今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻6号・2017年6月号)
特集/精神病理学の新課題―スペクトラムと臨床診断単位の認識論・存在論

「臨床精神医学」(46巻7号・2017年7月号)
特集/てんかん診療における精神科医の役割

バックナンバーはこちら




 42巻7号(2013年7月号) 特集/うつ病の亜型分類への展望─その1
定価(\)本体 2,800+税 送料(\) 150


編集後記

◇うつ病は 「病気」 といえるのか? それとも 「症候群」 なのだろうか? 病気と言えるほどの明確な輪郭がないことはわかっているが,症候群と言い切ってしまうのも抵抗がある,というアンビバレンスを,多くの精神科医が抱えているのではないだろうか。
◇もし,症候群であるならば,その病理学的な基盤に基づいて分類を進めるのが医学における常道であるが,残念ながらうつ病においてはまだまだ議論が熟していない。
◇うつ状態を呈する疾患にはさまざまなものがあり,「大うつ病性障害」 はこれらを除外して初めて診断できるものである。しかし実際には,鑑別は困難であるため,臨床場面において 「大うつ病性障害」 と診断する患者には,認知症の初発症状の患者や,潜在的な双極性障害の患者も含まれているのが現状である。
◇その上,「大うつ病性障害」 と診断する他ない疾患にも,さまざまな背景による患者群が含まれているにもかかわらず,亜型分類は確立していない。このような中で,われわれは 「うつ病」 という診断に満足していてよいのだろうか? そのような大ざっぱな診断分類で,患者ひとりひとりに最適な治療を検討できるであろうか?
◇そもそもうつ病という用語がどこまでの病態を示すかという根本問題に始まる本特集が,うつ病に内在する異種性を直視しながら,うつ病診療の未来を見据え,今後のよりよい診療に向けて,建設的な議論を進めることへの一助となれば幸いである。 (K.T.)

目次


うつ病関連の用語問題 (埼玉医科大学)太 田 敏 男…817
内因性うつ病─概念史と現代的意義─ (虎の門病院)大 前   晋…825
非定型うつ病─パーソナリティ特性・障害に関連したうつ病の診療覚書─
  (九州大学)黒 木 俊 秀…841
季節性感情障害update (日本大学)鈴木 正泰,他…849
産後うつ病を亜型分類とする意味 (名古屋大学)宇野 洋太,他…857
精神病性の特徴を伴ううつ病に関する最近の話題 (海星病院)西田  朗,他…865
双極性障害予備群としてのうつ病をどう見極めるか (東京女子医科大学)鈴木枝里子,他…871
治療反応性からみた初老・老年期うつ病の亜型分類 (日本医科大学)上 田   諭…881
❖日本の精神医学を築いた人々〔第4部〕
 西丸 四方─精神医学を身近なものにした先生の「西丸ぶし」─ 近 藤 廉 治…889
❖研究報告
 抑うつ症状の回復過程におけるレジリエンスの役割−心身医療科の患者を対象にして−
   城谷 圭朗,他…899
 パニック障害患者(18歳未満)に対するパロキセチン塩酸塩水和物錠(パキシル®錠)の
  安全性と有効性評価を目的としたレトロスペクティブ調査結果の報告─特定使用成績調査より─
    石田 篤子,他…909
❖海外だより
 インドネシア在留邦人のストレス要因と精神科医療事情 勝 田 吉 彰…921
❖総説
 統合失調症のNMDA受容体機能低下仮説に基づいた新規治療薬の開発状況
   橋 本 謙 二…927
❖書評
 精神病性うつ病−病態の見立てと治療−(C.M.シュワルツ,E.ショーター 著 上田 諭,澤山恵波 訳)
大久保 善 朗…880

バックナンバーはこちら