今後の特集のご案内

「肝胆膵」(76巻1号・2018年1月号)
特集/肝胆膵とアルコール −serendipityを目指して−

「肝胆膵」(76巻2号・2018年2月号)
特集/C型肝炎の新たな壁を越える次世代DAA治療

バックナンバーはこちら



 第63巻4(2011年10月号) 特集/混合型肝癌および胆管形質を示す肝細胞癌:肝ステム細胞のインパクト
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 混合型肝癌は,従来から知られている原発性肝癌の一型であり,頻度は原発性肝癌全体の1%とされている.学会では,症例報告あるいは数例の解析が発表されているが,この肝癌の詳細な解析の報告はほとんどない.

 固形癌での癌幹細胞の研究は約10年前から始まり,多くの研究成果が報告されている.肝でも,肝ステム細胞が細胆管,Hering管に分布する可能性が指摘され,また最近では胆管周囲付属腺にも分布することが明らかになり,新しい話題を提供している.

 混合型肝癌は,肝細胞への分化を示す腫瘍成分と胆管上皮への分化を示す腫瘍成分が混在した腫瘍であり,まさに肝ステム細胞の関与が強く示唆される肝腫瘍といえる.事実,混合型肝癌では,肝細胞癌とも胆管癌ともいえない中間型の腫瘍細胞をみることが多い.2010年,WHOが混合型肝癌分類を改訂した.この分類では,従来の混合型肝癌に加え,肝ステム細胞の関与が積極的に示唆されるいくつかの亜型も加えている.具体的な診断規準が示されていないので,その使用にあたっては混乱が予想されるが,新しいチャレンジングな分類の提唱であり,次回の改訂時までには,新分類を用いた多くの研究が期待され,よりポリッシュされた形の混合型肝癌の分類改訂が発表されると期待したい.

 また,最近,胆管形質を示す肝細胞癌,あるいは肝ステム細胞の像を示す肝細胞癌が注目され,その腫瘍発生と臨床病理学的特徴が解析され,予後を含めた成績が集積されつつある.特に,TACEなどの治療後に再発する肝細胞癌では,胆管形質を示す肝細胞癌の多いことが注目され,癌ステム細胞の関与が考えられる.

 この特集では,2011年のこの時点での混合型肝癌とその周辺疾患,さらに肝癌での癌ステム細胞がレビューされており,さらに胆管形質を示す肝細胞癌の臨床的意義が紹介してある.新たな肝細胞癌研究の出発点になることを期待したい. (中沼 安二)


 

目次

〔巻頭言〕肝幹細胞・前駆細胞と肝癌

久留米大学 神 代 正 道…551

混合型肝癌(肝癌取扱い規約を中心に)

 病理

  混合型肝癌の病理

久留米大学 中 島   収…553

 疫学臨床

  混合型肝癌の疫学:全国集計を中心に

近畿大学 北井  聡,他…559

  混合型肝癌における画像所見

信州大学 藤田 幸恵,他…565

  混合型肝癌の臨床・生化学的特徴

大垣市民病院 多田 俊史,他…573

  肝細胞癌と肝内胆管癌の同時性,異時性重複癌:

   臨床病理学的特徴と予後

山梨大学 松田 政徳,他…583

  混合型肝癌における予後と治療

東京女子医科大学 有泉 俊一,他…593

 周辺腫瘍

  肝臓の癌肉腫

帝京大学 高橋 芳久,他…601

  ヘパトイド(肝様腺癌)と混合型肝癌:類似点, 相違点を中心に

    金沢大学 池田 博子,他…607

混合型肝癌(新WHO分類を中心に)

 病理

  混合型肝癌の病理:WHOの新たなチャレンジ

   −周辺腫瘍との異同,比較を含めて−

金沢大学 中沼 安二,他…615

 サブタイプ

  細胆管癌の病理:肝ステム細胞との関連

金沢大学 佐々木素子,他…625

  細胆管癌の臨床・画像診断

九州大学 浅山 良樹,他…635

  中間型肝細胞癌(類縁腫瘍を含めて)

久留米大学 鹿毛 政義,他…641

  典型的ステム細胞像を伴った混合型肝癌:いわゆる

   肝ステム細胞像を伴った硬化型肝細胞癌

金沢大学 原田 憲一,他…647

胆管形質を示す肝細胞癌の臨床と分子生物学

 肝細胞癌における胆管形質の発現:肝ステム細胞の意義を中心に

   国立がん研究センター 森  泰昌,他…653

 CK19陽性肝細胞癌の臨床病理学的特徴と発生機構の基礎的検討

   金沢大学 米田 憲秀,他…661

 サイトケラチン19陽性肝細胞癌の臨床学的特徴

大阪市立大学 上西 崇弘,他…671

 肝細胞癌術前治療と胆管形質の出現

九州大学 相 島 慎 一…677



座談会“混合型肝癌および胆管形質を示す肝細胞癌:肝ステム細胞のインパクト”

中沼安二/尾島英知/有井滋樹/山下太郎………………………………683  

バックナンバーはこちら