今後の特集のご案内

「肝胆膵」(76巻5号・2018年5月号)
特集/肝胆膵疾患のエピジェネティクスを学ぶ

「肝胆膵」(76巻6号・2018年6月号)
特集/Acute on chronic −慢性病態の急性憎悪−

バックナンバーはこちら



最新号 
 76巻4号(2018年4月号特大号) 特集/NASH/NAFLDの新知見
定価(\)本体 5,400+税 送料(\) 500


編集後記

 本誌でNASH/NAFLDを取り上げるのは2014年9月号「NAFLD/NASH;肝発癌に至る病態と対策」以来となる.この約4年間には,C型肝炎に対するInterferon-free DAA治療が登場し,B型肝炎も新生児を対象としたワクチン定期接種も始まり,ウイルス肝炎は急速に克服に向かっている.
 一方でこの間にも,日本人のNAFLDは着実に増加しており,それに伴い肝癌の成因としてのnon-B,non-C(NASH/NAFLD)の割合が着実に増加している.今回の特集では,以上の背景を踏まえ,NASH/NAFLDの病態,分子機構,診断,評価,治療に関する最新知見を極力網羅しながらそれぞれの専門家の方々にご執筆いただいた.この領域は当然ながら糖尿病・代謝内科領域との関わり合いが必須であり,両専門領域での知見・認識の摺り合わせなどを始め多くの課題がある.
 本誌では糖尿病代謝内科の専門の方々からも最近の知見,問題点,今後の展望などをわかりやく解説していただいた.本誌がNASH/NAFLDについての現状および将来の展望を把握するための解説書として広く利用され,診療・研究の参考になれば幸いである.
(坂本 直哉)


 

目次

〔巻頭言〕NASH/NAFLDの臨床の進歩と問題点  大阪府済生会吹田病院 岡上 武…499
成因・病態
 NAFLD/NASHの疫学・予後  東京女子医科大学 谷合 麻紀子…503
 NASHと遺伝子多型  山梨大学 前川 伸哉…510
 Developmental origins of health and disease(DOHaD)仮説とNASH/NAFLD  東京医科歯科大学 橋本 貢士…515
 オートファジーによる脂肪蓄積制御  大阪大学 坂根 貞嗣,他…522
 ヘパトカインセレノプロテインPによって惹起される多面的な病態  金沢大学 御簾 博文…528
 NASH/NAFLDと鉄代謝  旭川医科大学 長谷部拓夢,他…531
 NAFLDにおける腸内細菌叢と腸内代謝産物の役割  横浜市立大学 結束 貴臣,他…537
 NASH動物モデル  名古屋大学 菅波 孝祥,他…546
 肝発癌と腸内細菌叢異常  金沢大学 飯 田 宗 穂…552
 ホルモン異常に基づくNAFLD/NASH発症  高知大学 小野 正文,他…557
 膵抗癌剤治療によるNASHは存在するのか  高知大学 西 原 利 治…565
 膵頭十二指腸切除術後の合併症としてのNASH/NAFLD  山形大学 渡邊 利広,他…569
 NASH/NAFLDにおけるサルコペニアの関与 −診断評価法も含めて−  群馬大学 調 憲,他…576
 肝切除危険因子としてのNASH  東京大学 大道 清彦,他…582
NASH/NAFLDの病理
 NASH/NAFLDの病理診断の問題点  金沢大学 原田 憲一…587
 各病理診断基準の特徴と相互関係 −NAS,Matteoni分類,Brunt分類−  東京女子医科大学 小木曽 智美…595
 Mallory-Denk体と細胞ストレス  産業医科大学 原田 大,他…607
臨床検査
 NAFLD診断における線維化スコアの比較  武蔵野赤十字病院 玉城 信治,他…613
 M2BPGiによるNASH診断  国立国際医療研究センター 是永 匡紹,他…621
 NAFLDにおける可溶性TNF receptorとTNF-α遺伝子多型  東京女子医科大学 徳重 克年…626
 チオレドキシン  愛知医科大学 角田 圭雄,他…631
 CK-18 fragment  東京慈恵会医科大学 松平 浩,他…637
 糖鎖バイオマーカーを利用したNASH診断の試み  大阪大学 三善 英知,他…645
画像診断
 NASHの超音波診断  兵庫医科大学 小林奈津子,他…654
 Transient elastography  北海道大学 小川 浩司,他…662
 NAFLD/NASHにおけるMRIを用いた線維化・脂肪化診断  山梨大学 前川 伸哉…668
 MR laparoscopy  虎の門病院 川 村 祐 介…674
 NASH重症度マーカーのゴールドスタンダードは  横浜市立大学 中島 淳,他…682
予後・肝発癌
 NAFLD/NASHと心血管リスク  国立国際医療研究センター 添田光太郎,他…690
 NAFLD/NASHとBCAA  岐阜大学 清水 雅仁…695
 糖尿病と肝発癌 −肝臓の視点から−  東京大学 建石 良介…701
 NASH関連肝細胞癌の特徴  東京女子医科大学 有泉 俊一,他…706
 腸肝軸を介する腸内細菌関連物質の肝癌促進作用 −癌微小環境における肝星細胞の細胞老化− 大阪市立大学 大谷 直子…713
 グルコース・トランスポーターと肝癌  奈良県立医科大学 鍛治 孝祐,他…719
治  療
 NAFLDに対する食事・運動療法  佐賀大学 高橋 宏和,他…727
 外科的治療の現況−腹腔鏡下手術−  大分大学 太田 正之,他…733
 抗酸化療法のエビデンス  愛知医科大学 伊藤 清顕…738
 EPA  秋田大学 佐藤 亘,他…745
 インスリン抵抗性改善化合物  旭川医科大学 玉木 陽穂,他…751
 SGLT2阻害剤  東京医科歯科大学 小宮 力,他…758
 アンギオテンシン受容体拮抗薬によるNASH治療  愛知医科大学 中出 幸臣,他…770
 ミトコンドリア代謝を標的としたNAFLD治療 −ミトコンドリア代謝異常とカルニチン− 広島大学 平松 憲,他…779
 NASH/NAFLDに対する薬剤開発治験状況  横浜市立大学 米田 正人,他…790
 ASK1阻害剤  愛生会山科病院 南 祐仁…798
 オベチコール酸(DSP-1747)によるNASH治療  京都府立医科大学 山口 寛二,他…803

〔座談会〕
“NASH/NAFLD update”…811
(司会)坂本直哉,小川佳宏,吉治仁志,中島 淳

〔特別企画〕私たちの「肝胆膵」編集委員会への思い…830

 

バックナンバーはこちら