今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻2号特大号・2017年8月特大号)
特集/肝細胞癌の化学療法が変わる

「肝胆膵」(75巻3号・2017年9月号)
特集/膵・胆道癌の早期診断を目指せ!

バックナンバーはこちら



 第59巻2号(2009年8月号) 特集/急性膵炎―今日の視点
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 1991年の難病指定後,重症急性膵炎に対する診断・治療,とくに早期診療の重要性の認識が広まり,厚労省研究班の検討では,1982〜1986年の重症急性膵炎の致命率が30%,1995〜1998年21%,2003年では8.9%まで低下したと報告された.これには重症急性膵炎が難病としての理解の広がりと共に国より医療給付が行われ積極的な治療が行われてきたことも関与していると思われる.

 最近では「エビデンスに基づいた急性膵炎の診療ガイドライン」,「急性膵炎における初期診療のコンセンサス」が出版され,第2版に改訂され,多くの医師に活用されている.しかし急性膵炎全体の致命率は2003年の例で2.3%,また改訂された基準での重症急性膵炎の致命率は2003年と2006年では19.5と19.0%で変わっておらず,急性膵炎への取り組みは緩めることが出来ない.

 前回の特集号からの4年間の進歩,明日への展開を期待できる項目を取り上げた.2007年の臨床診断基準と重症度分類の改訂はとくに大きいものといえる.致命率が低下し難病との認定が問題視された重症急性膵炎がその重症度の判定法を大きく変えた.CT所見の画像診断を独立させ,検査項目を少なくし,臨床徴候と組み合わせた.その結果今回の重症度判定基準で重症急性膵炎と判定されるとその致命率は19.1%となった.中等症の区分がなくなり,初回軽症と判定された死亡例の存在が今後問われると思われる.

 本号では臨床的に大きな問題であるERCP後急性膵炎についても3人の専門家に解説して頂いた.診断における問題,予防と薬剤治療,さらには進化し続けている内視鏡技術による予防策の現状である.

 急性膵炎には難病で死に至る重症例は確実に存在することを忘れてはならない.本特集が急性膵炎の重症化の阻止,適切な治療を通じて致命率の改善に寄与することを期待する.

   (小泉 勝)


 

目次

〔巻頭言〕急性膵炎─救命率を改善するには

   産業医科大学名誉教授 大 槻   眞…161

基礎

 急性膵炎の発症における細胞内イベント 熊本地域医療センター 廣田 昌彦,他…165

 急性膵炎と修飾する遺伝子異常 東北大学 粂   潔,他…173

急性膵炎の疫学と診断

 疫学―急性膵炎の実態 全国疫学調査および特定疾患登録からみた急性膵炎の現状

   産業医科大学 木原 康之,他…181

 膵酵素,尿中トリプシノーゲン2の急性膵炎診断への有用性

   三好町民病院 成瀬  達,他…187

 ガイドライン改訂のポイントについて―搬送基準など

   国際医療福祉大学 吉田 雅博,他…193

 急性膵炎の重症度判定基準の改訂 国立病院機構仙台医療センター 武 田 和 憲…201

 急性膵炎重症化予知の現状

   九州大学 五十嵐久人,他…209

重症急性膵炎の病態と治療 

 重症急性膵炎における膵虚血─膵血流評価方法としての

  Perfusion CTの有用性と現状─ 京都大学 辻  喜久,他…219

 急性膵炎に対する予防的抗菌薬投与

   栗原市立栗原中央病院 佐藤 晃彦,他…233

 重症急性膵炎への蛋白分解酵素阻害薬および抗菌薬動注療法の限界

   京都府立医科大学 阪上 順一,他…239

 急性膵炎における経腸栄養療法の現況 近畿大学 竹 山 宜 典…247

 急性膵炎難治性合併症(膵膿瘍,膵仮性嚢胞)に対するアプローチ―内科的

  アプローチの進展:内視鏡的治療の進歩― 福島県立医科大学 入澤 篤志,他…255

 急性膵炎難治性合併症に対する外科的アプローチ 札幌医科大学 平田 公一,他…263

ERCP後急性膵炎を巡る問題

 ERCP後膵炎の診断 東海大学 峯  徹哉,他…275

 ERCP後膵炎の薬剤(蛋白分解酵素阻害薬など)による予防

   東京大学 辻野  武,他…281

 Wire-guided cannulationおよび膵管ステントによるERCP後膵炎予防

   東京医科大学 糸井 隆夫,他…289



座談会“急性膵炎−今日の視点”

小泉  勝/桐山勢生/片岡慶正/伊佐地秀司………………………………299



学会印象記

 第95回日本消化器病学会総会 印象記(胆膵分野における話題)

   東京大学 笹 平 直 樹…316



特別座談会 “肝癌根治療法とBCAA〜術前後の栄養療法と肝癌再発〜”

兼松隆之/花崎和弘/渡會伸治/土師誠二………………………………319  

バックナンバーはこちら