今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻7号・2017年7月号)
特集/てんかん診療における精神科医の役割

「臨床精神医学」(46巻8号・2017年8月号)
特集/精神障害とこだわり

バックナンバーはこちら




 45巻7号(2016年7月号) 特集/自己受容・自己肯定感と精神科臨床
定価(\)本体 3,000+税 送料(\) 150


編集後記

身体疾患であろうが精神疾患であろうが,いかなる病であろうとも,患者が自身の病・症状・障害をどう受け止めているか,また病む自分自身をどう受け止めているかは,臨床家にとって極めて大きな関心事である。現在の医療技術をもってしても,治しきれない病の場合はなおさらである。長く症状・障害を抱え続けざるをえない疾患もあれば,そもそも余命が短いことが明らかとなる疾患もある。それにはさまざまな苦痛・苦悩が伴うことにもなる。

◇それとは別途,精神科臨床では,患者が自らの症状・障害をどう受け止めるかが,病自体の転帰を大きく左右することもある。不安,強迫,抑うつなどの感情や気分に圧倒され,揺れ動かされる自分がいる。「気を気で病む」自分がいる。そういう自分と症状を,それぞれどう受け止めればよいのだろう。さらに健常な心理の範囲内においても,ヒトが自らのなにかをどう自己受容できるかは,心の在り方を大きく左右する。

◇患者が自己受容に至る過程に重点を置いた心理療法が精神科臨床で重要とされるのは,こうした上述の事情による。本特集号ではさまざまな患者の自己肯定感・自己受容について,さまざまな方面から,光があてられている。読者のみなさまの日常臨床にとって本号がなにかのヒントとなることを願っている。  (R.T)

目次


自己肯定感と自己受容 (明治大学)諸 富 祥 彦…869

自己肯定感の危機にある子どもにわれわれはなにができるか (渡邊醫院)渡 辺 久 子…877

子どもの自己肯定感を高める発達障害支援 (埼玉医科大学)横 山 富士男…883

ひきこもりと自己受容・自己肯定感の臨床 (筑波大学)斎 藤   環…889

女性の自己受容・自己肯定感と精神科臨床 (国際医療福祉大学三田病院)平 島 奈津子…895

家族・夫婦関係における受容と肯定感の臨床 (中村心理療法研究室)中 村 伸 一…901

認知症の自己肯定感を回復する─精神療法と「治さなくてよい」視点─ (日本医科大学)上 田   諭…907

自殺の危険と自己肯定感 (筑波大学)高橋 祥友・他…911

統合失調症回復への希望と主体価値の確立 (帝京大学)池 淵 恵 美…917

うつ状態の認知療法と自己受容・自己肯定感 (群馬病院)山市 大輔・他…925

マインドフルネスによる自己受容 (早稲田大学)越 川 房 子…931

森田療法と自己受容・自己肯定感 (森田療法研究所北西クリニック)北 西 憲 二…937

精神科薬物療法と患者の自己受容・自己肯定感 (大泉病院)澤 田 法 英…945



❖シリーズ/日本の精神医学を築いた人々〔第6部〕

 中田 修─日本の犯罪精神医学の泰斗─ 影山 任佐…949

❖研究報告

せん妄のマネジメントにおけるアリピプラゾールの有用性

 ─過活動型せん妄に対する有効性と安全性の検討─ 赤羽 晃寿・他…961

セルトラリンとミルタザピンの併用療法により,

 早期に寛解した重症老年期うつ病の2症例 西村健一郎・他…967

バックナンバーはこちら