今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻4号・2017年10月号)
膵癌研究Cutting Edge−From Carcinogenesis to Metastatic Colonization−

「肝胆膵」(75巻5号・2017年11月号)
特集/臓器間ネットワークからみた肝胆膵の恒常性とその破綻

バックナンバーはこちら



 70巻2号(2015年2月号) 特集/自己免疫性膵炎20年の軌跡
定価(\)本体 3,000+税 送料(\) 150


編集後記

東京女子医科大学の吉田先生らが,黄疸で発症した女性の症例報告をもとに,自己免疫性膵炎の疾患概念をDigestive Diseases and Sciences誌において提唱されてから,今年で20年となります.小生が医学部を卒業した1990年には,当然のことながら自己免疫性膵炎に関する記載はどこにもありませんでした.その後に続く,世界初の臨床診断基準の策定や血中IgG4高値の発見,さらに国際コンセンサス診断基準の策定やIgG4関連疾患における位置づけに至るまで,日本が世界をリードしてきた,まさに日本初の疾患概念といえます.

 本特集では,各分野の専門家の先生方に,20年間の歩みを振り返るとともに,残された課題についてもご執筆いただきました.この20年間の軌跡を振り返ると,私たちが学ぶべき点がいくつもあります.まず,症例を漫然としてではなく,科学的な視点と手法を持ってみられた吉田先生らの,医師としての姿勢です.このあたりのいきさつについては,吉田先生の同門である西野隆義先生に,裏話を交えて座談会でお話ししていただきました.論文検索にしてもインターネット検索などは一般化しておらず,図書館に足を運び丹念に探すしかなかった時代です.類似の症例がないか,消化器領域のみならず膠原病関係の雑誌など多方面にわたり,多大な労力と時間をかけてしらみつぶしに探されたことかと推察します.また,症例を英語論
文として世界に発信した点も忘れてはなりません.もしも和文論文のみで終わっていたとしたら,その後の展開は大きく変わっていたことでしょう.そして世界をリードし得たのは,日本膵臓学会や厚労省難治性膵疾患に関する調査研究班を中心として,オールジャパン体制で総力をあげて取り組んだ結果といえます.その成果として,日本の自己免疫性膵炎診療がグローバルスタンダードとなり得たともいえます.国立保健医療科学院は,難治性疾患全体としては,最初の症例報告から疾患概念の確立まで平均35.5年を要したと報告しています.自己免疫性膵炎において最初の症例報告から疾患概念確立までのプロセスが,いかに短期間に効率よく行われたがわかります.その一方で,病態解明やステロイド抵抗例に対する治療法など,残�
�れた課題も少なくありません.

 この分野を引き続き日本がリードしていくためには,病態解明のブレークスルーとなる基礎研究と,エビデンスレベルの高い臨床研究を日本から発信していくことが不可欠です.まさに,本誌が目指す高いサイエンスレベルが求められる分野です.情熱ある若い先生方の活躍をぜひ期待したいところです.

(正宗 淳)


 

目次

〔巻頭言〕自己免疫性膵炎20年の軌跡 東北大学 下瀬川   徹…181

AIPの実態

 わが国における実態−2011年全国疫学調査の結果を中心に−

   東北大学 正宗  淳,他…185

 2型AIPの実態―IBD合併例,IgG4陰性例を含めて―

   福岡大学筑紫病院 植木 敏晴,他…193

AIPの病因・病態

 自己免疫性膵炎の動物モデル 東京女子医科大学 春田 郁子,他…201

 IgG4関連疾患と自己免疫性膵炎 名古屋市立大学 中沢 貴宏,他…211

 AIP膵病変の病理所見 倉敷中央病院 能登原 憲 司…221

 膵外病変の病理所見 神戸大学 全     陽…227

 AIPの遺伝学的背景 信州大学 太田 正穂,他…237

AIPの診断

 自己免疫性膵炎の歴史−疾患概念・診断基準の変遷−

   東京都立駒込病院 神澤 輝実,他…245

 現行診断基準の妥当性 関西医科大学 岡崎 和一,他…253

 CT/MRIで診断可能か? 金沢大学 井上  大,他…259

 内視鏡診断−ERCP, EUS− 福島県立医科大学会津医療センター 五十嵐 亮,他…267

 自己免疫性膵炎のバイオマーカー─IgGの診断能の再検討, IgG4陰性例も含めて─

   信州大学 村木  崇,他…275

AIPの治療と予後

 ステロイド維持療法は必要か

   東京女子医科大学八千代医療センター 西野 隆義,他…283

 ステロイド抵抗性をどうする? 免疫調節薬の適応は?

   名古屋市立大学 大原 弘隆,他…289

 自己免疫性膵炎に対するステロイド治療の意義─膵組織再生と膵外分泌機能回復─

   名古屋大学 石黒  洋,他…295

 AIPにおける膵内外分泌機能 九州大学 李  倫學,他…301





座談会“自己免疫性膵炎20年の軌跡” 307



シリーズ 肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチC

 マロリ体 静岡県立静岡がんセンター 中沼 安二…321  

バックナンバーはこちら