「肝胆膵」 特集一覧表

2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年
 

発行年月 巻号   特集内容 定価(\)本体価格(税別) 送料(\)
2017年
3月
74巻3号 エキスパート オピニオン:超高齢者の肝胆膵疾患診療3,100150
2月74巻2号 今日から役立つ肝胆膵疾患の遺伝子診断学3,100150
1月74巻1号 臨床応用を見据えた肝線維化研究の新展開3,100150
2016年
12月
73巻6号[特大号]肝硬変を理解する−分子機構から実臨床に至るまで−6,900200
11月73巻5号 新規技術が創り出す肝疾患診療のスペクタクル3,100150
10月73巻4号 IgG4関連疾患:全身から肝胆膵の病態に迫る3,100150
9月73巻3号 がん治療が変わる−免疫チェックポイント阻害剤の与えるインパクト−3,100150
8月73巻2号 肝胆膵疾患とオートファジー3,100150
7月73巻1号 変化した重症急性膵炎の診断・治療3,100150
6月72巻6号 診療ガイドライン改訂後の膵炎診療3,100150
5月72巻5号 胆汁酸研究の進歩と展望―これからのbreakthroughを目指して―3,100150
4月72巻4号 肝胆膵の指定難病を整理する3,100150
3月72巻3号 脳死肝移植の進展をいかに考えるべきか−脳死肝移植をもっと進展させなければ!−3,100150
2月72巻2号 門脈圧亢進症の制御―病態研究と治療の進展3,100150
1月72巻1号 肝内胆管癌:治療成績の改善を目指して3,100150
2015年
12月
71巻6号[特大号]肝炎ウイルスA to E6800200
11月71巻5号 コランギオパチー3,000150
10月71巻4号 C型慢性肝炎治療のパラダイムシフト−治療から治癒へ−3,000150
9月71巻3号 難治な胆道良性疾患の対処法を考える3,000150
8月71巻2号 肝がん診療ガイドライン:どうする治療選択3,000150
7月71巻1号 新 膵癌治療−アブラキサン・FOLFIRINOXをどう使うか3,000150
6月70巻6号 microbiome(腸内細菌)と肝胆膵領域の新世紀3,000150
5月70巻5号 肝胆膵領域におけるApheresisのインパクト3,000150
4月70巻4号 肝胆膵イメージング:画像が映す分子病理3,000150
3月TOP[増刊号]肝疾患の病態と糖鎖科学の意義3,000150
3月70巻3号 肝胆膵分野の再生医療・人工臓器3,000150
2月70巻2号 自己免疫性膵炎20年の軌跡3,000150
1月70巻1号 肝細胞癌に対するTACE再考3,000150
2014年
12月
69巻6号[特大号]肝胆膵診療のNew Horizon6800200
11月69巻5号 肝細胞腺腫,FNHと周辺病変の新しい考え方3,000150
10月TOP[増刊号]ダクラタスビル・アスナプレビル併用療法2500150
10月69巻4号 小児肝胆膵疾患のトランジション3,000150
9月69巻3号 NAFLD/NASH:肝発癌に至る病態と対策3,000150
8月69巻2号 肝胆膵領域の光学医療;一見に如かず3,000150
7月69巻1号 肝胆膵・術後病態を學ぶ3,000150
6月第68巻6号 膵がん退治の始まり3,000150
5月第68巻5号 修復の病理学3,000150
4月第68巻4号 肝胆膵領域におけるNF-κB 研究の最前線3,000150
3月第68巻3号 肝胆膵腫瘍のバイオインフォマティクス3,000150
2月第68巻2号 薬物性肝障害の新展開 ―疑問点の集約とその解決を探る3,000150
1月第68巻1号 PSC・IgG4-SC3,000150
2013年
12月
第67巻6号[特大号]C型肝炎治療2014:経口抗ウイルス薬時代の到来6,600200
11月第67巻5号 IPMN/MCN 診療の転換期 ─日本の成績が示すものは─2,900150
10月第67巻4号 大腸癌肝転移;Consensus & Controversy2,900150
9月第67巻3号 IgG4と肝胆膵2,900150
8月第67巻2号 肝胆膵領域への放射線療法 as of 20132,900150
7月第67巻1号 疾患ゲノム研究のLandscape2,900150
6月第66巻6号 肝細胞がんのVascular Invasion2,900150
