今後の特集のご案内

「肝胆膵」(74巻6号・2017年6月号)
特集/自己免疫性肝・胆管疾患のupdate

「肝胆膵」(75巻1号・2017年7月号)
特集/ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患

バックナンバーはこちら



 第61巻5号(2010年11月号) 特集/肝疾患の地域連携医療─肝疾患診療連携拠点病院, 公費助成制度, 治療計画の運用
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 薬害肝炎訴訟(フィブリノーゲンによるC型肝炎ウイルス,予防接種によるB型肝炎ウイルス感染)などで国の責任を認める判決が相次いでいることを背景に,厚生労働省は平成19年度から総合的な肝炎対策を推進,強化し地域ごとにばらつきが指摘される治療水準を均一化するために,治療拠点となる肝疾患診療連携拠点病院を選定することとなった.その謳い文句として,@肝疾患にかかる一般的な医療情報提供,A県内の肝疾患に関する専門医療機関などに関する情報収集,B医療従事者や地域住民を対象とした研修会や講習会の開催や肝疾患に関する相談支援,ならびに,C肝疾患に関する専門医療機関と協議の場の設定などをあげられている.そして,その要件として高度専門的・集学的医療提供が義務つけられ,専門的な知識を持つ医師による治療方針の決定,インターフェロンなどの抗ウイルス療法,肝がんの高危険群の同定と早期診断などがその具体的な内容とされている.

 さらに,公費助成としてHCVだけでなくHBVに対する核酸アナログ製剤にもその適用が拡大され,また非代償性肝硬変や肝移植後の免疫抑制剤投与中のレシピエントにも障害者認定が認められ,肝疾患に対する医療助成が本格化しつつあるように感じることができる.そこで,肝疾患の地域連携医療に密接に関係する医療従事者の現場の意見をくみあげ,この医療制度をしっかり把握しここにまとめることは公費助成実施施設や肝炎拠点病院,保健所など関係者の福音になると考えこの特集を企画した.厚生労働省や肝炎情報センター,さらには実地医療を推進中の方々に執筆を賜り,立派なガイドブックが完成したと自負している.前例のないこの医療体制を推進している訳であるから,今後はさまざまな問題点が出てくると思われる.この書をじっくり読んで頂き,時に立ち停まって考えることが重要だし,また走りながら患者を救う医療の推進も必要である.

 この特集を活用して頂くことにより,実地医療でのますますの発展が叶えば特集を組んだ意義が高まる.そして,この医療の完結を願う次第である.

                 (市田 隆文)


 

目次

 〔巻頭言〕肝疾患の地域連携医療─肝疾患診療連携拠点病院, 公費助成制度,

     治療計画の運用─ 国立国際医療研究センター 溝 上 雅 史…709

拠点病院

 肝疾患診療連携体制の整備 厚生労働省健康局 丸本 芳雄,他…711

 肝炎情報センターの役割 国立国際医療研究センター 正 木 尚 彦…721

 県行政からの視点 静岡県健康福祉部医療健康局 竹 内 浩 視…731

 拠点病院からの視点 順天堂大学医学部附属静岡病院 玄田 拓哉,他…737

 開業医からの視点

  肝疾患の地域連携医療 宜保消化器科内科クリニック 宜 保 行 雄…743

各地域の取り組み

 石川県の取り組み 金沢大学 酒井 明人,他…753

 山梨県における肝炎対策 山梨大学 坂本  穣,他…763

 広島県におけるC型肝炎の診療体制作り 広島大学 高橋 祥一,他…773

 埼玉県の取り組み 埼玉医科大学 持田  智,他…781

 長野県の取り組み 信州大学 吉澤  要,他…791

医療連携パス

 HBV治療と医療連携パス 千葉大学 横須賀 收,他…799

 C型慢性肝炎インターフェロン療法地域連携クリティカルパス

   国立病院機構熊本医療センター 杉  和洋,他…807

 長崎県での医療連携―IFN手帳とあじさいネット

   国立病院機構長崎医療センター 八橋  弘,他…819

 NAFLD/NASH診療の医療連携パス 大阪府済生会吹田病院 水野 雅之,他…829

 肝細胞癌治療と医療連携パス 東京医科大学茨城医療センター 池上  正,他…837

公費助成制度と障害者認定の詳細とそのポイント

 肝疾患の地域連携計画 武蔵野赤十字病院 泉   並 木…847

 B型肝炎とC型肝炎治療薬 川崎医科大学 富山 恭行,他…853

 肝移植と免疫抑制剤 福岡大学 竹山 康章,他…861

 非代償性肝硬変 奈良県立医科大学 福 井   博…871



座談会“肝疾患の地域連携医療−肝疾患診療連携拠点病院,公費助成制度,治療計画の運用−”

市田隆文/溝上雅史/吉澤 要/山田剛太郎…………………879



海外学術集会紀行

 EASL Volcano 顛末記 国立国際医療研究センター 溝 上 雅 史…893  

バックナンバーはこちら