今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻6号・2017年12月号)
特集/胆管内腔発育型腫瘍の概念と実態

「肝胆膵」(76巻1号・2018年1月号)
特集/肝胆膵とアルコール −serendipityを目指して−

バックナンバーはこちら



 第63巻3号(2011年9月号) 特集/肝胆膵疾患と栄養療法の最前線
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 たとえば,「筋肉は第二の肝臓である.」「C型慢性肝炎には鉄は抑制すべきである.」「急性肝不全にアミノ酸負荷は禁忌である.」「糖尿病の死因の8〜9%は肝硬変である.」「NASHは肝細胞癌の第三の死因である」など近年,肝臓病と栄養成分と栄養療法,ひいては肥満などとの関連性が示唆されるようになってきた.それではそれら疾病を有している人たちにどれだけ適切な栄養指導,栄養療法が行われているか自分自身の経験からはなはだ心許ないところがある.肝臓病だけに限らず,肝胆膵疾患全般に栄養療法がどれだけのエビデンスを有しているのか再評価したいと考えた.このような目的で肝胆膵疾患に栄養療法がどこまで必要で,どこまでエビデンスがあるかをまとめていきたいと思い,本特集を企画した.今回は「頑張れ東北」を合言葉に多くの岩手,宮城,福島,茨城の先生がたに元気な姿を読者に垣間みていただこうと執筆者も厳選した.

 編者の期待に応えて,肝臓病になぜ栄養療法が必要か?から始まり総論,各論と多くの先生がたの熱い思いがこの特集に表れていると感じた.本特集の座談会ではつたない司会ではあるが,自分自身の疑問を見事に3名のExpertに解きほぐしていただいた.編者自身にもおおいに勉強になった.

 これからは薬物療法と栄養療法が二大柱になって慢性肝疾患患者さらには胆道,膵臓疾患患者の基本的治療指針の中心になるものと信じる.事実,各病院で管理栄養士とともにNSTなど栄養療法に関心を持つようになりつつある.ぜひとも栄養療法という一つの治療概念,治療理念を心にとめて診療にあたっていただきたいと切に望むところである.

 甚大なる被害に遭遇された東北地方の先生方には,大変な環境下においても快く執筆に応じて頂きましたことに深く感謝いたします.

               (市田 隆文)


 

目次

〔巻頭言〕肝胆膵疾患における栄養療法の新しい潮流

   岩手医科大学 鈴 木 一 幸…359

肝臓疾患と栄養療法

 基礎部門

  栄養療法の基礎:肝臓病になぜ栄養療法が必要か?

    京都府立大学 桑波田 雅 士…361

  栄養評価,栄養状態の客観的評価指標

徳島大学 中屋  豊,他…367

  肝硬変に出現する血漿アミノ酸不均衡が免疫機構に与える影響

    東北大学 嘉数 英二,他…375

  タンパク質・アミノ酸代謝異常

岐阜大学 森 脇 久 隆…383

  肝臓における糖質代謝異常

福島県立医科大学 高橋 敦史,他…391

  脂質代謝異常

国立病院機構九州医療センター 中牟田 誠,他…399

  ビタミン・ミネラル代謝異常

大阪府立成人病センター 片 山 和 宏…407

  肝切除術におけるimmunonutrition

大阪府済生会中津病院 土 師 誠 二…417

  肝切除における栄養管理

東北大学 川岸 直樹,他…425

 臨床部門

  急性肝炎の栄養療法

獨協医科大学 鈴木 壱知,他…431

  C型慢性肝炎に対する鉄制限食の意義

川崎医科大学 是永 圭子,他…439

  脂肪肝・非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に対する栄養療法

    高知大学 増田 弘誠,他…445

  肝硬変・肝癌の栄養療法

盛岡市立病院 加藤 章信,他…453

  肝臓外科周術期の栄養管理(肝臓移植)

京都大学 岩崎 純治,他…461

  分岐鎖アミノ酸(BCAA)を中心とした薬物療法の意義

    慶應義塾大学 加藤 眞三,他…467

  肝硬変患者の栄養ガイドライン

岩手医科大学 遠藤 龍人,他…475

胆道, 膵疾患と栄養

 胆石,慢性胆のう炎と栄養療法

東京医科大学 池 上   正…487

 急性膵炎の栄養療法

近畿大学 竹 山 宜 典…495

 慢性膵炎と栄養療法

弘前大学 柳町  幸,他…503

 膵頭十二指腸切除術後の経腸栄養

新潟大学 皆川 昌広,他…511

 膵頭十二指腸切除術におけるimmunonutrition

千葉大学 古川 勝規,他…517



座談会“肝胆膵疾患と栄養療法の最前線”

市田隆文/加藤章信/東口志/岩田加壽子………………………………525  

バックナンバーはこちら