今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻4号・2017年10月号)
膵癌研究Cutting Edge−From Carcinogenesis to Metastatic Colonization−

「肝胆膵」(75巻5号・2017年11月号)
特集/臓器間ネットワークからみた肝胆膵の恒常性とその破綻

バックナンバーはこちら



 第61巻2号(2010年8月号) 特集/門脈血行動態の異常:基礎および臨床からのアプローチ
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

肝臓には,門脈および肝動脈を介し大量の血液が流れ込み,これらの血液は肝類洞を灌流する.これらの血液灌流は,生化学工場としての肝臓,また免疫臓器としての肝臓に必須である.門脈には,外界と接している腸管からの血液,また脾臓や膵臓からの血液が流入する.脾臓からは,多くの生理学的活性物質,特に,TNFαなどのサイトカインが流入する.また,膵臓からは多くのホルモンが流入する.病理学的な観点からすれば,腫大した脾臓は,肝臓にとってはhostileであり,膵臓は肝臓にとってfriendlyといえる.

 本特集では,門脈圧亢進症,肝血行動態異常の診断・病態,またIVRを中心とした治療に関する最近の臨床展開が紹介されている.近年の画像機器の進歩,特に血管の走行やバイパスなどの画像には目を見張るものがある.病理解剖や外科的切除材料では,血管系,特に静脈系は虚脱しており,肉眼でこれらの血管系を追跡するのは至難の技である.しかし,近年の画像機器の進歩は,これらのタスクを,いとも簡単に,見事に可視化しており,病理医にしてみれば,まさに奇跡である.これらの画像を駆使した,診断,IVRの進歩が本特集で紹介されている.

 わが国では,難治性あるいは稀少な疾患の調査,研究を目的として厚労省特定疾患調査研究班が組織されている.その一つである門脈血行障害調査研究班では,現在も特発性門脈圧亢進症やバッドキアリ病,肝外門脈閉塞症に関する研究が行われている.これらの疾患は,わが国では激減している.しかし,インドや中央アジア,またその他の地域では,これらの疾患は依然として多い疾患である.この研究班から発信された情報は,少数ではあるがわが国でこれら疾患に苦しんでいる患者,また日本以外の諸国で苦しんでいる多くの患者の治療に役立っている.この研究班での最近の業績が,本特集企画の冒頭の三分の一を飾っている.読者の皆様には,このような時期にあっても,これら稀少な疾患に関して,わが国で地道な研究が着実に行われていることを知って頂ければ幸いである.(中沼 安二)


 

目次

〔巻頭言〕門脈血行異常の診断, 治療をめぐる諸問題

  東京医科大学 森 安 史 典…129

肝血行動態の病態解析:最近の展開

 特発性門脈圧亢進症の病理と病態 金沢大学 佐藤 保則,他…133

 Budd-Chiari症候群の成因と病態 琉球大学 國 吉 幸 男…141

 門脈圧亢進症における脾臟の役割:免疫病理学的観点から

   新潟大学 佐 藤 好 信…149

 血液/肝組織を用いた新たな門脈血行異常症の解析

   大阪市立大学 森川 浩安,他…161

 門脈血行異常症と血液凝固関連遺伝子 名古屋大学 小 嶋 哲 人…167

 門脈圧亢進症と NO / Endothelin 東京医科歯科大学 野口 典男,他…175

肝血行動態異常の臨床 : 最近の臨床的展開

 門脈血行異常症の画像診断uptodate 金沢大学 小林  聡,他…181

 異所性静脈瘤の実態─その診断と治療─

   東海大学医学部八王子病院 渡辺 勲史,他…191

 食道・胃静脈瘤に対するIVRの最近の進歩 大東中央病院 中 村 健 治…199

 B-RTOの有用性─長期的予後を含めて― 久留米大学 熊本 正史,他…213

 肝移植術前術後と門脈血行異常 長崎大学 江口  晋,他…223

 成人生体肝移植におけるSmall-for-size grafts 熊本大学 山本 栄和,他…235

門脈圧亢進症の治療

 脾摘か部分脾動脈塞栓術(PSE)か 日本医科大学多摩永山病院 吉田  寛,他…243

 門脈圧亢進症性胃症の診断と治療 東海大学医学部付属東京病院 西崎 泰弘,他…249

 門脈血栓症の診断と治療 千葉県立保健医療大学 松谷 正一,他…259

 門脈圧亢進症に対する薬物療法 北里大学東病院 日 高   央…269

 小児の門脈圧亢進症の病態と治療

   済生会横浜市東部病院こどもセンター 藤澤 知雄,他…277

 内視鏡治療 福島県立医科大学附属病院 小 原 勝 敏…285



座談会“門脈血行動態の異常:基礎および臨床からのアプローチ”

中沼安二/橋爪 誠/國分茂博/磯部義憲  

バックナンバーはこちら