5月第66巻5号 GEPNET の最前線2,900150
4月第66巻4号 前腸系ステム細胞2,900150
3月第66巻3号 肝胆膵疾患;「予後」の変遷2,900150
2月第66巻2号 胆膵癌の早期診断フロントライン2,900150
1月第66巻1号 胆膵内視鏡新潮流2,900150
2012年
12月
第65巻6号[特大号]肝細胞癌のすべて20126,600200
11月第65巻5号 糖尿病と肝2,800150
10月第65巻4号 B型肝炎:克服へのロードマップ2,800150
9月第65巻3号 いわゆる良性腫瘍のマリグナントプログレッション2,800150
8月第65巻2号 肝胆膵の線維化;研究と診療の最近の進歩2,800150
7月第65巻1号 Stem Cell, iPS研究;再生医療, 癌診療への展開2,800150
6月第64巻6号 膵炎の診断基準・診療ガイドライン改訂とValidation2,800150
5月第64巻5号 肝胆膵悪性腫瘍に対する分子標的療法の近未来的展望2,800150
4月第64巻4号 胆嚢癌フロントライン2,800150
3月第64巻3号 肝胆膵領域のEBM Update 20122,800150
2月第64巻2号 膵癌治療の新展開;タルセバ・ジェムザール・TS–12,800150
1月第64巻1号 明らかにされた自己免疫性膵炎および周辺疾患2,800150
2011年
12月
第63巻6号[特大号]C型肝炎のすべて20126,600200
11月第63巻5号 嚢胞性膵腫瘍の新知見―膵臓学会嚢胞性膵腫瘍委員会全国調査の結果を踏まえて―2,800150
10月第63巻4 混合型肝癌および胆管形質を示す肝細胞癌:肝ステム細胞のインパクト2,800150
9月第63巻3号 肝胆膵疾患と栄養療法の最前線2,800150
8月第63巻2号 膵神経内分泌腫瘍−Up date 20112,800150
7月第63巻1号 Changed !?臓器移植法改正施行後1年の現況2,800150
6月第62巻6号 見直される胆道がん診療の新展開2,800150
5月第62巻5号 Genome Wide Association Studyは肝胆膵診療をいかに変えるか?2,800150
4月第62巻4号 自己免疫性胆管疾患のオーバーラップス:PBC/AIH, PSC/AIHとPSC/IgG4関連硬化性胆管炎を中心に2,800150
3月第62巻3号 早期膵癌の病態解明2,800150
2月第62巻2号 ウイルス肝炎診療の変貌:近づく疾患克服2,800150
1月第62巻1号 肝内胆管, 胆道, 膵の腫瘍分類:WHOの新たな試みを含めて2,800150
2010年
TOP[増刊号]C型肝炎の臨床最前線4,000200
12月第61巻6号[特大号]肝胆膵薬物治療学の進歩―この30年―6,600200
11月第61巻5号 肝疾患の地域連携医療─肝疾患診療連携拠点病院, 公費助成制度, 治療計画の運用2,800150
10月第61巻4号 エキスパートに学ぶIVRのテクニック,適応, 合併症2,800150
9月第61巻3号 膵嚢胞性疾患の新展開2,800150
8月第61巻2号 門脈血行動態の異常:基礎および臨床からのアプローチ2,800150
7月第61巻1号 膵癌の増殖・進展に関わるシグナル経路研究と臨床展開2,800150
6月第60巻6号 NASH/NAFLDのUp to Date2,800150
5月第60巻5号 性差による肝胆膵疾患の臨床,病態,治療効果のDiscrepancy2,800150
4月第60巻4号 肝疾患における血液生化学検査,肝炎ウイルスマーカー,腫瘍マーカーの見方2,800150
3月第60巻3号 造影超音波は臨床を変えるか2,800150
2月第60巻2号 肝疾患診療における彼我の違い:黒船は来るのか?2,800150
1月第60巻1号 自己免疫性膵炎・長期予後2,800150
2009年
12月
第59巻6号 SNPが変える肝胆膵診療2,800150
11月第59巻5号[特大号]肝胆膵;難治がんに挑む─分子標的治療時代の到来─6,600200
10月第59巻4号 肝胆膵領域における幹細胞研究の最前線2,800150
9月第59巻3号 急性肝不全/劇症肝不全2,800150
8月第59巻2号 急性膵炎―今日の視点2,800150
7月第59巻1号 自己免疫性肝炎20092,800150
6月第58巻6号 胆管上皮内腫瘍に関する話題2,800150
5月第58巻5号 ここが知りたい ウイルス性肝炎への抗ウイルス療法の問題点と将来展望2,800150
