今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻12号・2017年12月号)
特集/日常診療における病識・病感・負担感の取り扱い〜治療効果を高めるための工夫〜

「臨床精神医学」(47巻1号・2018年1月号)
特集/精神科診療・研究に役立つ実践的倫理

バックナンバーはこちら




 44巻11号(2015年11月号) 特集/強迫とその周辺
定価(\)本体 2,900+税 送料(\) 150


編集後記

◇本号の特集は「強迫とその周辺」である。本誌で強迫性障害を取り上げるのはもちろん初めてではない。強迫はむしろ精神科では古くから高い関心を集めてきた。しかし,近年はDSMやICDの変遷の中で,その概念や分類,位置づけも多くの議論を呼んでおり,ここで改めて知識の整理を図りたいと考えた次第である。強迫症はそれ自体が強迫性障害として精神科臨床において重要な疾患単位を形成するのみならず,さまざまな精神疾患との併存を認めたり,強迫スペクトラムとして,各疾患間の橋渡し的な役割を持っている場合もある。特に近年では,児童・思春期症例や自閉症における中核症状としての位置づけとともに,前頭側頭型認知症における固執傾向・病的繰り返しを考える際にもヒントとなる。

◇強迫性障害の多くが治療抵抗性というのは共通認識だと思うが,個人的にはむしろ劇的によくなるケースもあるという印象を持っている。最近でも著しい強迫症状に悩まされて入院した症例が曝露反応妨害法でみるみるよくなっていったのを目の当たりにした。今後は精緻な画像診断技術に裏づけされたニューロモデユレーションにも期待したい。米国では,難治性の強迫性障害患者が最後にすがった脳深部刺激が無効であったために絶望して自殺に至ったというケースがあったと聞く。難治性患者の苦しみは計り知れないものがあるのだろう。本特集が強迫性障害に関する理解と臨床研究の進展につながることを祈っている (M.M.)

目次


強迫性障害の診断と分類 (兵庫医科大学)松永 寿人・他…1441

強迫性障害の強迫症状と評価 (宗仁会筑後吉井こころホスピタル)飯 倉 康 郎…1449

強迫性障害の神経基盤 (九州大学)本田 慎一・他…1457

強迫性障害のニューロイメージング (京都府立医科大学)阿部 能成・他…1467

児童・思春期の強迫症/強迫性障害 (奈良県立医科大学)太田 豊作・他…1477

チック障害と強迫性障害 (東京大学)金 生 由紀子…1485

前頭側頭型認知症の繰り返し行動 (東京慈恵会医科大学)稲村 圭亮・他…1491

強迫性障害に対する薬物療法 (徳島大学)住 谷 さつき…1497

強迫性障害の心理的サポート (福岡赤十字病院)芝 田 寿美男…1505

強迫性障害の認知行動療法(曝露反応妨害法)

  (国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター)堀越  勝・他…1513

強迫スペクトラム障害に対する森田療法

  (東京慈恵会医科大学附属第三病院)舘 野   歩…1521

強迫性障害におけるニューロフィードバック

  (国際電気通信基礎技術研究所)酒井 雄希・他…1527

❖シリーズ/現代精神医学の視点・論点(第2シリーズ)

 今ここでしか学べないもの 廣 田 智 也…1537

❖研究報告

 惨事ストレス体験後のPTSDにPE療法が奏効した2症例 筒井 卓実・他…1539

 総合病院における摂食障害診療に関する検討

 ─ERおよび救命救急センターを受診した摂食障害患者の特徴から─ 赤羽 晃寿・他…1547

バックナンバーはこちら