今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻4号・2017年10月号)
膵癌研究Cutting Edge−From Carcinogenesis to Metastatic Colonization−

「肝胆膵」(75巻5号・2017年11月号)
特集/臓器間ネットワークからみた肝胆膵の恒常性とその破綻

バックナンバーはこちら



 第62巻5号(2011年5月号) 特集/Genome Wide Association Studyは肝胆膵診療をいかに変えるか?
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 今月号の特集案を企画して,原稿を多くの先生方から頂戴し,これから再び編集の作業が本格化すると思っていた金曜日の午後に突然大地が揺れた.丁度移動の車の中で信号待ちであったが,振動がどんどん大きくなって全然止まない.それどころか近くのビルからガラスが落ちたり,ビルの塗装が吹っ飛んで粉みたいなものが舞っているのがみえる.大きな揺れがずっと続き,その間に何回強い揺れがあったがあまり細かいことは覚えていない.10分ほど立ってようやく揺れが小刻みになると建物から人が沢山出てき始めた.電気が落ちているのはすぐに分かった.信号もすべて落ちてしまっているので前の車もほとんど動かなくなってしまった.街自体はとても静かになってしまったが,車のラジオから地震について何かいっているのが遠くのほうで聞こえる.津波がくるかもしれないのですぐに退避を呼びかけてはいる.東北の日没は早く,寒い.何も持たず,真っ暗の道を歩いて体育館に入り,そこにいた多くの人と揺れ続ける夜を過ごした.電話などは相変わらず通じず,ネットもまるでダメであった.なんとか病院の安否確認を済ませる.新しい病院は被害はそれほどなかったが,研究室や医局は本当にめちゃくちゃになっていた.電源はもどることもなく,ディープフリーザーのアラームがあちこちで鳴っている.インキュベーターもひっくり返って,培養液が漏れているが,為す術もない.1週間ほどして医局の電源は戻ったが細胞や臨床検体はすべて失ったことがわかった.けれど人は失わなかった.沿岸部の被災地にも行った.寒い体育館にストーブ1台と毛布2, 3枚という状況で皆口数も少なかった.避難所には持病がありそうな方が溢れていたが,まずは家族の安否もわからない人ばかりで,継続医療などを呼びかけても皆上の空の状態だった.

 ガラクタとなった事務室を片付けていると,イタリアに住む知人から激励の言葉を貰った.概略すると,「こんな状況だからこそ,私は死んでも来年仙台にいかねばならない.このような災害に対する捉え方も新たな復興から繁栄のための第一歩と考えて,いかに長い目で物事を捉えるか大事で,それがその後のあらゆるシステムを決めてしまい,国の行く末までも規定される.」ということで,普段ローマ帝国や十字軍のことを書いている人らしい広い視野でのアドバイスだった.

 確かに生き残ったということは素晴らしい.多くを失ったが,これはscrap & buildの前半を終えただけ.

 友人はこうもいった.「あなたたちの世代が,国の将来について責任をもってデザインをしなくてはならないのです.これは石原慎太郎や菅直人たちの世代ではできないことです.狭いところに隠れてないで,もっと矢面にたって世のためになりなさい.」

 自分のせねばならないことをやって前を向くしかない.諸先生よりお預かしした原稿を読んでいると自分の根っこがどこに生えているか改めて思い知らされる.そこに感謝して,今月号の編集から歩みを始めよう.(上野義之)


 

目次

〔巻頭言〕Genome Wide Association Studyは肝胆膵診療をいかに変えるか?

   山梨県立病院機構 小 俣 政 男…859

GWAS研究の総論

 成長期にあるゲノム医学研究 京都大学 松 田 文 彦…861

 GWASを支える技術の進歩

   理化学研究所ゲノム医科学研究センター 角 田 達 彦…865

 GWASがもたらす倫理的な課題

   東京大学医科学研究所 武 藤 香 織…873

 GWAS研究の進め方 国立国際医療研究センター 西田 奈央,他…879

肝胆膵疾患各論

 肝・胆道系の血液検査値の遺伝要因を規定するヒトゲノム配列多様性,

  ならびにオーダーメイド医療への展望

    Fondation Jean Dausset - Centre d'Étude du Polymorphisme Humain 鎌 谷 洋一郎…887

 B型肝炎に影響を与える個体差

   国立国際医療研究センター 伊 藤 清 顕…897

 IL28B遺伝子多型に基づいたC型肝炎診療の展望

   名古屋市立大学 渡邊 綱正,他…903

 C型肝炎治療とITPAの関連 広島大学 越智 秀典,他…911

 GWASによるC型肝癌感受性遺伝子の同定

   東京大学医科学研究所 加藤 直也,他…919

 HCCに関係する個体差トランスクリプトームの解析から

   金沢大学 本多 政夫,他…927

 HCCとエピゲノム 東京大学医科学研究所 金 田 篤 志…933

 PBCに関与するHLA個体差

   国立病院機構長崎医療センター 中村  稔,他…945

 先天性代謝疾患を規定する個体差 東北大学 福島 耕治,他…953

 膵臓癌と遺伝子多型 東京大学 浅 岡 良 成…961

 急性膵炎・慢性膵炎に関連する遺伝子多型

   東北大学 正宗  淳,他…967

 NASHに関係するリポ蛋白遺伝子 高知大学 宗景 玄祐,他…977



座談会“Genome Wide Association Studyは肝胆膵診療をいかに変えるか?”

上野義之/坂本直哉/丸澤宏之/小俣政男………………………………985

 

バックナンバーはこちら