今後の特集のご案内

「肝胆膵」(75巻2号特大号・2017年8月特大号)
特集/肝細胞癌の化学療法が変わる

「肝胆膵」(75巻3号・2017年9月号)
特集/膵・胆道癌の早期診断を目指せ!

バックナンバーはこちら



 第56巻2号(2008年2月号) 特集/自己免疫性膵炎の最近の進展
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

 自己免疫性膵炎(AIP)を約2年の間を置いて特集することとなった.この間,2006年末にN Engl J MedでAIPがcurrent conceptとして取り上げられ,世界で広く認識される疾患であることが確認された.またAIPに関する日本から疾患概念,診断基準,IgG4の診断における有用性,病態の解明など多くの情報が英文論文として発信され,本疾患の研究をリードしてきた.今回日本の診断基準の改訂,各国からの診断基準の公表などを受け,AIPの最近の進展を解説する機会を設けた.

 AIPとされる症例の増加,研究の進展はあるが,本当に自己免疫を機序とする疾患なのか,膵外病変,とくに硬化性胆管炎などを考えると全身のIgG4関連疾患の局所病変としての膵炎か,IgG4の病態での意味は,進行例はあるが多くは可逆性を示す膵炎かなど基本的な疾患概念が確立されたとは言えない.しかし各国の研究者が集まり各自の症例の違いなどを討議するためにも診断基準の統一作業が試みられている.2006年より韓国のAIPの専門家とAIPの診断基準に関するシンポジウム,2007年APDWと厚労省研究班での国際シンポジウム,さらに2007,2008年の韓国とのシンポジウムなどが重ねられた.最大の違いであるステロイドホルモン投与への反応の診断基準への関与を含めて,ほぼコンセンサスを得られた段階となっている.今後の公表を待ちたい.

 一方AIPの自然経過はどうなのか,進行が必至で慢性膵炎といずれなる疾患か,炎症の悪化,再発をその都度解消することでよい,生存には影響の少ない疾患として理解されるのか,これによりステロイドホルモンの投与方法のあり方は異なることとなる.

 AIPについて多くの理解を得られれば幸いである.

(小泉  勝)




 

目次

〔巻頭言〕自己免疫性膵炎診断基準の問題点

      産業医科大学 大 槻   眞…155

概念

 自己免疫性膵炎:定義と概念 東北大学 下瀬川   徹…159

診断

 自己免疫性膵炎の2006年改訂診断基準の国際比較と

  アジア統一診断基準 高知大学 西森  功,他…167

 AIPの診断におけるIgG4の有用性と限界 信州大学 浜野 英明,他…179

 画像診断

  自己免疫性膵炎のCT・MRI診断 佐賀大学 入江 裕之,他…187

  自己免疫性膵炎の画像診断─ERCP─

     東京女子医科大学八千代医療センター 西野 隆義,他…197

 自己免疫性膵炎診断におけるEUS-FNAの有用性と限界

    愛知県がんセンター中央病院 水野 伸匡,他…205

  自己免疫性膵炎の診断─活動度評価― 関西医科大学 岡崎 和一,他…215

病態

 自己免疫性膵炎に伴う硬化性胆管炎 名古屋市立大学 中沢 貴宏,他…223

 自己免疫性膵炎と炎症性腸疾患との関連 福岡大学筑紫病院 植木 敏晴,他…233

 自己免疫性膵炎の膵外病変(硬化性胆管炎を除く)

   東京都立駒込病院 神澤 輝実,他…241

病理

 Lymphoplasmacytic sclerosing pancreatitis(LPSP)と

  idiopathic duct-centric chronic pancreatitis(IDCP)からみた自己免疫性膵炎

    東京大学 福嶋 敬宜,他…247

 自己免疫性膵炎に関連した胆管炎の特徴:PSCとの鑑別

   金沢大学医学部附属病院 全   陽,他…253

 自己免疫性膵炎と膵癌随伴性変化との鑑別 倉敷中央病院 能登原 憲 司…263

治療

 自己免疫性膵炎に対するステロイド療法 福島県立医科大学 佐藤  愛,他…269

 自己免疫性膵炎におけるステロイド以外の治療法 札幌厚生病院 岡村 圭也,他…277

(長期)予後

 自己免疫性膵炎の長期予後と再燃例 九州大学 河邉  顕,他…283

 自己免疫性膵炎の自然経過(再発と膵石形成)と膵外病変

   信州大学健康安全センター 川  茂幸,他…293

 



座談会“自己免疫性膵炎の最近の進展”

小泉 勝,須田耕一,平野賢二,伊藤鉄英



 

バックナンバーはこちら