今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻1号・2017年7月号)
特集/ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患

「肝胆膵」(75巻2号・2017年8月特大号)
特集/肝細胞癌の化学療法が変わる

バックナンバーはこちら



 第63巻5号(2011年11月号) 特集/嚢胞性膵腫瘍の新知見―膵臓学会嚢胞性膵腫瘍委員会全国調査の結果を踏まえて―
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

今回は,膵臓学会の企画した嚢胞性膵腫瘍の各種委員会の結果が公表され,節目となる現時点での最新知見を盛り込んだ.特にMCN,IPMNについては,今までの教科書に書いてあることが変わる内容が新たにでており,膵嚢胞性腫瘍の診断アルゴリズムに修正が必要となる重要な知見を共有し,この特集号を今後の診療にぜひ役立てていただきたい.

 また,座談会では,この分野のトップランナーである先生方が参加され,本音を語っていただいた.MCN・IPMN診療ガイドラインは,国際ガイドラインであるゆえグローバルスタンダードとして海外でそのまま通じる反面,日本での細やかな診断・治療にはそぐわない不明瞭なところもある.このガイドライン制定に重要な役割を演じた先生方が,それゆえ杓子定規にガイドラインを適応せず,日常診療での実際の活用現場がうかがい知れる発言部分が随所にある.細かな数値などは読み飛ばしていただいて結構と思うが,ここはぜひ着目していただきたい.ご自身はもとより,セカンドオピニオンを求められた時の参考として,座談会の発言を患者さんにみせても役に立つと思う.

 IPMNの悪性型については,IPMN由来浸潤癌に加え通常型膵癌の並存があり,この分野の専門家の間では周知の事実である.しかし,一般の消化器または病理医までには十分に浸透しているとはいいがたい.だまし絵を思い浮かべていただきたいが,この両者があるという認識がないと見過ごしてしまう.予後の大きく異なる病態であるがゆえ,より多くの方に知っていただき,今後IPMNのみならず早期膵癌診断への手がかりとして役立てていきたい.

                  (多田  稔)


 

目次

〔巻頭言〕嚢胞性膵腫瘍の新たな知見と残された課題

杏林大学 杉 山 政 則…715

嚢胞性膵腫瘍悪性像の病理学的特徴について

 IPMN由来浸潤癌の特徴

仙台市医療センター仙台オープン病院 野田  裕,他…717

 IPMN合併膵癌の定義および特徴

順天堂大学 信川 文誠,他…725

 Mucinous Cystic Neoplasm悪性例の病理像および頻度

   自治医科大学 福 嶋 敬 宜…731

 Serous Neoplasmの病理形態学的特徴−悪性例の病理組織学的特徴と

  診断のポイント−

昭和大学藤が丘病院 田尻 琢磨,他…737

膵嚢胞性腫瘍の全国調査で明らかにされた新知見の要点

 IPMN由来浸潤癌・IPMN併存膵癌の定義・頻度

産業医科大学 金光 秀一,他…749

 IPMN経過観察−全国集計から見えてきた事実と課題−

   手稲渓仁会病院 真 口 宏 介…759

 MCNは悪性例が多く原則切除は妥当か?

   愛知県がんセンター中央病院 小倉  健,他…765

 SCN全国集計で何が明らかになったか?

山形大学 渡邊 利広,他…771

IPMN新たな知見および常識の再検証

 IPMNの組織亜型(サブタイプ)分類の臨床病理学的意義

   東京女子医科大学 古 川   徹…779

 術前膵液を用いたIPMN組織亜型分類の試み

   千葉県がんセンター 原  太郎,他…785

 ガイドライン切除基準前後で切除症例の悪性頻度に変化はあったか?

   東京大学 青木  琢,他…795

 嚢胞性膵腫瘍に対するEUS-FNAの動向

東京医科大学 糸井 隆夫,他…801

 IPMN合併他臓器癌について−合併は本当に多いか?

東京大学 川久保和道,他…811

国際診療ガイドライン改定へ向けて

 IPMN/MCN国際診療ガイドライン改訂のポイントと今後の道のり

   九州大学 田 中 雅 夫…817

座談会“嚢胞性膵腫瘍の新知見―膵臓学会嚢胞性膵腫瘍委員会全国調査の結果を踏まえて―”

多田  稔/田中雅夫/柳澤昭夫/山雄健次/羽鳥  隆…………827



症例報告

 イトラコナゾールのパルス療法により発症した高度の黄疸を伴った薬物性肝障害の1症例−本邦および海外におけるイトラコナゾールによる薬物性肝障害の検討を含めて−

    市立奈良病院 原   祐,他…849  

バックナンバーはこちら