今後の特集のご案内

 2006年 7月号 高齢化時代を迎えた肝臓病―高齢化の実態と対策―
     8月号 胆嚢癌をめぐる最近の話題
     9月号 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)
         ―疾患概念からマネージメントまで―
 

バックナンバーはこちら

最新号
   第52巻6号(2006年6月号) 特集/肝疾患に対する抗酸化ストレス療法

定価(\) 2,898 送料(\) 150

編集後記

 わが国では,患者数や予後との関係で,C型肝炎ウイルス,B型ウイルス感染による肝疾患とともに,最近では生活習慣病の肝での表現型である非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD),なかでも炎症を伴う非アルコール性脂肪肝炎(NASH)が臨床的に重視されている.C型肝炎,NASHはアルコール性肝障害同様,その病態形成や発癌に酸化ストレスが関与していることが明らかになり,抗酸化ストレス療法の重要性が認識されてきた.C型肝炎に瀉血療法が健康保険下に行えるようになり,従来のUDCA, SNMC治療とともに炎症のみならず発癌抑制にも有効であることが判明し,治療法の選択肢が広がった.C型肝炎はいわばウイルス起因の非アルコール性脂肪肝炎で,C型肝炎の病態解析や治療の検討はNASHのそれにfeedback可能で,逆もまた可である.酸化ストレスはミトコンドリアとともに小胞体でも生じ,C型肝炎,NASH,アルコール性肝障害ではゆっくりではあるが病気の進展に関与していると想像される.
 本特集では,酸化ストレスの基礎的側面をお二人の先生に執筆して頂いた.今後,われわれが種々の肝疾患の病態解析や治療を進めるうえで大変参考になるものと期待している.診断治療に関しては,長い間この方面の臨床・研究に従事し,多くの業績をあげてこられた先生方に執筆をお願いした.C型肝炎ウイルス関係では,東大小池教授や山口大学沖田名誉教授,坂井田教授のグループが,動物モデルやin vitroの実験系から,コア蛋白が酸化ストレス産生に重要な役割を果たしていることを見事に証明した.しかし,肝機能正常C型肝炎患者では酸化ストレスもあまり見られないし,また肝癌も発生しない.さらに,酸化ストレス状態にあるNASHやアルコール性肝炎からの発癌例はそれほど多くはない.個々の症例で病態形成や発癌に酸化ストレスがどの程度関与しているのか,また最適な酸化ストレスマーカーは何か,最終的には個々の患者にどのような治療法を選択すべきか,まだまだ検討すべきことが多い.本書の執筆者を中心にそのような研究が進展し,わが国はこの方面で世界をリードする素地を有していると思う.本企画が日常の臨床と今後の研究に役立つことを確信している.
 

目次

〔巻頭言〕酸化ストレスから肝疾患の謎に迫る                   沖田  極
酸化ストレスの病態
 酸化ストレス発生機序とストレス応答のメカニズム                岡  新一
 酸化ストレスと細胞内情報伝達異常                       山口  潔,他
 脂肪肝と酸化ストレス                             山科 俊平,他
 肝炎ウイルス感染と酸化ストレス                        小池 和彦
 肝発癌と酸化ストレス                             是永 匡紹,他
 鉄代謝異常と酸化ストレス                           生田 克哉,他
酸化ストレスの診断
 酸化ストレスの測定法と血清マーカー                      中嶋 俊彰
 組織学的マーカー                               川中 美和,他
抗酸化ストレス療法
 抗酸化剤,抗酸化ストレス療法
  肝庇護剤の抗酸化ストレス作用                        光吉 博則,他
  その他の抗酸化剤の現状と治療成績                      石川 雅邦,他
  瀉血療法                                  矢野 元義,他
  チオレドキシン                               中村  肇
  食事療法−鉄制限食療法                           岩田加壽子,他
 C型慢性肝炎に対する抗酸化ストレス療法                     藤田 尚己,他
 NASHにおける抗酸化ストレス療法                        角田 圭雄,他
 アルコール性肝障害に対する抗酸化療法                     川原  弘,他
 抗酸化療法による発癌予防                           宮西 浩嗣,他

座談会                                     岡上  武
                                        中村  肇
                                        山田剛太郎
                                        池嶋 健一
症例報告
 膵仮性嚢胞に対して内視鏡下ドレナージ術を施行した4症例             宇治 祥隆,他

学会印象記
 ヨーロッパ肝臓学会に出席して                         谷川 久一
 

バックナンバーはこちら