今後の特集のご案内

「肝胆膵」(74巻6号・2017年6月号)
特集/自己免疫性肝・胆管疾患のupdate

「肝胆膵」(75巻1号・2017年7月号)
特集/ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患

バックナンバーはこちら



 第53巻4号(2006年10月号) 特集/慢性膵炎―今日の進歩―
定価(\)本体 2,760+税 送料(\) 150


編集後記

 本誌での慢性膵炎に関する特集は膵石以来5年,診断法,治療法については10年であり,慢性膵炎に画期的な新知見が多くないことが伺える.厚労省難治性膵疾患調査研究班の集計から,慢性膵炎は近年増加していることが,その経過では糖尿病,悪性腫瘍の合併が少なくなく,さらに膵癌との関係が確実視され,これらが予後を左右することが明らかとなっている.予後の改善のために慢性膵炎の早期の診断,治療そして的確な経過観察が要求される.しかし臨床症状と血中膵酵素以外にスクリーニング手段が無く,経過観察に簡便で感度の良い検査法が新たに出現していないことは残念である.超音波内視鏡検査(EUS)は早期診断での検査法の可能性はあるが,熟練度,患者さんへの負担から反復施行に制限がある.繰り返し検査が可能なMRCPは分枝膵管描出の感度の点で限界がある.成因に関しては慢性膵炎に関する5つの遺伝子異常を取り上げたが現段階では臨床的な意義は小さい.家族性とされてきた症例の発病,進展の解明の道が示され,単一原因遺伝子異常,PRSS1(cationic typsinogen)の変異は確かであり,膵分泌性トリプシンインヒビター(SPINK1)遺伝子変異が疾患修飾因子として理解されている.さらに現在慢性膵炎の診断の中心である画像診断法および内視鏡・画像検査を用いた症状軽減のための治療法,仮性のう胞への治療法の有用性と限界をまとめていただいた.このような特集では経験が多い,積極派,肯定派の著者が多く,座談会でも十分な討論ができていないことが惜しまれる.慢性膵炎の進歩を取り上げたが,一方膵機能検査をほとんど行えず,機能が把握できない状態での治療をはじめとして,新たに解明すべき点が多いことも明らかとなった特集と思われる.


 

目次

〔巻頭言〕慢性膵炎―今日の進歩                          早川 哲夫

疫学:厚労省研究班全国調査より─慢性膵炎は最近増加しているか           田代 充生,他

成因と関連する遺伝子

 カチオニックトリプシノーゲンと膵分泌性トリプシンインヒビター          正宗  淳,他

 カルボキシルエステルリパーゼ(CEL)遺伝子多型とアルコール性膵炎        宮坂 京子,他

 アルコール脱水素酵素(ADH)遺伝子多型とアルコール性膵炎            丸山 勝也,他

 CFTR遺伝子変異                                 成瀬  達

病態と診断

 早期膵炎を考えた診断基準のあり方                        小泉  勝

 EUS所見は慢性膵炎の診断に結びつくか                      入澤 篤志,他

 現在の膵機能評価は診断に有用か(便中エラスターゼ,PFD)            保田 宏明,他

 慢性膵炎の画像診断                               瀬座 勝志,他

 慢性膵炎は膵癌に進展するか?                          大槻  眞

治療:予後改善からみた適応と限界

 蛋白分解酵素阻害薬─予後への影響                        伊藤 敏文,他

 膵石,膵管狭窄へのステントなど内視鏡治療                    中村 雄太,他

 慢性膵炎の外科的治療                              横山 忠明,他

 仮性嚢胞:内視鏡治療                              糸井 隆夫,他

 膵炎後仮性動脈瘤に対する血管内治療                       柳生 行伸,他

 膵性糖尿病と予後                                伊藤 鉄英,他



座談会                                      小泉  勝

                                         大槻  眞

                                         神澤 輝実 

                                         杉山 政則

                                         成瀬  達



学会印象記

 第5回日本肝臓学会シングルトピックカンファランス

“Liver and immune disorder”印象記                       中沼 安二  

バックナンバーはこちら