今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻1号・2017年7月号)
特集/ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患

「肝胆膵」(75巻2号・2017年8月特大号)
特集/肝細胞癌の化学療法が変わる

バックナンバーはこちら



 第58巻4号(2009年4月号) 特集/膵石症
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 久々に,膵石症をテーマに取り上げた.体外衝撃波による破砕治療はいまだ保険未収載ではあるが,この数年でごく普通の日常臨床で行われる治療になった.内視鏡的砕石術が併用されることも多い.内視鏡的ステント治療については一時盛んになったが,偶発症の問題があり下火になった.このように総じて内科的治療は格段の進歩を遂げたが,依然として再発の問題が残る.膵石形成のメカニズムの解明による治療,究極的には慢性膵炎の繊維化を抑制する機序の解明・治療が必要で,今後の課題であろ

う.

 一方,最近一流雑誌に外科vs.内科的治療の無作為比較試験の結果が報告され,外科的治療の見直しが起こっている.確かに外科的治療後の効果は高く,膵石再発率は低いようである.しかし,すべての治療は低侵襲の方法を選択する傾向であり,また膵石症に対する細やかな手術を手がけている外科医は意外に少ないのが現実であろう.

 長期予後については,膵発癌について再度見直しが行われてきた.遺伝性膵炎では高度な膵癌発症リスクであることは広く知られているが,すべての慢性膵炎で発癌リスクが高いことを裏付ける報告が増えてきた.興味深いことに,膵石症例では特に発癌が多く,もしかしたら膵石のある部位から癌が発生しやすいかも知れない.膵癌はいままで高危険群の設定できない難治がんであったが,最近の研究からはIPMNを含む膵嚢胞発癌,糖尿病発症に関連する発癌,それに慢性膵炎とくに膵石が関与する膵石発癌が新たに加わる可能性がでてきた.   (多田  稔)


 

目次

〔巻頭言〕膵石症 産業医科大学名誉教授 大 槻   眞…425

形成メカニズム

 膵石の発生機序:関連蛋白を中心に 金沢医科大学 中谷 直喜,他…429

膵石の蛋白成分と微細構造 名古屋学芸大学 北川 元二,他…437

膵石の分布・組織変化 順天堂大学 福村 由紀,他…449

成因別特徴(膵石症の頻度・分布)

 アルコール性慢性膵炎 名古屋市立大学 奥村 文浩,他…455

 特発性慢性膵炎 高知大学 耕崎 拓大,他…461

 遺伝性膵炎 東北大学 粂   潔,他…467

 自己免疫性膵炎における膵石症 関西医科大学 岡崎 和一,他…477

 膵石症と膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)

  ―膵石の発生機序も含めて― 山形大学 木 村   理…485

膵石症例の内外分泌機能の特徴(膵性糖尿病・消化吸収障害)―評価と治療の実際―

   弘前大学 丹藤 雄介,他…493

膵石の画像診断 京都府立医科大学 保田 宏明,他…501

治療(治療適応病態を提示,再発率を含む) 

 ESWLによる膵石症の治療 藤田保健衛生大学病院 乾  和郎,他…507

 膵石症に対する内視鏡的治療(膵管ステントは?)

   名古屋大学 川嶋 啓揮,他…511

 膵石症に対する外科的治療 広島大学 村上 義昭,他…517

膵発癌を視野に入れた長期予後

 膵石症治療後の長期予後−膵内外分泌機能と生命予後について−

   千葉大学 石原  武,他…525

 膵発癌関連因子 東京大学 笹平 直樹,他…531



座談会“膵石症に関する今日的話題”

多田 稔/小泉 勝/武田和憲/能登原憲 ………………………………541  

バックナンバーはこちら