今後の特集のご案内

「肝胆膵」(76巻1号・2018年1月号)
特集/肝胆膵とアルコール −serendipityを目指して−

「肝胆膵」(76巻2号・2018年2月号)
特集/C型肝炎の新たな壁を越える次世代DAA治療

バックナンバーはこちら



 第65巻3号(2012年9月号) 特集/いわゆる良性腫瘍のマリグナントプログレッション
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 肝・胆道の悪性腫瘍は,多くは悪性度の高い癌であり,治療に難渋する.しかし,異型度の低い低悪性度腫瘍もあり,これらは進展に時間を要し,臨床的には良性腫瘍と分類された時代がある.胆道系では,胆管乳頭腫,胆管乳頭腫症が代表的であり,これらの腫瘍は長い経過観察後,浸潤,転移する例があり,現在では悪性化の可能性のある腫瘍(malignant potential) とされ,胆管内乳頭状腫瘍に含められている.また,肝臓では,かっては肝腺腫様過形成adenomatous hyperplasiaと分類された腫瘍性病変があり,悪性化する可能性があり,現在では高異型度のディスプラジア結節と診断される.類似の腫瘍は,膵臓にもあり,いわゆる分枝型のIPMNは,多くは良性あるいはmalignant potenitalを持った腫瘍であり,膵癌へと進展する例がある.

 これらの“いわゆる良性腫瘍”は,画像で容易に検出され,経過観察され,外科的に切除され,多くの研究が学会で発表され,誌上発表されている.しかし,どの時点で悪性転化(マリグナントプログレッション)したかを診断するのは,容易ではない.悪性転化の診断規準も病院により,刻々と進化する画像機器の登場により変化している.そして,最も驚くべきことに,この悪性転化の診断規準は,診断のgoldern standardであるべき病理においてさえ,時代とともに変遷し,新しい染色方法の登場により変貌し,また病理医により異なるのである.

 臨床,画像の進歩により,小型の肝腫瘍がどんどんみつかるようになり,最初は不慣れで良性のようにみえても,よくみれば,それは結局は小さい肝細胞癌であるのが,ひとつの経験的予測であった.しかし,古典的な悪性腫瘍と異なり,一見良性にみえる腫瘍のかなり結節は結局,良性なのかもしれない.“いわゆる良性腫瘍”をどの時点で悪性と診断するか,エビデンスを集積して,決めなければならない時代が到来したようである.

 読者の皆様にはこのような時代的背景をもとに,本特集を通読して頂ければ幸いです.

(中沼 安二)


 

目次

〔巻頭言〕良性腫瘍/低悪性腫瘍 (いわゆる良性腫瘍) のマリグナントプログレッション

   金沢大学 松 井   修…415

良性腫瘍,低異型度悪性腫瘍のマリグナントプログレッション

 良性腫瘍,低異型度悪性腫瘍のマリグナントプログレッション

   東京女子医科大学 古 川   徹…419

肝細胞性腫瘍

 異型結節 (デスプラジア結節) /早期肝細胞癌と高分化型細胞癌 (古典的)

  病理学的鑑別診断 国立がん研究センター 尾 島 英 知…425

  EOB低信号・非多血結節の追跡調査 信州大学 上田 和彦,他…435

  早期診断,癌化診断:最近のモダリティを用いて

金沢大学 北尾  梓,他…439

 肝細胞性腫瘍:肝細胞腺腫/過形成結節と癌化

  肝細胞腺腫の亜型と癌化の病理 金沢大学 佐々木素子,他…449

  アルコール多飲者にみられる多血性結節と癌化

金沢大学 小林  聡,他…457

胆道系腫瘍

 大型胆管・付属腺での良性腫瘍/低異型度悪性腫瘍と癌化

  悪性ポテンシャルのある小型胆管病変と癌化

金沢大学 池田 博子,他…463

  胆管内乳頭状腫瘍 (IPNB):診断・病理

千葉大学 大塚 将之,他…471

  胆管内乳頭状腫瘍 (IPNB):予後

獨協医科大学 窪田 敬一,他…479

  胆管内乳頭状腫瘍(IPNB):粘液, MUC発現からのアプローチ

    鹿児島大学 東 美智代,他…487

  胆管付属腺に発生するIPNBと悪性化 北海道大学 中西 喜嗣,他…495

  胆管内上皮性腫瘍BilINと癌化 金沢大学 佐藤 保則,他…503

  粘液嚢胞性腫瘍と癌化 獨協医科大学 蜂谷 裕之,他…511

  胆嚢のび慢性乳頭状過形成と癌化に関する病理学的アプローチ

   −膵管胆管合流異常例を中心に− 順天堂大学 福村 由紀,他…519

  胆嚢・胆管の腺腫および腺腫類似病変と癌化病理からのアプローチ

    弘前大学 吉澤 忠司,他…525



座談会“いわゆる良性腫瘍のマリグナントプログレッション”

中沼安二/角谷眞澄/高山忠利/尾島英知…531  

バックナンバーはこちら