今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻2号特大号・2017年8月特大号)
特集/肝細胞癌の化学療法が変わる

「肝胆膵」(75巻3号・2017年9月号)
特集/膵・胆道癌の早期診断を目指せ!

バックナンバーはこちら



 70巻4号(2015年4月号) 特集/肝胆膵イメージング:画像が映す分子病理
定価(\)本体 3,000+税 送料(\) 150


編集後記

最近の画像情報の多さには驚くものがある.私が若い病理医だった時,放射線科医は病理所見を反映した画像を得ようと画像とマクロ・組織所見を細かく対比したものである.しかし,最近のカンファレンスでは病理医に比べると放射線科医の方が圧倒的な情報量を持っている.切片の厚み一つをとっても,病理は5 mmスライスだが,CT/MRIでは1.25〜2.5 mmである.『この画像所見を反映する病理所見は何か?』と質問されるが,正直答えられないことの方が多い.この傾向は今後も続くだろうし,最近ではEOB-MRIなどの分子イメージングの技術も進んでいる.EOB-MRIが肝癌診療に大きなインパクトを与えたことを考えると,今後でてくる新たな画像診断技術が病態理解や診療にどれだけ貢献するか期待しないわけにはいかないだろう.

 『なぜ日本は画像と病理を対比する研究を得意とするのか?』.以前,本誌のある原稿に『日本人は画像診断を重視するが,欧米人は病理診断を重視してきた歴史的な背景がある』と記載されていたのを思い出す.私はこの意見は日本と欧米の画像診断に対する考え方を的確に表していると思う.私が英国で診療に携わっていた時,どれだけ画像が典型的でも最終的には組織診断を求められることが多かった.なぜこのような違いがあるのかわからないが,個人の考え方の違いというよりも受けてきた医学教育などより大きな要因が影響している印象がある.今回ご執筆いただいた原稿を見ていると,近い将来,画像が病理所見と同等もしくは凌駕する情報量を持つことは間違いないだろう.今後イメージング技術がますます進歩した時�
�,日本と欧米のスタンスの違いが解消されるのか興味がもたれる.


 

目次

〔巻頭言〕肝胆膵イメージング 浜松労災病院 有 井 滋 樹…505

肝疾患

 肝細胞癌のGd-EOB-DTPA造影を規定するメカニズム

   国立病院機構埼玉病院 上野 彰久,他…507

 肝細胞癌のGd-EOB-DTPA造影とCancer Stem Cellsとの関連性

   金沢大学 山下 太郎,他…515

 トランスポーター遺伝子多型がGd-EOB-DTPA造影MRIに

  及ぼす影響 順天堂大学練馬病院 大久保 裕 直…525

 Gd-EOB-DTPA造影MRIによる肝障害度の評価 九州大学 西江 昭弘,他…535

 18F-FDG-PETが映す肝細胞癌の分子病態 京都大学 波多野悦朗,他…541

 肝内脂肪・鉄の画像による定量法 虎の門病院 斎藤  聡,他…549

 超音波Elastography:いかなるミクロ所見を反映するのか?

   東京医科大学 杉本 勝俊,他…559

 ICG 蛍光イメージングの分子メカニズムと臨床応用

   がん研有明病院 石沢 武彰,他…567

胆道疾患

 乳頭部腫瘍の画像とマクロ形態は分子病理学的特徴を予測できるか?

   昭和大学藤が丘病院 野呂瀬朋子,他…573

膵疾患

 pT1/pTis膵管癌のRadio-Pathology Correlation 神戸大学 森永友紀子,他…585

 膵管内腫瘍(IPMN・ITPN)の分子病理と画像所見

   東京医科大学 山 口   浩…593

 早期慢性膵炎のEUSが反映する微細所見 近畿大学 門阪 薫平,他…601

 膵内分泌腫瘍: 画像で悪性度を予想できるか? 金沢大学 戸島 史仁,他…609

 オクトレオチドスキャンの原理と膵内分泌腫瘍に対する有用性

   独立行政法人 国立国際医療研究センター 窪 田 和 雄…621

座談会“肝胆膵イメージング:画像が映す分子病理” 629

シリーズ 肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチE

 胆管消失 静岡県立静岡がんセンター 中沼 安二…643  

バックナンバーはこちら