今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻1号・2017年7月号)
特集/ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患

「肝胆膵」(75巻2号・2017年8月特大号)
特集/肝細胞癌の化学療法が変わる

バックナンバーはこちら



 第67巻5号(2013年11月号) 特集/IPMN/MCN 診療の転換期 ─日本の成績が示すものは─
定価(\)本体 2,900+税 送料(\) 150


編集後記

 のう胞性病変は膵疾患では経験することが多い所見である.このなかの膵のう胞性腫瘍,特にIPMNについては日本が主体的に研究を展開してきた.
 2006年の最初の「IPMN/MCN国際診療ガイドライン」は日本が主導的に作成した.この国際診療ガイドラインが2012年に改訂され,公表された.2006年以後EUSの普及,多くの知見などが加わって5カ国のエキスパートが参加し,九州大学田中雅夫教授が引き続きとりまとめられた.日本膵臓学会膵嚢胞性腫瘍委員会の4つのチームの成果も加わったものである.MCNを疾患として明確にし,他ののう胞性疾患と区別したこと,分枝型IPMNについての自然史をほぼ明らかにしたこと,IPMNと関連する膵癌を併存膵癌と由来膵癌に分けてその存在を確認したことなどである.
 新しいガイドラインが公表されて1年半以上が経ったいま,臨床上での改良点,問題点が明らかになり始めた時期と思われる.
 本特集ではこれまでIPMN,MCN,SCNの各問題について検討されてきたエキスパートに現状と今後の問題を新しいガイドラインをもとに解説していただいた.日本が多くの検査機器を用いて症例精査,経過観察できる環境であることより,エビデンスレベルの高い研究成果がさらに生まれることを期待したい.またIPMNの併存膵癌については日本以外の国々での症例集積が必要と思われる.国際ガイドラインという枠の中で取り入れ可能なもの,日本では独自でも設ける必要があるものなど今後に残された課題は少なくないことを読み取っていただければ幸いである.(小泉 勝)


 

目次

〔巻頭言〕IPMN/MCN 国際診療ガイドライン2012 と残された課題
 …………………………………………………………………東北大学 下 瀬 川  徹…635
IPMN
 悪性度についての新しい基準
  ―画像診断におけるHigh-risk stigmata とworrisome features―
   ……………………………………………………… 産業医科大学 佐藤 典宏,他…639
 臨床病型分類と治療方針
  主膵管・混合型の診断と治療の現況……………………東海大学 中郡 聡夫,他…645
  主膵管型IPMN の切除範囲の決定は
   切除適応とその時期:手術が効果的な時期はいつか
   (病変の進展度から手術方法の選択はどのように変わるか)
    ……………………………………………… 東京女子医科大学 羽鳥  隆,他…649
  分枝型の画像診断による悪性度診断
   ─ High-risk stigmata とworrisome feature が設定された.
    これまでのデータからみてその有用性は?─……東北大学 菅野  敦,他…657
  分枝型-IPMN の手術適応は変わったか
   〜手術に対して消極的になるとされたが〜
    ─内科の立場から─…………………………… 東京医科大学 池内 信人,他…667
    ─外科側から─………………………………………千葉大学 大塚 将之,他…673
 EUS-FNAにより得られた膵液・嚢胞内容液を用いたIPMN良悪性判定の有用性………千葉大学 石原 武,他…679
 病変の悪性化と通常型膵癌の併存発生,切除後再発の診断
  ………………………………………………………… 自治医科大学 佐田 尚宏,他…687
 経過観察の精査方法,間隔,期間は
  (Slow growing はどの程度の浸潤まで臨床的に意味を持つか)
   …………………………………………………… JA 尾道総合病院 花田 敬士,他…693
 病理学的新たな視点
  IPMN/MCN 国際診療ガイドライン2012 年版に基づくIPMN の病理診断
   …………………………………… 埼玉医科大学国際医療センター 永田 耕治,他…701
  IPMN −組織学的亜型と分子病理学的知見
   ……………………………… 東京女子医科大学統合医科学研究所 古 川   徹…709


 IPMN 由来浸潤癌は通常型膵癌に比べ悪性度は異なるか
  ─ IPMN 併存膵癌とはどうか─
   …………………………… 仙台市医療センター仙台オープン病院 野田  裕,他…717
MCN とSCN
 MCN 臨床像:非典型例をどうとらえるか(男性,頭部),卵巣型間質は必須か
  ………………………………………… 愛知県がんセンター中央病院 佐藤 高光,他…725
 Mucinous Cystic Neoplasms(MCN)手術の適応は変わったか
  ………………………………………………………………山形大学 木 村   理…733
 漿液性嚢胞腫瘍(SCN)─手術適応はどこにあるか─ …九州大学 田村 公二,他…739
座談会“IPMN/MCN 診療の転換期─日本の成績が示すものは─” …… 747
 

バックナンバーはこちら