今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻6号・2017年6月号)
特集/精神病理学の新課題―スペクトラムと臨床診断単位の認識論・存在論

「臨床精神医学」(46巻7号・2017年7月号)
特集/てんかん診療における精神科医の役割

バックナンバーはこちら




 46巻4号(2017年4月号) 特集/法・制度からみた臨床精神医学
定価(\)本体 3,000+税 送料(\) 150


編集後記

 この編集後記を書き始めた先ほど,2年前に兵庫・洲本で起きた5人刺殺事件の判決が言い渡されたとのニュースが流れた。2015年3月に住民5人が刺殺された事件で,殺人罪などに問われた被告の判決は求刑通り死刑であった。弁護側は即日控訴したとのことである。本事件では,検察側は被告には責任能力があったとしている一方,被告側は無罪を主張し,「脳をジャックされた」,「電磁波兵器で攻撃されている」,「工作員がいる」などと述べている。事件前に精神障害による措置入院歴もあったようだし,普通の理解では統合失調症などによる妄想に基づく犯行ではないか。弁護側が主張するように,刑事責任能力を欠き,心神喪失もしくは心神耗弱であっても不思議はない。その一方で,事件の重大性や被害者遺族の気持ちを勘案すると,極刑に相当すると考えるのも当然かもしれない。法は紙一重のところで無罪か死刑かを峻別していくことになる。さて,本号の特集は「法・制度からみた臨床精神医学」である。考えてみると,上述のような凶悪犯罪における司法精神医学の問題のみならず,医療訴訟や精神科入院をめぐる法的整備,精神障害に対する法制度,介護保険と認知症施策,最近ではストレスチェック制度に至るまで,精神科診療には法や制度がつきものである。今回の特集では,特に臨床の現場での法律や制度の運用を熟知しておられる先生方にご執筆いただいた。忙しい中をご執筆いただいた諸先生に改めて感謝したい。(M.M.)

目次


精神保健福祉法と医療保護入院 (岡山県精神科医療センター)中 島 豊 爾…365
米国における強制入院 (東京福祉大学)三 野 宏 治…371
措置入院制度の現状と課題─相模原事件が提起するもの─ (千葉県精神科医療センター)平 田 豊 明…377
任意入院と医療法による自由入院 (岩手医科大学)大 塚 耕太郎…383
触法精神障害者と医療観察法 (千葉大学)五十嵐 禎 人…389
障害者総合支援法と障害者差別解消法 (国立精神・神経医療研究センター)藤 井 千 代…397
医薬品副作用被害救済制度を活用するために (東北医科薬科大学)山 田 和 男…403
ストレスチェック制度と勤労者のメンタルヘルス (勝田台メディカルクリニック)黒 木 宣 夫…411
介護保険法と認知症施策─新オレンジプランの推進の観点から─ (厚生労働省)宮 腰 奏 子…419
医療事故調査制度と精神科における医療訴訟 (宮病院)宮 眞樹・他…429
薬物依存をめぐる法整備 (国立精神・神経医療研究センター)松 本 俊 彦…437
シリーズ
 現代精神医学の視点・論点(第3シリーズ) 現代の「抑うつ状態」の診断と治療 五十嵐 良雄…443
研究報告
 認知機能リハビリテーションと就労支援の統合的な実施の効果についての無作為割り付け統制研究 渡邊由香子・他…445
 頭部外傷後に重複記憶錯誤と類似した誤認妄想を呈した一例 米原沙也加・他…455
 パチンコ・パチスロ遊技障害のカットオフ─DSM-5のギャンブル障害の基準を用いた分析─ 秋山久美子・他…463
総説
 ひきこもりの研究とその対策の現状─個人・家族・社会の視点から─ 林  直樹・他…471
海外だより
 ミャンマー精神科医療の現状と課題─4th Myanmar Mental Health Conference演題から見えてくる現実─ 勝田 吉彰…483

バックナンバーはこちら