4月第58巻4号 膵石症2,800150
3月第58巻3号 肝胆膵悪性腫瘍に対する分子標的治療の現況と展望2,800150
2月第58巻2号 肝臓領域の樹状細胞研究を究めるために2,800150
1月第58巻1号 胆道炎・胆道癌診療ガイドラインを検証する2,800150
2008年
12月
第57巻6号 肝胆膵疾患とQOL2,800150
11月第57巻5号[特大号]C型肝炎のすべて・20096,600200
10月第57巻4号 肉芽腫性肝疾患の基礎と臨床2,800150
9月第57巻3号 肝幹細胞をめぐる最近の知見2,800150
8月第57巻2号 肝の線維化を探る2,800150
7月第57巻1号 肝内胆管癌−2008, up-to-date−2,800150
6月第56巻6号 IPMN,膵嚢胞発癌をめぐる諸問題2,800150
5月第56巻5号 核酸アナログ時代のB型肝炎治療2,800150
4月第56巻4号 肝移植Crossfire2,800150
3月第56巻3号 肝疾患に対する脾摘・PSEの功罪2,800150
2月第56巻2号 自己免疫性膵炎の最近の進展2,800150
1月第56巻1号 肝疾患と糖代謝,脂質代謝2,800150
2007年
12月
第55巻6号 膵星細胞2,760150
11月第55巻5号[特大号]肝胆膵がんと化学療法のすべて6,600200
10月第55巻4号 肝胆膵における画像診断の新展開2,760150
9月第55巻3号 胆管障害とその修復・治療の最近の進歩2,760150
8月第55巻2号 小児の肝胆膵疾患の特異性2,760150
7月第55巻1号 肝小葉ゾーンからみた肝病態と臨床2,760150
6月第54巻6号 十二指腸乳頭部腫瘍をめぐる最近の話題2,760150
5月第54巻5号 アルコールと肝疾患2,898150
4月第54巻4号 PIVKA-Uの新しい展開2,760150
3月第54巻3号 本邦における非B非C肝癌の実態2,760150
2月第54巻2号 自己免疫性膵炎(AIP)の胆管病変と原発性硬化性胆管炎(PSC)2,760150
1月第54巻1号 ウイルス性肝硬変診療の進歩2,760150
2006年
TOP[増刊号]C型肝炎に対するペグインターフェロン/リバビリン併用療法の進歩2,760150
12月第53巻6号 コランギオサイト研究の最近の展開2,760150
11月第53巻5号[特大号]肝がん治療のすべて6,600200
10月第53巻4号 慢性膵炎―今日の進歩―2,760150
9月第53巻3号 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH) ─疾患概念からマネージメントまで─2,760150
8月第53巻2号 胆嚢癌をめぐる最近の話題2,760150
7月第53巻1号 高齢化時代を迎えた肝臓病−高齢化の実態と対策−2,760150
6月 第52巻6号   肝疾患に対する抗酸化ストレス療法 2,760 150
5月 第52巻5号   胆石症治療:最近の展開 2,760 150
4月 第52巻4号   Innate immunityと肝病態 2,760 150
3月 第52巻3号   肝細胞癌の予防治療 2,760 150
2月 第52巻2号   肝胆膵での粘液産生腫瘍と嚢胞性腫瘍 2,760 150
1月 第52巻1号   C型肝炎のPEG-Riba療法 2,760 150
2005年
12月
第51巻6号   急性膵炎−今日の臨床的諸問題=重症化阻止はいかに 2,700 150
11月 第51巻5号 [特大号] 肝胆膵の代謝・機能と生活習慣 6,825 200
10月 第51巻4号   胆管系と自然免疫:生体防御と病態形成への関与 2,700 150
9月 第51巻3号   肝の循環動態:基礎から臨床への展開 2,700 150
8月 第51巻2号   年齢・性差と肝胆膵疾患 2,700 150
7月 第51巻1号   劇症肝不全 2,700 150
6月 第50巻6号   末梢型肝内胆管癌 2,700 150
5月 第50巻5号   非代償性肝硬変の治療の工夫 2,700 150
4月 第50巻4号   自己免疫性膵炎の新たな展開 2,700 150
3月 第50巻3号   肝門部胆管癌治療:現状の評価と今後の課題 2,700 150
2月 第50巻2号   プライマリ・ケアと肝胆膵 ープライマリ・ケア診療に必要な肝胆膵知識− 2,700 150
1月 第50巻1号

