今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻8号・2017年8月号)
特集/精神障害とこだわり

「臨床精神医学」(46巻9号・2017年9月号)
特集/攻撃性の神経生物学と臨床

バックナンバーはこちら




 42巻9号(2013年9月号) 特集/依存・乱用の今日的課題
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

◇最近の調査によると薬物依存の薬物としては,覚せい剤に次いで「脱法ドラッグ」が第二位になったと聞く。
◇報道などで度々「脱法ドラッグ」が関わる事件を耳にする一方で,実際の臨床においても,「脱法ドラッグ」乱用により精神症状を呈し受診する症例も散見されるようになった。
◇このような現状もあり,薬物依存・乱用の臨床の現在の課題をご紹介していただきたく,本特集を企画した。
◇覚せい剤,脱法ハーブなどの違法薬物以外でも,臨床では向不安薬,睡眠薬,鎮痛薬などの依存や乱用が疑われる患者に遭遇する機会は多く,執拗に投薬を求め依存や乱用が疑われるケースにどのように対応するか困ることもある。
◇さらに,ギャンブルやインターネットへの嗜癖行動についても興味深く,今回は薬物に限らない依存の今日的課題として取り上げた。
◇幸いなことに各テーマでご活躍されている先生方にご執筆をいただき,ご一読いただければ,依存・乱用の今日的課題を知ることができる特集になったと思う。 (Y.O.)

目次


わが国の薬物乱用・依存の最近の動向─特に「脱法ドラッグ」問題について─
  (国立精神・神経医療研究センター)和田  清・他…1069
アルコール関連問題の今日的課題 (札幌医科大学)齋藤 利和・他…1079
第3次乱用期の覚せい剤関連障害患者─第2次乱用期との比較─
  (東京都立松沢病院)合 川 勇 三…1085
脱法ハーブ乱用の危険性とその規制 (国立精神・神経医療研究センター)舩田 正彦・他…1093
喫煙習慣とニコチン依存 (奈良県立医科大学)橋本 和典・他…1101
抗不安薬・睡眠薬の依存 (中野総合病院)尾 㟢   茂…1111
薬物乱用頭痛 (東京女子医科大学東医療センター)山 田 和 男…1117
病的ギャンブリングの今日的課題 (通谷メンタルクリニック)森 山 成 …1125
インターネット依存障害 (大阪市立大学)片 上 素 久…1133
性的嗜癖行動に対する包括的地域医療としての取り組み
   (御徒町榎本クリニック)斉藤 章佳・他…1141
❖シリーズ 日本の精神医学を築いた人々〔第4部〕
 王丸 勇―病跡学の未解決分野に投じた解決の光― 稲永 和豊…1149
❖研究報告
 中学生の喫煙行動とその規定要因─家庭背景,健康行動,ニコチン依存─ 坂 育子…1155
❖海外だより
 大邱インターネット嗜癖レスキュースクールを見学して 中山 秀紀・他…1161
❖書評
 『精神医学エッセンシャル・コーパス@精神医学を学ぶ』(松下正明総編集) 小林 聡幸…1131

バックナンバーはこちら