今後の特集のご案内

「肝胆膵」(74巻6号・2017年6月号)
特集/自己免疫性肝・胆管疾患のupdate

「肝胆膵」(75巻1号・2017年7月号)
特集/ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患

バックナンバーはこちら



 第59巻1号(2009年7月号) 特集/自己免疫性肝炎2009
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 久々ぶりの自己免疫性肝炎AIHの特集である.この10年の間に,医学,科学は飛躍的に進歩し,他の肝疾患,特にウィルス性肝炎やNAFLD/NASH,また肝細胞癌では,その臨床研究や治療法の開発,その病因・病態研究において,多くの成績が発表され,長足の進歩がみられた.しかし,AIHの原因は依然として不明である.また,その定義や診断基準も,種々提唱され,いまだに改訂が行われている.この疾患の多様性が関連していると思われる.

 AIHの病因・病態に関して,多くの仮説が提唱され,また検証されてきた.特に,抗核抗体を中心に自己抗体の研究やその臨床的意義が検討され,標的抗原に関しても,多くの論文が発表された.肝細胞膜に存在する抗原,核に存在する抗原が抽出され,解析され,これらの抗原をめぐる免疫学的な機序が研究されてきた.しかし,依然として,その意義と免疫機序は不明である.地域や個人により,異なっているのかもしれない.同じ個人でも,時期により,標的抗原や免疫機序が異なるのかもしれない.なんとも難解な疾患である.

 AIHに類縁する疾患,あるいはバリアントも,この10年でかなり明らかとなって来た.自己免疫性膵炎に端を発したIgG4関連疾患の研究で,IgG4関連の自己免疫性肝炎が存在することが明らかとなった.また急性発症する自己免疫性肝炎が注目され,いわゆる劇症肝炎として発症する症例もある.また,薬剤性肝障害とAIHとの関連性も注目さている.肝移植後に発生するAIH類似の肝炎も注目されている.これらの疾患の研究により,AIH研究は新たな展開を見せようとしている.しかし,それでも,原因不明の慢性活動性肝炎を特徴とするAIHは残り続けると思われる.

 次の10年の間には,是非,AIHの病因・病態が明らかとなり,治療法,出来れば予防法も確立していることを期待して編集後記としたい.     (中沼 安二)


 

目次

〔巻頭言〕自己免疫性肝炎―温故知新 高知大学 大 西 三 朗… 5

疫学・病因・病態解析

 自己免疫性肝炎の診断 愛媛大学 阿部 雅則,他… 7

 自己免疫性肝炎の地理疫学:地域や人種による観点から

   昭和大学 広石 和正,他…13

 自己免疫性肝炎の発症と重症度の規程因子遺伝性素因(HLA,その他)の観点から

   信州大学 吉澤  要,他…19

 自己免疫性肝炎の標的抗原と自己抗体 帝京大学 宮川  浩,他…27

 自己免疫性肝炎の免疫病態制御性T細胞およびその他の免疫機序

   東京慈恵会医科大学 高 橋 宏 樹…35

 自己免疫性肝炎の発症誘因としての先行疾患薬物性肝障害とウイルス感染

   福島県立医科大学 大平 弘正,他…43

 自己免疫性肝炎の新しい動物モデル 京都大学 木戸 政博,他…51

新たな病態・多様な病態

 高齢者の自己免疫性肝炎 帝京大学 田 中   篤…59

 小児の自己免疫性肝炎 済生会横浜市東部病院 藤澤 知雄,他…67

 急性発症自己免疫性肝炎:病理学的特徴と小葉中心性帯状壊死

   金沢大学 全   陽,他…77

 重症型自己免疫性肝炎(治療を含めて) 鹿児島大学 上村  章,他…83

 IgG4関連自己免疫性肝炎 信州大学 梅村 武司,他… 93

 肝移植後の自己免疫性肝炎の再発とde novo自己免疫性肝炎

   京都大学 宮川  文,他…101

治療

 自己免疫性肝炎の薬物治療 岡山大学 三宅 康広,他…109

 自己免疫性肝炎に対する肝移植の実際 東京大学 山敷 宣代,他…117

 治療抵抗性自己免疫性肝炎 国立病院機構長崎医療センター 右田 清志,他…125



座談会“自己免疫性肝炎2009”

中沼安二/銭谷幹男/上野義之/乾あやの………………………………131



症例報告

 閉塞性黄疸を来たした肝嚢胞に対してエタノール注入療法が有効であった1症例

   立病院機構長崎医療センター 諏訪 敏之,他…147

 

バックナンバーはこちら