TOP

肝移植の最新の進歩と問題点 2,700 150
2004年
12月
第49巻6号   C型慢性肝炎の新たな治療戦略 2,700 150
11月 第49巻5号 [特大号] 肝胆膵領域における腫瘍性病変の画像と病理 6,500 200
10月 第49巻4号   B型肝炎診療の進歩 2,700 150
9月 第49巻3号   胆道疾患診療の新しい展開 2,700 150
8月 第49巻2号   PBC,PSCの最近の話題 2,700 150
7月 第49巻1号   門脈圧亢進症−診療・研究の新たな展開− 2,700 150
6月 第48巻6号   薬物性肝障害−最近の動向と新たな診断基準の検討− 2,700 150
5月 第48巻5号   膵癌のリスクファクター−早期診断への手がかりは− 2,700 150
4月 第48巻4号   肝発癌研究の新たな展開 2,700 150
3月 第48巻3号

 

肝胆膵領域におけるMRIの最前線 2,700 150
2月 第48巻2号

 

肝臓外科−課題とその対応− 2,700 150
1月 第48巻1号

TOP

肝胆膵癌のStaging Scoreと臨床的評価 2,700 150
2003年
12月
第47巻6号 [特大号] 示唆に富む肝・胆・膵腫瘍症例 6,500 200
11月 第47巻5号   急性肝炎の変遷 2,700 150
10月 第47巻4号   酸化ストレスと肝疾患 2,700 150
9月 第47巻3号   胆膵癌の早期診断−進歩と問題点− 2,700 150
8月 第47巻2号   造影超音波診断の新しい展開 2,700 150
7月 第47巻1号   肝疾患とアミノ酸・蛋白代謝 2,700 150
6月 第46巻6号   膵癌−今日的対応− 2,700 150
5月 第46巻5号   肝胆膵癌の化学療法 2,700 150
4月 第46巻4号   肝細胞癌の局所治療 2,700 150
3月 第46巻3号   肝幹細胞研究の現状 2,700 150
2月 第46巻2号   生活習慣と肝胆膵疾患 2,700 150
1月 第46巻1号   肝胆膵疾患とNF-κB:最近の話題 2,700 150
2002年
12月
第45巻6号

TOP

肝疾患におけるインターフェロン治療の新たな展開 2,700 150
11月 第45巻5号

[特大号]

肝臓と免疫 6,500 200
10月 第45巻4号   肝胆膵癌の浸潤転移と血管新生 2,700 150
9月 第45巻3号   肝臓病理-今日的課題 2,700 150
8月 第45巻2号   胆石症への今日的対応 2,700 150
7月 第45巻1号   消化管疾患と肝胆膵 2,700 150
6月 第44巻6号   肝胆膵癌の腫瘍マーカー 2,700 150
5月 第44巻5号   肝硬変は治るか 2,700 150
4月 第44巻4号   Non-alcoholic Steatohepatitis(NASH) 2,700 150
3月 第44巻3号   肝胆膵疾患の漢方治療とエビデンス 2,700 150
2月 第44巻2号   膵 石 2,700 150
1月 第44巻1号   膵の嚢胞性腫瘍−概念の変遷と新しい展開− 2,700 150
2001年
12月
第43巻6号 TOP UDCA療法をめぐるControversy 2,700 150
11月 第43巻5号

[特大号]

C型肝炎のすべて 6,500 200
10月 第43巻4号

 

肝胆膵の形成異常−消化器病の背景病態として− 2,700 150
9月 第43巻3号

 

肝細胞癌の予防治療 2,700 150
8月 第43巻2号

 

自己免疫性膵炎をめぐる最近の話題 2,700 150
7月 第43巻1号

 

自己免疫性肝炎をめぐる最近の話題 2,700 150
6月 第42巻6号

 

重症急性膵炎−救命率の向上を目指した最近の知見− 2,700 150
5月 第42巻5号

 

原発性硬化性胆管炎(PSC)は増えているのか 2,700 150
4月 第42巻4号

 

劇症肝炎診療の進歩 2,700 150
3月 第42巻3号

 

非癌性肝腫瘤の診断と治療−最近の動向 2,700 150
2月 第42巻2号

 

肝・膵領域の再生医学 2,700 150
1月 第42巻1号

 

肥満と肝・胆・膵疾患 2,700 150
2000年
12月
第41巻6号 TOP 肝移植の現況と展望 2,700 150
11月 第41巻5号

 

胆汁酸の腸肝循環をめぐる最近の話題 2,700 150
10月 第41巻4号

[特大号]

肝胆膵癌の病期分類−取扱い規約改訂における論点 6,500 200
9月 第41巻3号

 

肝の金属代謝−病態と治療をめぐる最近の知見 2,700 150
8月 第41巻2号

 

肝腫瘍血流シグナル−基礎と臨床 2,700 150
7月 第41巻1号

 

B型肝炎診療−今後の動向 2,700 150
6月 第40巻6号

 

