今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻12号・2017年12月号)
特集/日常診療における病識・病感・負担感の取り扱い〜治療効果を高めるための工夫〜

「臨床精神医学」(47巻1号・2018年1月号)
特集/精神科診療・研究に役立つ実践的倫理

バックナンバーはこちら




 45巻2号(2016年2月号) 特集/DSM-5の新機軸と課題@―新たに登場した病名―
定価(\)本体 3,000+税 送料(\) 150


編集後記

◇今回の特集は,DSM-5で新しく登場した病名や,大幅な概念の変更があった病態を採り上げた。DSM-5では,出版前に噂されたようなディメンジョン診断の大々的導入ということは実際には行われなかった。すなわち総論部分ではDSM-5にはサプライズはなかったのであるが,各論部分ではかなり大幅な変更が行われている。精神科の専門医であれば,今回の改訂の概略は知っておくべきだろう。

◇新概念についての正しい知識を携えて,診断基準を正確に適用し,未治療事例の受診を促し,わが国での有病率を調査し,社会・経済的インパクトを見積もる……こうした発想が診断基準改訂の時期に活動する精神科医のあるべき姿だろう。ただ,診断基準には生き物のようなところがある。DSMやICDに採択されたからといって,必ずしもその診断が広く用いられるとは限らない。また正確に用いられる可能性もかなり低いということは,旧版の時代からの周知の事実である。そんないい加減なことになってしまう理由は,精神科医の不勉強だけにあるのではない。社会の側からのさまざまな要請が,現実の臨床場面でそれぞれの病名がどの程度広くそしてどの程度正確に用いられることになるかに,決定的な影響を与えるのである。

◇今回の特集では,新しい診断名や概念がなぜそしてどのように登場してきたかが詳述されているが,診断基準登場後も私たちは,それぞれの診断基準のrise and fallとその要因を注視していくべきだろう。 (M.T.)

目次


自閉スペクトラム症 (国立精神・神経医療研究センター)石飛  信・他…129

コミュニケーション症群/コミュニケーション障害群 (筑波大学)宇 野   彰…135

限局性学習症 (東海大学医学部付属八王子病院)木本啓太郎・他…141

緊張病 (東京都立松沢病院)針間 博彦・他…151

重篤気分調節症 (名古屋大学)鈴木  太・他…161

DSM-5における特定用語「混合性の特徴」の意義と課題

  (近畿大学)白川  治・他…171

過食性障害 (京都大学)野 間 俊 一…181

ためこみ症 (兵庫医科大学)向井馨一郎・他…187

身体集中反復行動症(BFRBD)としての皮膚むしり症(SPD)

  (荏原病院)成瀬 栄一・他…193

素行障害の特定用語─限られた向社会的な情動─ (京都大学)三木 寛隆・他…201

大麻離脱,カフェイン離脱 (国立病院機構肥前精神医療センター)武 藤 岳 夫…209

神経認知障害─認知症における疾患概念形成を知ることの重要性─

  (慶應義塾大学)沖村  宰・他…215

❖シリーズ/日本の精神医学を築いた人々〔第6部〕

 金子仁郎先生─「笑顔」と「大丈夫」─ 武田 雅俊…223

❖シリーズ/現代精神医学の視点・論点(第2シリーズ)

 悪戦苦闘の現場で何かを見つけること 大塚耕太郎…227

❖資料

 ニュージーランドにおける精神保健システムの新たな変革

  ─早期かつ予防的介入を視野に入れた展開へ─ 吉川  徹・他…229

❖研究報告

 Binge-eating disorder(過食性障害)の臨床症状 中井 義勝・他…235

❖誌上ディベート

 「光トポグラフィーによる精神疾患鑑別診断─有効性の検討」への回答 福田 正人…241

バックナンバーはこちら