今後の特集のご案内

「肝胆膵」(74巻6号・2017年6月号)
特集/自己免疫性肝・胆管疾患のupdate

「肝胆膵」(75巻1号・2017年7月号)
特集/ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患

バックナンバーはこちら



 第58巻2号(2009年2月号) 特集/肝臓領域の樹状細胞研究を究めるために
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 今号は「樹状細胞」について特集させていただいた.しかも,タイトルを「肝臓領域の樹状細胞研究を究めるために」とあえて大きくしてみた.思えば20年前に学生であった頃には,医学教育の過程ではこの細胞については名前程度が紹介されているにすぎなかった.できの悪い学生には,この変な形態をした細胞の研究がどう発展するかについて,当時ときめく余地もなかった.その後自然免疫と獲得免疫,特に前者と樹状細胞との関係がここ10年くらいで精力的に研究され,理解されている.そろそろこの樹状細胞について,肝胆膵の読者が一定の知識を確認するのによい時期ではないかと思い,このminor populationではあるが,key playerともいえる細胞にスポットライトを当ててみた.

 今号の巻頭言をご執筆いただいた恩地先生,基礎の稲葉先生以下わが国を代表する先生方が参加してくださるという望外の反応にまず驚いた.しかも,2009年現在で本号に書かれていることを知れば他の本は不要であるぐらいの気持ちで各論を書いていただき,著者の先生方には本当に感謝している.まさに「究める」という特集タイトルに負けない内容で正面から受けていただいたことについては,ひたすら感謝である.

 小俣編集委員長からの宿題は「本当に役にたつのか?」という視点から本特集をまとめることであったが,各筆者の先生方は私が注文を出す前に,将来的な視野を持った角度から各論を展開してくださった.すでに樹状細胞が役に立つことを示す臨床試験も始まっていることが本号には記されており,これが小俣編集委員長への答えとなるだろう.

 肝胆膵の読者の皆様が本号を手にとって,今日現在の樹状細胞について理解を深め,さらにこの少数であるが貴重で重要な細胞について愛着を持って今後興味を持っていただければ,これ以上の編集者としての冥利はない.サッカーでも10番をつける選手は沢山必要ない,けれどそれは外せないチームの根幹なのである.  (上野 義之)


 

目次

〔巻頭言〕肝樹状細胞研究の過去から近未来へ  愛媛大学 恩 地 森 一…153

樹状細胞の基礎を網羅する

 生体における樹状細胞の前駆細胞とその分化  京都大学 長岡 孝治,他…157

 樹状細胞の病原体認識  京都大学 門 脇 則 光…167

 樹状細胞の抗原提示・T細胞との相互作用  独立行政法人理化学研究所横浜研究所 佐 藤 克 明…175

 樹状細胞のシグナル伝達  関西医科大学 大谷 真志,他…185

 肝臓における樹状細胞の動態と役割  獨協医科大学 上田 祐司,他…193

 肝疾患領域での樹状細胞の臨床応用  名古屋共立病院がん免疫細胞療法センター 石 川 哲 也…201

肝疾患領域の臨床と樹状細胞:病態を究めるために

 C型慢性肝炎の免疫病態と樹状細胞  大阪大学 考 藤 達 哉…211

 慢性B型肝炎  愛媛大学 阿部 雅則,他…225

 自己免疫性肝炎,原発性胆汁性肝硬変症の発症・進展への樹状細胞の関与  東京慈恵会医科大学 高橋 宏樹,他…233

 NASHと免疫−肝樹状細胞との関わり−  慶應義塾大学 寺谷 俊昭,他…241

 肝硬変でのアミノ酸代謝異常が樹状細胞に与える影響  東北大学 嘉数 英二,他…247

 肝細胞癌の免疫病態と樹状細胞治療  金沢大学 中本 安成,他…255



座談会“肝臓領域の樹状細胞研究を究めるために”

上野 義之/高橋 宏樹/山際  訓/下田 慎治…263



 

バックナンバーはこちら