新しい視点からみた薬物性肝障害 2,700 150
5月 第40巻5号   高齢者の肝胆膵疾患 2,700 150
4月 第40巻4号   肝内結石症−Controversyと最新の知見 2,700 150
3月 第40巻3号   胆・膵悪性腫瘍の診断と治療最前線 2,700 150
2月 第40巻2号   肝疾患と肝星細胞 2,700 150
1月 第40巻1号   アルコール性肝・膵疾患 2,700 150
1999年
12月
第39巻6号 TOP 肝癌撲滅2000年への挑戦 2,700 150
11月 第39巻5号   肝疾患の生体応答をめぐる最新の話題 2,700 150
10月 第39巻4号   内視鏡を用いた胆・膵疾患への新しいアプローチ 2,700 150
9月 第39巻3号   胆汁酸をめぐる最新の話題 2,700 150
8月 第39巻2号   急性肝炎をめぐる新しい話題 2,700 150
7月 第39巻1号   原発性胆汁性肝硬変の病態と治療−21世紀への新しい展開− 2,700 150
6月 第38巻6号   膵内分泌腫瘍をめぐる最新の知見 2,700 150
5月 第38巻5号   肝臓病と病態栄養 2,700 150
4月 第38巻4号   HGF−発見とその展開 2,700 150
3月 第38巻3号   肝疾患の病態解明−最近の進歩 2,700 150
2月 第38巻2号 [特大号] 胆と膵疾患の長期予後 6,500 200
1月 第38巻1号 TOP 門脈圧亢進症−病態と治療− 2,700 150
1998年
12月
第37巻6号 [特大号] 肝疾患の長期予後 6,500 200
11月 第37巻5号   大腸癌肝転移の治療 2,700 150
10月 第37巻4号   肝腫瘍の血流診断 2,700 150
9月 第37巻3号   肝胆膵の線維化 2,700 150
8月 第37巻2号   肝癌の発癌を探る 2,700 150
7月 第37巻1号   肝臓生物学の新たな展開−肝疾患研究の基礎 2,700 150
6月 第36巻6号   肝胆膵疾患と活性酸素 2,700 150
5月 第36巻5号   重症急性膵炎−病態と治療・最近の知見 2,700 150
4月 第36巻4号   遺伝子変異と肝・膵疾患 2,700 150
3月 第36巻3号   脂肪肝をめぐる最近の知見 2,700 150
2月 第36巻2号   肝細胞癌の多中心性発癌 2,700 150
1月 第36巻1号   画像による肝胆膵悪性腫瘍のステージング 2,700 150
1997年
12月
第35巻6号 TOP
[特大号]
肝胆膵研究の新しいテクノロジー 6,500 200
11月 第35巻5号   総胆管結石症治療のポリシー 2,670 150
10月 第35巻4号   C型慢性肝炎におけるインターフェロン療法−有効率を高めるために 2,670 150
9月 第35巻3号   エンドトキシンと肝胆膵 2,670 150
8月 第35巻2号   胆嚢癌の早期発見をめざして 2,670 150
7月 第35巻1号   C型肝炎と肝外病変 2,670 150
6月 第34巻6号   肝胆膵癌の腫瘍マーカー 2,670 150
5月 第34巻5号   肝胆膵疾患と内視鏡治療 2,670 150
4月 第34巻4号   肝胆膵癌遺伝子治療への試み 2,670 150
3月 第34巻3号   胆・膵癌の転移・増殖 2,670 150
2月 第34巻2号   肝癌の転移・増殖とその分子機構 2,670 150
1月 第34巻1号   胆汁酸研究の新しい展開−ことに治療への応用 2,670 150
1996年
12月
第33巻6号 TOP 肝循環をめぐる最近のトピックス 2,400 150
11月 第33巻5号 [特大号] 緊急を要する重症肝胆膵疾患の診断とその対策 6,500 200
10月 第33巻4号   臨床に役立つ肝臓病理−生検材料による病理診断 2,400 150
9月 第33巻3号   慢性膵炎の新しい治療 2,400 150
8月 第33巻2号   転移性肝癌 2,400 150
7月 第33巻1号   肝移植の現況と問題点 2,400 150
6月 第32巻6号   肝炎ウイルスの最新情報 2,400 150
5月 第32巻5号   アルコールと肝臓 2,400 150
4月 第32巻4号   消化管ホルモンと肝胆膵 2,400 150
3月 第32巻3号   慢性膵炎の新しい診断基準 2,400 150
2月 第32巻2号   アポトーシス 2,400 150
1月 第32巻1号   原発性硬化性胆管炎(PBC)とその周辺 2,400 150