今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(47巻6号・2018年6月号)
特集/精神科臨床に必要とされる基本と応用─精神科専門医とサブスペシャルティ─

「臨床精神医学」(47巻7号・2018年7月号)
特集/精神疾患の背景にあるトラウマに気付く

バックナンバーはこちら




 47巻1号(2018年1月号) 特集/精神科診療・研究に役立つ実践的倫理
定価(\)本体 3,000+税 送料(\) 200


編集後記

◇病感や病識を的確に把握し,それを踏まえて治療に導入することが,治療効果を高める。それは患者と病気の出会いを演出することでもある。今回は,病感や病識,障害がもたらす負担感の取り扱いについて各氏に論じていただいた。
◇妄想性障害については妄想形成そのものが人生観と等価であるとの視点から,うつ病については適応不安を扱うことの重要性から,双極性障害については服薬アドヒアランスの低下理由に共感することの重要性から,病識が欠如した強迫性障害については前向きな姿勢を引き出す重要性から,解離性障害については患者の体験をそのまま受け取ることの重要性から,パーソナリティ障害については患者の内的体験に“コトバを投与すること”の必要性から,大人の発達障害については患者の負担感を患者の側に立って扱うという基本的なスタンスの重要性から,物質依存については両価的な気持ちに徹底的に付き合うことの大切さから,アルツハイマー型認知症については偏見が病識の獲得をいかに妨げるかとの観点から,レビー小体型認知症は認知症の中でも病感や負担感などに配慮が必要であるとの観点から,高次脳機能障害については意思決定支援の定式化の必要性から,身体表現性障害については患者の洞察の意義から,子どもが語る病感は回復への希望であるとの観点から治療を論じていただいた。実臨床の参考になれば幸いである。(M.S.)

目次


精神科臨床における倫理的諸問題 (東邦大学)山口 大樹・他… 5
精神療法の倫理 (京都大学)岡 野 憲一郎…15
うつ病・自殺に関わる倫理的諸問題 (帝京大学溝口病院)張  賢徳・他…21
インフォームド・コンセントと共同意思決定
  (国立精神・神経医療研究センター)山口 創生・他…27
個人情報保護法と精神科医療 (東海大学)柑 本 美 和…39
精神医学研究の倫理─倫理指針を中心に─ (名古屋大学)飯 島 祥 彦…45
精神疾患患者の同意能力をめぐって (東京大学)瀧 本 禎 之…51
ブレインバンクと遺体試料研究の倫理 (東京大学医科学研究所)井 上 悠 輔…59
精神科領域の脳深部刺激療法に関する倫理的諸問題
  (放射線医学総合研究所)栗原千絵子・他…67
MRIにおける偶発的所見の倫理 (東京大学)中澤 栄輔・他…75
精神科領域での薬物によるエンハンスメントの脳神経倫理
  (立命館大学)美 馬 達 哉…81
精神科診療・研究に関する脳神経倫理─医療と社会の関係性の観点から─
  (北海道医療大学)礒 部 太 一…89
精神医学・精神医療における利益相反─研究・教育・診療の視点から─
   (SMBC日興証券健康管理室・フジ虎ノ門整形外科病院)齊尾 武郎・他…95
こんなときはどうしたらよいか? ─医師の倫理・ケーススタディ─
  (武蔵野大学)樋 口 範 雄…103
❖短 報
 インターネットゲーム障害スケールの日本語版(IGDS-J)について 鷲見  聡・他…109

バックナンバーはこちら