   東北大学 濱田  晋,他…989

 急性膵炎重症度判定基準 近畿大学 竹 山 宜 典…997

 急性膵炎診療における地域連携モデルの構築 近畿大学 大本 俊介,他…1003

 急性膵炎初期診療における抗菌薬投与−現状と課題−

   三重大学 飯澤 祐介,他…1009

 急性膵炎後期合併症の内視鏡治療−現状と課題− 東芝病院 山本 夏代,他…1021

 急性膵炎に対する外科手術−現状と今後の展望−

   自治医科大学 佐 田 尚 宏…1027

 急性膵炎の予後予測マーカー開発の動向 産業医科大学 真弓 俊彦,他…1035

 急性膵炎は慢性膵炎に移行するのか? その危険因子は?

   関西医科大学 池浦  司,他…1041

慢性膵炎 

 慢性膵炎診療ガイドライン2015改訂のポイント 九州大学 伊藤 鉄英,他…1049

 早期慢性膵炎診療の現状と課題

   福島県立医科大学会津医療センター 五十嵐 亮,他…1059

 慢性膵炎の栄養療法と疼痛対策としての経腸栄養

   京都府立医科大学 阪上 順一,他…1067

 膵外分泌機能不全に対する薬物療法の現状と課題 弘前大学 柳町  幸,他…1073

 膵性糖尿病の現状と治療のコツ 近畿大学 廣峰 義久,他…1077

 膵石症のESWL治療−実態と長期予後−

   藤田保健衛生大学坂文種報コ會病院 山本 智支,他…1083

 膵管ステントによる慢性膵炎治療のコツ 名古屋市立大学 林  香月,他…1089

 慢性膵炎の長期予後(発癌を含めて) 九州大学 仲田 興平,他…1099

 慢性膵炎に対するFrey手術 東北大学 元井 冬彦,他…1105  

バックナンバーはこちら