今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻4号・2017年10月号)
膵癌研究Cutting Edge−From Carcinogenesis to Metastatic Colonization−

「肝胆膵」(75巻5号・2017年11月号)
特集/臓器間ネットワークからみた肝胆膵の恒常性とその破綻

バックナンバーはこちら



 第67巻2号(2013年8月号) 特集/肝胆膵領域への放射線療法 as of 2013
定価(\)本体 2,900+税 送料(\) 150


編集後記

 今回の特集は「放射線治療」である.欧米と異なり悪性腫瘍の治療における放射線治療の比率が本邦では低いのが特徴とされてきた.その理由としては,いろいろな説明されてきた.国民の放射線アレルギーが被爆国としてある,などといったものもあるがらく本当のところは放射線治療に進む医師の絶対的な不足により,一般臨床医が放射線に接する機会が欧米に比して圧倒的に少ないことに起因するのだと個人的には思ってる.それほど,日本では癌診療における外科医の存在が絶対的なものであった.しかし,臨床研修のシステムが変更された後は,むしろ外科に進む医師が減ったためにいわゆるラインにも医師が進んでおり,その結果として欧米同様に放射線科にも進む医師が増加れば現況は変わりうるものであろう.さて,本特集号をお手にとっていただければわかように,放射線治療もずいぶんと機器が進化している.われわれが医師になったときの種と現在の機種では,さながら同時代のコンピュータを並べて比較しているのと同等以の差がありそうである.おもしろかったのは,今後の放射線治療の進化の方向性が日本外では異なりそうな点である.日本では重粒子線という,いわば戦艦大和級の大型照射置の導入が話題となっているが,海外ではどちらかというと高性能フリゲート艦の数的・質的な普及を優先しているという,政策上の相違である.日本の粒子線治療導入は,
現在のところ輸出を視野に入れた経産省主導でいわゆるアベノミクスの延長線上で行われているが,巨額の装置を導入するという問題点もある.その意味でも戦艦大和になぞらえているのは,歴史は繰り返すということなのか,あるいは戦艦大和に対する日本人固有のノスタルジアなのか,いずれにせよ後世の人間に評価されることであろう.ただし,世界の医学でのEBM は(フリゲート艦級の照射精度を高
めた)高性能な照射装置によってどんどん作られている.携帯電話同様に日本の放射線治療がガラパゴス化せぬように,むしろ世界をリードするEBM を創出できることを祈ってやまない.(上野 義之)


 

目次

〔巻頭言〕肝胆膵領域への放射線治療 ……………………千葉大学 宮 崎   勝… 169
放射線療法の基礎
 放射線療法の進歩………………………………………… 山形大学 根 本 建 二… 171
先端医療機器
 トモセラピー……………………………………… 福井県済生会病院 吉 田 正 徳… 177
 サイバーナイフ………………………… 仙台総合放射線クリニック 小 川 芳 弘… 185
 粒子線治療(Particle therapy) …… 兵庫県立粒子線医療センター 出水 祐介,他… 195
 最先端の機器Vero-4DRT とNovalis ……………… 都立駒込病院 唐 沢 克 之… 203
肝臓領域の放射線療法
 肝細胞癌治療アルゴリズムからみた放射線治療……… 東京大学 井垣  浩,他… 211
 肝細胞癌に対する放射線療法の現状と成績…… 武蔵野赤十字病院 細川 貴範,他… 221
 転移性肝癌に対する放射線療法の現状と今後………… 京都大学 飯塚 裕介,他… 227
 腫瘍栓に対する放射線療法……………………………… 北斗病院 岸  和史,他… 233
 肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療……………… 山梨大学 大西  洋,他… 253
 肝細胞癌への高精度X 線治療(IMRT・SBT/SBRT)
  ……………………………………………………… 三井記念病院 大 木 隆 正… 261
 肝腫瘍に対する陽子線療法の現状と成績……………… 筑波大学 奧村 敏之,他… 271
 肝細胞癌に対する重粒子線治療
  …………………… 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 安田 茂雄,他… 279
胆膵領域の放射線療法
 膵腫瘍に対する放射線療法の現状と成績……… 京都府立医科大学 中 村 聡 明… 285
 胆道腫瘍に対する放射線療法の現状と成績…………… 京都大学 中村  晶,他… 291
 胆膵領域の腫瘍に対する重粒子線治療
  ……………………………… 九州国際重粒子線がん治療センター 篠藤  誠,他… 301
未来の放射線治療の方向性
 未来の放射線治療の方向性…… 九州国際重粒子線がん治療センター 塩 山 善 之… 307
座談会“肝胆膵領域への放射線療法 as of 2013”
………………………………… 313
臨床研究
 大腸癌肝転移検出におけるGd-EOB-DTPA 造影MRI の有用性の検討
  …………………………………………………… 市立吹田市民病院 村上 昌裕,他… 329
 

バックナンバーはこちら