今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻4号・2017年10月号)
膵癌研究Cutting Edge−From Carcinogenesis to Metastatic Colonization−

「肝胆膵」(75巻5号・2017年11月号)
特集/臓器間ネットワークからみた肝胆膵の恒常性とその破綻

バックナンバーはこちら



 第56巻3号(2008年3月号) 特集/肝疾患に対する脾摘・PSEの功罪
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 1980年代には門脈圧亢進症,脾機能亢進症に対して脾摘出術を加えたり,部分的脾動脈塞栓術(PSE)がしばしば行われた.しかし,食道・胃静脈瘤に対して非観血的治療が発展し,脾摘出術が行われることは比較的まれとなった.PSEについても脾梗塞,脾膿瘍に伴う激しい発熱,疼痛,敗血症などの重篤な副作用が報告され,本治療は衰退していった.今回,本特集を企画した理由は新たな診療の展開により上記の治療法が再び見直され,日常臨床の場で行われる機会が増加していると考えたからである.端的な例はウイルス性慢性肝炎の際のインターフェロン治療に伴う血小板低下の抑制であり,生体肝移植における過小グラフトへの対応である.実際,昨年のJDDWにおける第11回日本肝臓学会大会でもワークショップで取りあげたところ多数の応募をいただき,また,聴衆も多く,活発な討議が繰り広げられ,大きな関心が寄せられていることを感じた.ただ,企画を具体的に立てようとすると,脾について基礎的な病態生理に関する研究が最近,とみに少ないことに気がついた.特発性門脈圧亢進症の研究が盛んな時にはもっと積極的になされていたように思うが,この疾患が減少傾向にあるからであろうか.

 さて,その功罪であるが私自身はかなり積極的に功の立場から脾摘を行っている.例えば血小板が低下している肝細胞癌患者に対しては,門脈圧を参考にしつつ肝切除と脾摘を行うことが多い.さらなる検証が必要であるが,短期的,中期的には肝機能に対しても良好な結果を得ている.功罪を天秤にかけての判断のつもりではあるが,十分な考察に基づいているかと問われれば窮する.肝の門脈血流は上腸間膜静脈と脾静脈からなりその割合は正常時にはおよそ1対1,脾腫の場合には脾血流はより増大しており,これだけを考えても脾の役割は看過できない.生体防御の観点からは肺炎双球菌に対する防御機構がよく知られているが,重要な免疫応答の場であろう.

 今一度,神秘の臓器に挑戦する時期のように思うが,本特集が臨床現場に役立つと同時に研究の端緒になれば望外の喜びである.

(有井 滋樹)


 

目次

〔巻頭言〕神秘の臓器,脾臓

      米国公益法人国際肝臓研究所 谷 川 久 一…327

脾臓の生理機能と病理

 脾臓の生理機能と病理─血行動態も含めて─ 岩手医科大学 佐藤  孝,他…331

 脾臓の新たな免疫学的展開 新潟大学 佐 藤 好 信…339

肝疾患に対する脾摘,PSEの功罪

 肝硬変症における脾摘,PSEの功罪 九州大学 田上 和夫,他…347

 特発性門脈圧亢進症に対する脾摘とPSEの功罪 日本医科大学 吉田  寛,他…353

IFN療法における脾摘,PSEの功罪

 IFN療法におけるPSEの功罪 信州大学 松本 晶博,他…361

 IFN療法における脾摘の功罪 九州大学 川中 博文,他…367

 肝動注癌化学療法における脾摘術とPSEの功罪 愛媛大学 広岡 昌史,他…377

肝切除と脾臓

 肝切除後の脾臓の動態 明和病院 山中 若樹,他…383

 脾摘併用肝切除の功罪 東京大学医学部附属病院 竹村 信行,他…393

 肝移植後の門脈圧亢進に対する脾摘の適応

   京都大学医学部附属病院 小倉 靖弘,他…401

 過小グラフト(small-for-size graft)に対する治療戦略

  ─門脈循環制御における脾摘の有用性─ 徳島大学 居村  暁,他…409

脾摘の新たな展開

 肝線維症軽減における脾摘の意義 筑波大学 渡辺 基信,他…421

 肝の阻血・再灌流障害における脾摘の意義

   東京医科歯科大学 伊東 浩次,他…429



座談会“肝疾患に対する脾摘・PSEの功罪”

有井滋樹,佐藤 孝,國分茂博,具 英成,泉 並木



 

バックナンバーはこちら