今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(47巻5号・2018年5月号)
特集/ADHDとその周辺−児童から青年期まで

「臨床精神医学」(47巻6号・2018年6月号)
特集/精神科臨床に必要とされる基本と応用─精神科専門医とサブスペシャルティ─

バックナンバーはこちら




 46巻11号(2017年11月号特大号) 特集/超高齢化社会の精神科診療
定価(\)本体 4,900+税 送料(\) 200


編集後記

◇超高齢化社会を迎えて,認知症とその周辺症状だけではなく,うつ状態や幻覚妄想など,高齢者のさまざまな精神症状を診療する機会が増えています。高齢者の精神症状の診療にあたっては,認知症との鑑別が求められますが,鑑別診断が困難なことがしばしばあります。また,高齢者の精神症状については,加齢に伴う心身の変化や身体合併症だけではなく,高齢化に伴うさまざまな心理社会的要因の変化も考慮しながら診断や治療にあたる必要があります。
◇今後,わが国では,高齢者の精神症状を診療する機会がさらに増えると思われることから,高齢者の精神症状児対する精神医学・医療の現状を広い視点から展望することを目的に本特集を企画しました。
◇幸い,高齢者の精神症状に診断や治療に関する症例報告,取り組み,研究の成果,関連する問題など,さまざまな研究報告や総説をご寄稿いただくことができました。今回ご寄稿いただいた中には,是非取り上げたいトピックとして,編集委員会からご執筆をお願いした論文も含まれています。
◇さらに,本誌編集委員の中に,この分野の専門である,武田先生,三村先生,繁田先生がいらしたことから,急遽,お集りいただき,座談会を開催し本誌に収載させていただきました。
◇あらためて本誌にご寄稿いただいた先生方,座談会にご出席いただいた先生方に感謝申し上げます。
(Y.O.)

目次


❖座談会/超高齢化社会の精神科診療
  大久保 善朗 (司会)・武田 雅俊・三村  將・繁田 雅弘…1293
❖公募論文
 超高齢社会における精神科診療と認知症者への対応 (藍野大学) 武田 雅俊・他…1305
 超高齢化社会の精神科診療─診療する側の医師の高齢化について─
   (松原病院) 山 口 成 良…1311
 85歳以上の超高齢者における身体的健康とメンタルヘルス (慶應義塾大学) 鈴木 航太・他…1315
 超高齢者における抑うつ,認知機能低下と老年的超越 (慶應義塾大学) 喜田  恒・他…1327
 認知症と鑑別すべき疾患について─いわゆる“治療可能な認知症(treatable dementia)”
  を中心に─ (愛知医科大学) 深津 孝英・他…1335
 高齢者と抑うつ (東京都医学総合研究所) 楯 林 義 孝…1345
 認知症の発病,進行とともに初発の躁病相(躁うつ混合病相)を示す高齢発症の
  双極性感情障害について─症例提示と考察─ (渡辺病院) 渡 辺   憲…1353
 高齢自殺ハイリスク者の自殺予防─実態調査と症例を通して─
   (日本医科大学) 大高 靖史・他…1363
 てんかんセンター精神科外来における高齢者てんかんの傾向 (埼玉医科大学) 倉持  泉・他…1369
 認知症と間違えられやすいてんかん性健忘─健忘とフラッシュバックについての
  今後の展望─ (渚クリニック) 白 河 裕 志…1375
 老年期精神疾患とレビー小体型認知症との鑑別におけるスクリーニングツール
  としてのパレイドリアテストの有用性 (東京慈恵会医科大学) 互  健二・他…1385
 老年期うつ病におけるアミロイドイメージングの意義 (日本医科大学) 舘野  周・他…1395
 成年後見制度の診断書を求めてケアマネージャーとともに来院した単身高齢者
  の1症例 (愛知医科大学) 加藤 悦史・他…1403
 高齢者のうつ病・うつ状態への精神療法 (東京慈恵会医科大学) 繁 田 雅 弘…1407
 アルツハイマー型認知症の精神療法─もの盗られ妄想を題材として─
   (東京慈恵会医科大学) 繁 田 雅 弘…1415
 糖尿病と認知症─糖尿病治療はアルツハイマー病治療につながるか?─
   (大阪大学) 工 藤   喬…1421
 認知症の薬物療法 (大阪大学) 金山 大祐・他…1429

❖研究報告
 単純型統合失調症と考えられた1症例─アセナピンの使用経験─ 中川 東夫・他…1435
 過食性障害(binge-eating disorder)患者のボディイメージの検討
  ─客観的シルエット図を用いて─ 鈴木 公啓・他…1443

バックナンバーはこちら