今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻2号特大号・2017年8月特大号)
特集/肝細胞癌の化学療法が変わる

「肝胆膵」(75巻3号・2017年9月号)
特集/膵・胆道癌の早期診断を目指せ!

バックナンバーはこちら



 第60巻4号(2010年4月号) 特集/肝疾患における血液生化学検査,肝炎ウイルスマーカー,腫瘍マーカーの見方
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

肝臓は生体最大の臓器で,総合化学工場として生命維持に必須な種々の役割を果たしている.その肝臓の細胞に好んで感染し増殖する肝炎ウイルスや大量飲酒に起因する肝障害や自己免疫性肝障害などで,世界中で多くの人々が肝硬変・肝癌あるいは劇症肝炎で命を落としてきた.そして近年は贅澤病ともいえる生活習慣病を背景にした脂肪肝(NAFLD)がわが国でも増加し,1,000万人を超す罹患者がいる.ウイルス肝炎やNAFLD患者の大半は予後良好であるが,その中から肝硬変や肝癌に進展する可能性が高い症例を早期に発見し,適切な治療を行うことが重要である.何故なら,B型やC型肝炎への治療の進歩は目覚しく,多くの症例が完治あるいは良好なコントロール下に置くことができる時代になったからである.またNAFLDも早期に適切な生活指導や薬物療法を行えば肝硬変や肝癌への進展を防止できる.多くの肝疾患の確定診断は組織学的に下されてきたが,肝臓の病態や原因を探る血液検査の進歩は著しく,種々の検査を組み合わせることで肝疾患の原因はもとより病態や予後をかなり正確に把握することができる.古い検査であるCBCやAST,ALTからでも肝臓の病態や予後の推測に重要な情報が得られことがあり,また3種類の線維化マーカーのうち2つを組み合わせると線維化の程度のみならず,現在進行中の線維化か否かの鑑別もできる.わが国の3大肝疾患ともいえるウイルス肝炎,アルコール性肝障害,NAFLDは本書に記載されているように,極めて正確に病態把握や予後の推測,治療の適応決定ができる時代になった.進歩する検査を正しく理解し,うまく利用することで治療適応,病態把握,予後予測などが可能であり,その意味から肝臓専門医はもとより非専門医や研修医も本書を是非一読して頂き,日々の臨牀に利用して頂ければ幸いである.簡便かつ有益な情報により多くの臨牀医に役立つ内容と確信している.各執筆者に感謝し,編集後記とする.               (岡上  武)


 

目次

〔巻頭言〕 血液生化学検査の進歩 山梨県特別顧問 小 俣 政 男…513

肝疾患における血液生化学検査の臨床的意義

 肝生検と血小板数とC型肝炎発癌 山梨県特別顧問 小 俣 政 男…515

 AST,ALT,AST/ALT 大垣市民病院 熊田  卓,他…521

 ALP,γ-GTP 東京女子医科大学 谷合麻紀子,他…531

 プロトロンビン時間, ヘパプラスチンテスト, HGF 鹿児島大学 熊谷公太郎,他…537

 脂質一般検査 金沢大学 太田 嗣人,他…541

 高感度CRP 川崎医科大学 川中 美和,他…549

 可溶型CK-18 大阪大学 竹 原 徹 郎…555

 線維化マーカー 鳥取大学 村脇 義和,他…559

 自己抗体,免疫グロブリン,KL-6 愛媛大学 熊木 天児,他…569

 アミノ酸分析,アンモニア 岐阜大学 白木  亮,他…579

 フェリチン,血清鉄,鉄飽和度 旭川医科大学 大竹 孝明,他…587

 IRI,HOMA-IR,アディポサイトカイン 山形大学 佐々木 悠,他…595

 Indocyanine Green(ICG)試験の見方 東京医科歯科大学 工 藤   篤…603

肝炎ウイルスマーカー

 A型肝炎ウイルスマーカー 千葉大学 藤原 慶一,他…613

 B型肝炎ウイルスマーカー

  抗原・抗体系(HBs抗原,IgM-HBc抗体,HBc抗体,HBe抗原,

   HBe抗体,HBV DNA,HBコア関連抗原) 信州大学 田 中 榮 司…625

  B型肝炎ウイルスのゲノムマーカー 名古屋市立大学 杉山 真也,他…631

 C型肝炎ウイルスマーカー

  抗原・抗体系 川崎医科大学 仁科 惣治,他…643

  遺伝子型・Core aa70/91・NS5A-ISDR/IRRDR 虎の門病院 芥田 憲夫,他…649

  IL28B 東京医科歯科大学 坂本 直哉,他…657

 E型肝炎ウイルスマーカー 国立感染症研究所 李   天 成…661

腫瘍マーカー

 AFP濃度,AFP L3分画,PIVKA-U 新潟大学 青柳  豊,他…669

 CEA,CA19-9,新規腫瘍マーカー 三重大学 白木 克哉,他…681

B型肝炎抗ウイルス療法前に行うべき検査 京都府立医科大学 南   祐 仁…687

C型肝炎抗ウイルス療法前に行うべき検査 藤田保健衛生大学 川部 直人,他…691

単純性脂肪肝とNASHの鑑別に重要な検査 市立奈良病院 角田 圭雄,他…697



座談会

座談会“肝疾患における血液生化学検査,肝炎ウイルスマーカー,腫瘍マーカーの見方”

岡上武/山田剛太郎/市田隆文/上野義之………………………………707



症例報告

塩酸ゲムシタビンが著効し20カ月の生存が得られたSister Mary Joseph’s Noduleを伴った膵尾部癌の1症例 島根大学 平原 典幸,他…725  

バックナンバーはこちら