今後の特集のご案内

「肝胆膵」(74巻6号・2017年6月号)
特集/自己免疫性肝・胆管疾患のupdate

「肝胆膵」(75巻1号・2017年7月号)
特集/ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患

バックナンバーはこちら



 第58巻1号(2009年1月号) 特集/胆道炎・胆道癌診療ガイドラインを検証する
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 昨今非常に多くの医療のガイドラインが発刊されているが今回は“胆道炎・胆道癌診療ガイドラインを検証する”という特集を組ませていただいた.ガイドラインは作成時において文献報告されたエビデンスの高い文献を元に主に作成されるものであるので進歩の非常に早い領域,例えば癌化学療法の分野などではそのガイドライン作成中にも日々新たな情報が発信されてくる.したがってさまざまな最新の医学書と同様に発刊された時から既にその内容の一部においては修正や改正を必要とされたりするものもあるであろう.

 今回取りあげた胆道炎ガイドラインおよび胆道癌ガイドラインはおのおの2005年と2007年に発刊されたものであり,2009年を迎えた現在では多少の修正や批判があってもそれは当然のことであろう.しかし胆道癌診療ガイドラインにおいてはその元になるエビデンスを十分持った臨床研究による文献がこれまで極めて少なく,クリニカルクエスチョンに対する答えとしての多くの部分がエキスパートオピニオンによって作成されてきたという経緯がある.したがって胆道癌診療ガイドラインにおいては多くの内容において,特に外科手術の領域においては訂正や改正を要する箇所が急には求められることは少ないかもしれない.しかしその一方では厳としたエビデンスに支えられたものではないことより作成時点においてもかつまた現時点においてもさまざまな対峙する意見が存在していることは間違いない所であろう.特に国際標準から見てこの胆道癌診療ガイドラインの推奨内容は多少なりとも欧米の肝胆道外科医および内科医から見ると違和感を持つ点があることは,私自身国際学会での彼らとのデイスカッションにおいてもすでに感じる所である.

 肝胆道癌の診療においては確かに日本の外科医および内科医の果たしてきた役割は大きく,またこれからもオピニオンリーダーとして果たして行く役割は大きいことは間違いであろう.しかしこの国際標準とわれわれ日本標準のズレをしっかりと認識して検証していくことがいま必要とされる研究テーマであろう.その意味で今回の本特集ではこの国内標準と国際標準とのズレに特に焦点をあててテーマを選択して各エキスパートにその点を論じてもらった.本特集をその観点からお読み頂き明日からの臨床研究の方向性の一羅針盤としてお役に立てて頂ければ幸いです. (宮崎  勝)


 

目次

〔巻頭言〕胆道炎・胆道癌診療ガイドラインの作成とガイドラインの位置づけ  帝京大学医学部附属病院 高 田 忠 敬… 5

胆道炎ガイドラインの注目点

 急性胆管炎・胆嚢炎の画像診断の意義と問題点  福岡大学 山下 裕一,他…11

 急性胆管炎のドレナージの妥当なタイミングとは?  帝京大学ちば総合医療センター 樋口 亮太,他…21

 急性胆管炎に対する内視鏡的ドレナージとしてENBDおよびステント留置のどちらが有用か?  手稲渓仁会病院消化器病センター 栗田  亮,他…31

 上部胆管閉塞におけるドレナージ ENBD or PTBD ?  北海道大学 加藤健太郎,他…37

 急性胆嚢炎におけるドレナージ(PTGBD, PTGBA)の意義はないか?  千葉大学 露口 利夫,他…43

 急性胆嚢炎に対する早期の腹腔鏡下胆嚢摘出術は推奨されるか

  −実地臨床と診療ガイドラインからみて−  労働者健康福祉機構東北労災病院 徳村 弘実,他…49

胆道癌ガイドラインの注目点

 胆道癌の診断において直接胆道造影は今でも必要なのか?  静岡県立静岡がんセンター 上坂 克彦,他…59

 胆管非拡張型の膵・胆管合流異常症においては胆管切除の必要性はないか?  宮崎大学 大内田次郎,他…69

 広範囲肝切除において術前減黄術は必須なのか?  千葉大学 清水 宏明,他…77

 肝門部悪性胆管閉塞例に対して片側肝葉のみの胆道ドレナージで本当に十分なのか?  名古屋大学 伊神  剛,他… 83

 胆嚢摘出術後に胆嚢癌(ss以深)と診断された場合の適切な二期的外科手術はいかなるものか?  国立がんセンター中央病院 江崎  稔,他… 87

 十二指腸乳頭部腫瘍の術前診断内視鏡診断・治療の問題点  仙台市医療センター・仙台オープン病院 伊藤  啓,他… 95

 切除不能胆道癌における胆道ステントとして本当にメタリックステントの方が

  有用なのか?  JR東京総合病院 外川  修,他…103



座談会“胆道炎・胆道癌診療ガイドラインを検証”

宮崎 勝/須山正文/古瀬純司/宮川秀一…113



臨床薬理

 核酸アナログ抗ウイルス剤未治療の代償性B型慢性肝疾患に対するアデホビル錠単独療法

  −ラミブジン錠を対照とした二重盲検比較試験−  国家公務員共済組合連合会虎の門病院 熊田 博光,他…131



 

バックナンバーはこちら