今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻6号・2017年6月号)
特集/精神病理学の新課題―スペクトラムと臨床診断単位の認識論・存在論

「臨床精神医学」(46巻7号・2017年7月号)
特集/てんかん診療における精神科医の役割

バックナンバーはこちら




 41巻7号(2012年7月号) 特集/精神疾患の生物学的検査法の近未来
定価(\)本体 2,750+税 送料(\) 150


編集後記

◇基礎研究に携わる筆者が本誌の編集委員を担当するにあたり,精神科臨床の未来を見据える役回りだと理解して,検査法の近未来の特集を企画した。

◇通常は,研究として執筆されているところ,このタイトルに合わせて,感度,特異度,標準化,他の疾患との比較など,検査としての利用を念頭に置いてご紹介していただいた先生方に,感謝申し上げたい。

◇本特集では,近い将来日常臨床で用いられることになるであろう,アミロイドPETにおける未発症者の陽性所見の扱いのような,喫緊の課題も見えてくる。

◇一方,精神疾患の検査法についても,感度,特異度をみる限りでは,実は内科疾患や神経疾患と変わらないレベルにあることに気づかされる。面接診断に頼っていると言われがちな精神科臨床でも,これらの検査法をすべて利用すれば,現状でも,より客観性の高い診断が実現可能なのかもしれない。こうした検査が臨床検査に用いられていない医学的・社会的要因を乗り越えて,科学的精神医療の実現を目指す必要があるだろう。

◇一方,すでに先進医療として認められ,さらなる研究が進められている近赤外スペクトロスコピーにおいては,むしろ患者側が強く検査を希望している一方,検査法として乗り越えるべき課題も多く残されている現状が浮き彫りにされている。

◇本特集が,近い将来の精神科における生物学的検査法の応用に向けての課題を整理し,今後に備える機会となることを祈っている。(K.T.)

目次


MRIによる脳形態解析の精神疾患への応用可能性─VBM,皮質厚など─

(日本大学)阿部  修・他…813

自閉症における視線計測の臨床応用の可能性

(大阪大学)北 澤   茂…819

光トポグラフィーは精神疾患の診断に応用できるか

(山口大学)松 尾 幸 治…829

パーキンソン病の画像検査法

(獨協医科大学)鈴木 圭輔・他…837

近未来のアルツハイマー病の診断検査法─生化学的マーカー─

(大阪大学)武田 雅俊・他…853

アミロイドPET

(東京都健康長寿医療センター)石 井 賢 二…863

デキサメサゾン/CRH試験─うつ病の亜型分類に利用できるか─

(昭和大学藤が丘病院)尾 鷲 登志美…871

精神疾患の血液バイオマーカーとしてのBDNFの臨床検査への応用可能性

(千葉大学社会精神保健教育研究センター)橋 本 謙 二…879

精神疾患におけるゲノム検査法─染色体からCNVへ─

(横浜市立大学)宮武 聡子・他…885

精神疾患における神経病理学的検索の重要性

(東京都健康長寿医療センター) 尾 昌 樹…897

法廷に踊る生物学的検査

(慶應義塾大学)村松 太郎・他…907

❖研究報告

日本語版Strengths and Difficulties Questionnaireの構成概念妥当性の検証─1郊外市の全数コホートデータを用いた検討─

中島 俊思・他…917

小中学生における欠席行動と抑うつ,攻撃性との関連

柳 伸哉・他…925

❖短報

オセルタミビルリン酸塩にて夜間の不穏状態が再燃したレビー小体型認知症の1症例

宇田川充隆・他…933

❖書評

「うつ」の構造(神庭重信・内海 健 編著)

三村  將…937

バックナンバーはこちら